ウィリアムズ・FW25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズ・FW25
Williams FW25.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー イギリスの旗 パトリック・ヘッド(テクニカルディレクター)
イギリスの旗 ギャビン・フィッシャー(チーフデザイナー)
イタリアの旗 アントニア・テルッツィ (チーフエアロダイナミシスト)
先代 ウィリアムズ・FW24
後継 ウィリアムズ・FW26
主要諸元
シャシー カーボン/エポキシ コンポジット モノコック
サスペンション(前) -
サスペンション(後) -
エンジン BMW 2998cc V10 NA ミッドエンジン
トランスミッション ウィリアムズ製 7速 MT
燃料 ペトロブラス
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム BMW ウィリアムズ F1チーム
ドライバー ファン・パブロ・モントーヤ,
ラルフ・シューマッハ,
マルク・ジェネ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2003年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 (all variants) 4 4 4
テンプレートを表示

ウィリアムズ・FW25 (Williams FW25) はウィリアムズ2003年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー、デザイナーはパトリック・ヘッドギャビン・フィッシャー、アントニア・テルッツィ。

FW25[編集]

アメリカGPにてラルフ・シューマッハがドライブするFW25

2003年シーズンの開幕時点ではFW24ギアボックスを搭載したハイブリッド仕様でデビューし、第3戦ブラジルGPより新型ギアボックスを投入した。

フェラーリから空力専門家のアントニア・テルッツィが加入。波打つように湾曲したフロントウイング、バージボードからターニングベインへの変更、複雑なリアボディワークなど、マシンの各部に細かな空力アップデートが続けられた。

序盤戦は試行錯誤の結果がみられなかったが、フランク・ダーニーがチームに復帰してセットアップに貢献。ミシュランが投入したワイドトレッドのフロントタイヤ[1]とのマッチングに成功し、中盤戦以降は高いレースパフォーマンスを発揮するマシンに仕上がった。

2003年シーズン[編集]

ドライバーは前年に引き続きファン・パブロ・モントーヤラルフ・シューマッハイタリアGP前のテストでラルフが負傷したため、この1戦はテストドライバーのマルク・ジェネがドライブした。

この年はフェラーリが新車であるF2003-GAの開発につまづいたこともあり、終盤までチャンピオン争いを繰り広げることとなった。第7戦モナコGPではモントーヤが2000年のインディ500に続くクラシックイベントを制覇。モントーヤは8戦連続表彰台に立ち、一時はポイントリーダーのミハエル・シューマッハに1ポイント差まで肉薄した。ラルフも2勝を挙げ、2名あわせて表彰台12回と安定したリザルトを残した。コンストラクターズランキングはフェラーリから11点差の2位、モントーヤがミハエル・シューマッハとキミ・ライコネンに次ぐドライバーズランキング3位となった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

結果[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
AUT
オーストリアの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
2003 3 コロンビアの旗 モントーヤ 2 12 Ret 7 4 Ret 1 3 2 2 2 1 3 2 6 Ret 144 2位
4 ドイツの旗 シューマッハ 8 4 7 4 5 6 4 2 1 1 9 Ret 4 INJ Ret 12
スペインの旗 ジェネ 5

太字はポールポジション、斜体字はファステストラップ

  • ドライバーズランキング
    • ファン・パブロ・モントーヤ 3位
    • ラルフ・シューマッハ 5位
    • マルク・ジェネ 17位

脚注[編集]

  1. ^ 車検時には規定値の幅だが、走行中の荷重により接地面積が広がるといわれた。FIAの勧告によりイタリアGPよりトレッドを縮めた。

外部リンク[編集]