ジョーダン・EJ13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーダン・EJ13
Ralph Firman 2003.JPG
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー イギリスの旗 ゲイリー・アンダーソン
フランスの旗 アンリ・デュラン
先代 ジョーダン・EJ12
後継 ジョーダン・EJ14
主要諸元
シャシー カーボンファイバー コンポジット モノコック
エンジン コスワース RS1 72度 V10 縦置き
トランスミッション ジョーダン製 7速 縦置き シーケンシャル セミAT
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ジョーダン・グランプリ
ドライバー 11. イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ
12. アイルランドの旗 ラルフ・ファーマン
12. ハンガリーの旗 ゾルト・バウムガルトナー
初戦 2003年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 1 0 0
テンプレートを表示

ジョーダン・EJ13 (Jordan EJ13) はジョーダン2003年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー、デザイナーはアンリ・デュラン

概要[編集]

シャーシはEJ12の改良型であり、フロントノーズの形状(前方視界の悪さ)などは修正され、フロントウィングは段差タイプから湾曲タイプに変更された。

ワークスのホンダエンジンを失い、カスタマー仕様のフォード・RS1ジャガーが使用するワークスの1年落ち)を搭載したが、度々エンジントラブルに見舞われた。メインスポンサーだったDHLの離脱、人材の流出などにより、充分な開発作業を行えなかった。

2003年シーズン[編集]

レースドライバーは前年からの起用となるジャンカルロ・フィジケラとルーキーのラルフ・ファーマン、そして2戦のみスポット参戦したゾルト・バウムガルトナーの3人。日本GPでは本山哲が金曜フリー走行に参加した。

大荒れの第3戦ブラジルグランプリにおいて、フィジケラが自身の初優勝を飾る健闘を見せるが入賞はこの1勝を含めて2回にとどまった。ルーキーのファーマンはスペイングランプリで8位入賞を果たしたが、ハンガリーグランプリのフリー走行2日目、走行中に突然リアウィングが外れるトラブルに見舞われてタイヤバリアに突っ込む大クラッシュを喫して2レースを欠場。代役としてサードドライバーのバウムガルトナーがハンガリー人初のF1ドライバーとしてデビューするに至った。

結局このシーズンは1勝を含むが入賞は3回となり、ランキング9位に終わった。

スペック[編集]

ハンガリーGPにて

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
AUT
オーストリアの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
2003年 11 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ 12 Ret 1 15 Ret Ret 10 Ret 12 Ret Ret 13 Ret 10 7 Ret 13 9位
12 アイルランドの旗 ラルフ・ファーマン Ret 10 Ret Ret 8 11 12 Ret 11 15 13 Ret INJ INJ Ret 14
ハンガリーの旗 ゾルト・バウムガルトナー Ret 11

太字はポールポジション、斜体字はファステストラップ

  • ドライバーズランキング
    • ジャンカルロ・フィジケラ 12位(12ポイント)
    • ラルフ・ファーマン 19位(1ポイント)
    • ゾルト・バウムガルトナー 24位(0ポイント)

参照[編集]