ミナルディ・PS03

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミナルディ・PS03
カテゴリー F1
コンストラクター ミナルディ
デザイナー ガブルエル・トレドッツィ
先代 ミナルディ・PS02
後継 ミナルディ・PS04B
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
エンジン コスワース・CR-3 V10 72度 V10 NA
トランスミッション ミナルディ製 6速 縦置き セミAT シーケンシャル
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ヨーロピアン・ミナルディコスワース
ドライバー 18. イギリスの旗 ジャスティン・ウィルソン
18. デンマークの旗 ニコラス・キエーサ 19. オランダの旗 ヨス・フェルスタッペン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2003年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ミナルディ・PS03Minardi PS03)は、ミナルディ2003年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはガブルエル・トレドッツィ

概要[編集]

PS03のシャーシは基本的に2年前のPS01を踏襲している。フロントウィングやバージボード、サイドポッド、ディフューザーなどの空力関連部品はシーズン中にも幾分かアップデートを受けた。

エンジンはアジアテックが撤退したため、コスワース・CR-3エンジンのカスタマー供給を受ける。すでにフォードワークスの最新スペックから3年落ちとなり旧式化していた。

チームはオランダのコンピュータ機器メーカートラスト (Trust) をメインスポンサーとして獲得した。

ドライバーはベテランのヨス・フェルスタッペンと新人ジャスティン・ウィルソンというコンビでスタートし、ウィルソンがジャガーへ移籍すると、第12戦からニコラス・キエーサを起用した。ウィルソンの移籍に関しては、来期のコスワースエンジン供給の確約を条件に成立したもの、と推測された[1]

マシンのポテンシャルはトップチームから数秒落ちというレベルで、予選・決勝ともに最後尾争いの常連となった。

第10戦フランスGPの予選1回目では濡れた路面が乾いていくコースコンディションが味方し、19番手出走のフェルスタッペンが他よりも3秒早いトップタイムを記録。ミナルディにとって初の暫定ポールポジションを獲得し、チームは歓喜に包まれた。ただし、この結果は予選2回目の出走順を決めるためのものであり、ドライコンディションで行われた予選2回目では最終アタッカーを務めたものの、19番手に終わった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 PS03
  • 全長 4,548 mm
  • 全高 940 mm
  • ホイールベース 3,097 mm
  • 前トレッド 1,480 mm
  • 後トレッド 1,410 mm
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー ブレンボ
  • ブレーキディスク・パッド ブレンボ
  • ホイール O・Z
  • タイヤ ブリヂストン
  • ギアボックス ミナルディ製 6速+リバース1速セミオートマチック/チタン製ケーシング

エンジン[編集]

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
2003年 ヨーロピアン・ミナルディ コスワース コスワース・CR-3 V10 B AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
AUT
オーストリアの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
0 NC
ウィルソン Ret Ret Ret Ret 11 13 Ret Ret 13 14 16
キエーサ 12 13 12 11 16
フェルスタッペン 11 13 Ret Ret 12 Ret Ret 9 14 16 15 Ret 12 Ret 10 15

脚注[編集]

  1. ^ 『F1速報 2003総集編』、130頁。

参照[編集]

  • 『F1速報 2003総集編』 ニューズ出版、2003年