SHOEI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社SHOEI
SHOEI Co., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 7839 2007年9月5日上場
本社所在地 110-0005
東京都台東区上野5丁目8番5号
設立 1959年3月17日
業種 その他製品
代表者 代表取締役社長 安河内曠文
資本金 13億9,477万円
売上高 単体89億円、連結103億円
(2009年9月期)
純資産 単体44億円、連結67億円
(2009年9月)
総資産 単体56億円、連結84億円
(2009年9月)
従業員数 492名(2008年9月30日現在)
決算期 9月30日
外部リンク http://jp.shoei.com/
テンプレートを表示

株式会社SHOEI(ショウエイ)は、東京都台東区に本社を置くヘルメットメーカーである。

沿革[編集]

1954年3月、鎌田栄太郎が鎌田ポリエステルを創業。

1959年3月17日に昭栄化工株式会社を設立。

1960年1月よりオートバイ用ヘルメット製造に着手。着手したきっかけは、ホンダ社員(鎌田が経営していた新橋旅館を出張などで利用していた)から外国製ヘルメットに対する不満を聞いていたことから。当初はリヤカーにヘルメットを積んで納品した。

1965年には本田技研工業により純正ヘルメットとして採用された。1968年に茨城工場を建設、7月にはアメリカ現地法人を設立した。

1980年代ころにはすでに世界一の生産量を誇るヘルメットメーカーに成長していた。1986年には当時本田技術研究所より独立し設計事務所を営んでいたCKデザインの佐々木が車体総合の技術者であることから技術顧問として契約し、佐々木提案によるヘルメットの快適性をテーマにヘルメットの風切音、換気性などを向上解決し、ただの頭を守るだけの機能のヘルメットは快適性を備えたものでなくてはならないという今日のヘルメットへと成長を遂げた。この機能を具備したヘルメットはオンロード用だけのとどまらず、オフロードも含め波及した。この時代には新橋の鎌田の旅館は本社ビルに改装され一階は日本料理屋として打合せなどにも活用されていた。旅館の息子というだけあって鎌田の料理の腕前もなかなかのものだった。

1992年、放漫経営などが原因で資金繰り難に陥り会社更生法の適用を申請。三菱商事の支援もあって当初計画を前倒しして1998年に更生手続を終了。同年5月に株式会社シヨウエイ、同年8月に現社名に変更する。

2004年ジャスダックに上場するが、2007年10月7日上場廃止。同年東京証券取引所2部に上場。

エピソード[編集]

以前は4輪レース用のヘルメットも製造し、長谷見昌弘鈴木亜久里などが着用。アイルトン・セナゲルハルト・ベルガーミハエル・シューマッハジャン・アレジなども一時期着用していた。現在の製品ラインナップは2輪用のみである。MotoGPではマルク・マルケストニー・エリアスらが着用している。

世界GPに参戦するエディ・ローソンにヘルメットを供給していた同社は、彼がトップッグレードのヘルメットではなく、セカンドグレードのヘルメットを使っていることに疑問を抱き、エディに理由を聞いたところ、「こっちのほうが風切り音が少ないから」と答えた。時速300キロに達することもあるレース中、ライダーは常に暴風の真っ只中にいるような風切り音にさらされる。ショウエイの技術者は、さして注意を払っていなかった(あえて無視していた)が、エディが神経を使っていた事に驚き、その塊のような空気抵抗と闘いながら走るチャンピオンの意見を無視することもできず、後の、空気抵抗の影響がより少ないX-8の特徴的なシールド開発へとつながっていった。

2011年の東日本大震災では岩手と茨城の両工場が被災した。損害額は6,300万円であった。

ラインナップ[編集]

フルフェイス[編集]

  • X-TWELVE
  • XR-1100
  • Z-6
  • QWEST
  • X-KIDS(子供用)

フリップアップ[編集]

  • MULTITEC

オープンフェイス(ジェット)[編集]

  • J-FORCEⅢ
  • J-STREAM
  • MASH-X
  • FREEDOM
  • SR-J(子供用)
  • TJ-72(特大サイズ)

オフロード・トライアル[編集]

  • VFX-W
  • HORNET-DS
  • TR-3

2011年12月現在

工場[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]