ヤルノ・トゥルーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤルノ・トゥルーリ
Jarno Trulli 2010 Malaysia.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・アブルッツォ州ペスカーラ
生年月日 1974年7月13日(40歳)
F1での経歴
活動時期 1997 - 2011
過去の所属チーム '97 ミナルディ
'98-'99 プロスト
'00-'01 ジョーダン
'02-'04 ルノー
'04-'09 トヨタ
'10-'11 ロータス
出走回数 256
優勝回数 1
通算獲得ポイント 246.5
表彰台(3位以内)回数 11
ポールポジション 4
ファステストラップ 1
初戦 1997年オーストラリアGP
初勝利 2004年モナコGP
最終勝利 2004年モナコGP
最終戦 2011年ブラジルGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ヤルノ・トゥルーリJarno Trulli, 1974年7月13日 - )は、イタリア人レーシングドライバー

姓の Trulli は、イタリア語ではトルッリと読まれ、名は正式なイタリア語の発音では「ヤルノ」ではなく「イァールノ」が近い(イタリア語には「ヤ」行の発音が存在せず、JはIと同じ発音となるため)。

フジテレビF1中継でのニックネームは「情熱ファンタジスタ」。

初期の経歴[編集]

両親がモータースポーツ・ファンで、ヤーノ(ヤルノ)・サーリネン1973年モンツァで事故死したフィンランドロードレースグランプリチャンピオン)にちなんで命名した。このフィンランド風の名前は彼がグランプリデビューした当時、イタリア人らしくないとしてある種の混乱を引き起こした。彼の父親の熱中は他の多くの成功したレーサー同様に、彼を幼年時からカートレースへ参加させた。イタリアおよびヨーロッパカート・チャンピオンのほか、1991年には世界カート選手権を制するなど、カート界で急速に頭角を現す。

1996年ドイツF3選手権チャンピオンとなった。また1996年のF3マカオグランプリでは、首位のラルフ・ファーマンがクラッシュしたため2位を走っていたトゥルーリが首位でチェッカーフラッグを受けた。トゥルーリの優勝かと思われたが、赤旗ルールが適用され、クラッシュしたファーマンが優勝者となった。

F1での経歴[編集]

1997年~1999年[編集]

1997年ミナルディからF1デビュー。この時のチームメートである片山右京とは、以後も深い親交が続いている(デビュー当時、好タイムを出すと「ウキョウが教えてくれた通りに走った」とコメントするのが常であった)。そして7レースに出場後、第7戦カナダGPでクラッシュにより大怪我を負ったオリビエ・パニスに代わり、第8戦フランスGPよりプロストから参戦することとなった。第14戦オーストリアGPではレース中盤までトップ走行を見せるなど印象的な活躍を見せたが、次戦第15戦ルクセンブルクGPからは復帰したパニスにシートを譲ることになる。この時、チームオーナーであり元ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、中野信治のシートに彼を座らせたいほど才能を評価していた。この活躍により、翌1998年にはプロストのレギュラーシートを獲得。2シーズンを同チームに所属することになるが、戦闘力に劣るマシンに苦闘を強いられる。雨による混乱のレースとなった1999年ヨーロッパGPでは見事自身初の表彰台となる2位入賞を果たした。

2000年~2001年[編集]

2001年カナダGP

2000年は、前年に引退したデイモン・ヒルが、自身の後任に強く推薦したこともあり、ジョーダンのシートを獲得。第7戦モナコGPの予選では見事2位を獲得。迎えた決勝では、トップのミハエル・シューマッハに離されながらも2位をキープしていたが、マシントラブルによりリタイアした(シューマッハもマシントラブルでリタイアしたため,初優勝のチャンスでもあった)。なおこの年、新人であり後のチームメイトとなるジェンソン・バトンとは幾度も接触事故をおこしている(ほぼすべてバトン側に非があった)。

2001年も前年と同じくマシンの信頼性の低さに悩まされ、予選では多くのグランプリでシングルグリッドを獲得するも、入賞は僅か5回に終わった。そして、ジャンカルロ・フィジケラと入れ替わる形で2002年にはルノーへ移籍することになる。

2002年~2004年[編集]

2002年も前年と同様、期待を裏切られるシーズンとなる。ルノーが投入した111度のワイドバンク角エンジンのトラブルに悩まされ続け、全17戦中、リタイアは9回を数え、入賞は僅か4回にとどまった。
2003年には33ポイントを上げ、第12戦ドイツGPでは移籍後初、そして4年ぶりの表彰台を獲得した。

2004年アメリカGP

2004年は第6戦モナコGPでF1初優勝を果たすなど、前半戦は僚友アロンソを圧倒して好調であったが、徐々にチームとの関係が悪化すると共に成績も降下していく。モナコGPでの優勝の際にはルノーの会社マークにキスをしたことが話題になり、ルノー関係者からの評価も高かった。しかしルノーの母国フランスGPでは、最終ラップでルーベンス・バリチェロにパスされ表彰台を逃し、それ以降情勢が変化していった。こうした中、同年9月にはトヨタへの移籍を発表するに至るが、チームとの関係はますます悪化し、ついに第15戦イタリアGPを最後にチームを離脱した。その後、第17戦日本GP以降はトヨタから参戦した。


2005年[編集]

2005年は正式にレギュラードライバーとしてトヨタから参戦。第2戦マレーシアGPで2位表彰台を獲得。このGP前に友人を亡くしており、亡き友に捧げる2位となった。その後の第3戦バーレーンGPでも2位、第5戦スペインGPでも3位と相次いで表彰台を獲得。第9戦アメリカGPではトヨタに初のポールポジションをもたらした。期待された決勝レースでは、ミシュランタイヤに問題が発覚し、ミシュラン勢は全車がレースを棄権したため、記録上はリタイアとなった。
シーズンを通して開幕前の予想を覆す活躍を見せ、チーム初のコンストラクターズランキングの4位獲得に貢献した。

2006年[編集]

トヨタでの2シーズン目となり飛躍が期待されたが、この年に投入された車体「TF106」は成功作とはいえず、序盤には入賞すらできなかった。その結果、第7戦モナコGPからは改良型「TF106B」が投入された。得意とするモナコGPでは終盤3位を走行する活躍を見せたものの、表彰台を目前にしながら結果はリタイアに終わった。第10戦アメリカGPでは、予選後のパーツ交換によるペナルティをうけ最後尾スタートとなったが、4位でゴールするという力走を見せた。また第12戦ドイツGPでは、トヨタと2009年までの契約延長が発表された。

2007年モンツァテスト

2007年[編集]

予選ではQ3進出の常連となったが、決勝のスタートでは出遅れることが多く、また予選と比較してレースペースが遅い・安定しないということもあり、入賞は僅かに4回にとどまった。また、このシーズンはチームラジオ(無線)でマシンバランスなどについて訴える場面が度々国際映像で取り上げられている。

2008年[編集]

2008年フランスGP

開幕戦オーストラリアGPでは、予選で6番手を獲得するもリタイア。しかしその後、第2戦マレーシアGPで4位、第3戦バーレーンGPで6位、第4戦スペインGPで8位と3戦連続入賞を果たす。第8戦フランスGPでは3位に入賞し、自身3年ぶりの表彰台を獲得。このグランプリの前にチームトヨタF1の初代代表オベ・アンダーソンがラリーで事故死し、彼に捧げる3位となった。最終戦ブラジルGPでは予選2番手に入る速さを見せた。しかし、天候の変化によるタイヤ交換の際にキミ・ライコネンに先行され、その後も6位走行中にハーフスピンを起こし、スクーデリア・トロ・ロッソセバスチャン・ボーデとチームメイトのティモ・グロックにも抜かれ、最終的に8位入賞にとどまった。
最終的にこの年は31ポイントを獲得し、ドライバーズランキング9位でシーズンを終えた。

2009年[編集]

2009年日本GP

2009年シーズンはトヨタのマシンTF109の性能が非常によく、開幕戦オーストラリアGPではペナルティで予選タイム抹消、ピットスタートになったもののトゥルーリ3位、チームメイトのグロックも4位に入り、絶好調のスタートを切った。 第4戦バーレーンGPでは、予選トヨタ1-2でトゥルーリが2005年アメリカGP以来のポールポジションを獲得した。しかし、決勝は戦略によって後退、3位となった。また、このレースで参戦206戦目にして自身初のファステストラップを記録した。中盤戦はなかなか入賞できずにいたが、トヨタの母国第15戦日本GPでは予選2位で、スタートではハミルトンに抜かれたが、最後のピットでハミルトンを逆転してトヨタの母国で初めて2位表彰台そしてトヨタF1の最後の表彰台を獲得した。この年限りでトヨタが撤退したため5年間所属していたチームを離れることになった。

2010年[編集]

2010年スペインGP

2010年は新規参入チームであるロータス・レーシングに移籍。マクラーレンから移籍してきたヘイキ・コバライネンとタッグを組む。冬季テストでは信頼性はあるが、速さは見せ付けていない。この年はマシンの戦闘力が不足していたため、主に新規参入した3チームの中でのトップを目指すシーズンとなった。シーズンを通した成績は予選結果ではチームメイトのコバライネンに対し11勝8敗と勝ち越したものの、決勝ではコバライネンの後ろでフィニッシュすることが多く、両者が完走してトゥルーリが前でフィニッシュしたのは第10戦イギリスGPのみであった。マシントラブルでのリタイアも多く、全19戦中完走は11戦で最高位は第16戦日本GPの13位であった。また、F1参戦14年目にして自身初のノーポイントのシーズンだった。

2011年[編集]

2011年マレーシアGP

前年からのマシンの進化が期待されたものの、既存チームに追いつける程の速さは無い状況は変わらなかったが、状況によってはぎりぎりQ2進出も可能な場合もあった。しかしチームメイトのコバライネンに対して予選では18戦中2戦でしか上回れず、Q2進出も1度も無く、まったく速さを示すことが出来なかった。決勝に於いては前半は互角の結果を残したものの、後半は負け続けてしまった。ただし13位に2回入ったためランキング上はチームメイトを上回り、コンストラクターズ選手権に於いても10位になることに貢献した。

ドイツGPではリザーブドライバーのカルン・チャンドックに1戦のみとはいえシートを奪われてしまった。他のグランプリでも交代の噂が出てしまったり、2012年もチームとの契約があるにもかかわらずシートを奪われる噂が絶えないなど、ランキング以外ではあまり良いところのない一年となってしまった。

2012年[編集]

2012年ヘレステスト

チームは新たにロータスからケータハムへ名称が変更されたが引き続きレギュラードライバーとして残留した。新車CT01のテストでは最終日を担当し117周を走行した。2月17日にチームはトゥルーリに代わりヴィタリー・ペトロフの起用を発表、トゥルーリはシートを失った。チーム代表トニー・フェルナンデスはこの決定を「ヤルノの代わりにヴィタリーを入れるというのは簡単な決断ではなかった。だが、チーム全体に刺激を与えるためにも、また現実的に世界的な経済マーケットを見据えた時にこれは必要な判断だった」と語った。[1] また、トゥルーリのシート喪失に伴って、40年ぶりにF1からイタリア人ドライバーが姿を消すことになってしまった。

エピソード[編集]

  • 予選ではチームメイトよりも比較的上位のグリッドを獲得することが多い。しかし決勝ではレースペースが落ち、しばしばレース中に彼を先頭にした渋滞を巻き起こすことがある(しばしば、「トゥルーリ・トレイン」「トゥルーリスクール(ヤルノ教習所)」などと揶揄される)。
  • マシンバランスやセッティングなどの状態に非常に左右されやすく、自身の好みから僅かでも外れていると途端に最大限の力を発揮できなくなる。逆にしっかりと好みに合った時には、類稀な速さを発揮する。
  • シーズン前半は好調でも、シーズンが進むに従って調子・成績が下降していくという傾向が見られる。
  • F1ドライバーである傍らアドリア海に面したアブルッツォにあるブドウ園「ポデレ・カストラニ(podere castorani)」でワインの生産を手がけている。ブドウ園の名称は最初のオーナーであるラファエル・カストラニに由来する。かつてワイン醸造を手がけていた父親のエンツォ・トゥルーリがブドウ園のマネージャーであり、トゥルーリの個人マネージャーであるルチオ・カヴートがマーケティングを手助けしている。トゥルーリはブドウ園を「ケーキにかけるトッピングのようなものさ。夢を手に入れた証しといってもいいかな」と述べている。

F1での年度別成績[編集]

チーム シャーシ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ランキング ポイント
1997年 ミナルディ M197 AUS
9
BRA
12
ARG
9
SMR
DNS
MON
Ret
ESP
15
CAN
Ret
15位 3
プロスト JS45 FRA
10
GBR
8
GER
4
HUN
7
BEL
15
ITA
10
AUT
Ret
LUX
JPN
EUR
1998年 AP01 AUS
Ret
BRA
Ret
ARG
11
SMR
Ret
ESP
9
MON
Ret
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
AUT
10
GER
12
HUN
Ret
BEL
6
ITA
13
LUX
Ret
JPN
12
16位 1
1999年 AP02 AUS
Ret
BRA
Ret
SMR
Ret
MON
7
ESP
6
CAN
Ret
FRA
7
GBR
9
AUT
7
GER
Ret
HUN
8
BEL
12
ITA
Ret
EUR
2
MAL
DNS
JPN
Ret
11位 7
2000年 ジョーダン EJ10
EJ10B
AUS
Ret
BRA
4
SMR
15
GBR
6
ESP
12
EUR
Ret
MON
Ret
CAN
6
FRA
6
AUT
Ret
GER
9
HUN
7
BEL
Ret
ITA
Ret
USA
Ret
JPN
13
MAL
12
10位 6
2001年 EJ11 AUS
Ret
MAL
8
BRA
5
SMR
5
ESP
4
AUT
DSQ
MON
Ret
CAN
11
EUR
Ret
FRA
5
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
USA
4
JPN
8
9位 12
2002年 ルノー R202 AUS
Ret
MAL
Ret
BRA
Ret
SMR
9
ESP
10
AUT
Ret
MON
4
CAN
6
EUR
8
GBR
Ret
FRA
Ret
GER
Ret
HUN
8
BEL
Ret
ITA
4
USA
5
JPN
Ret
8位 9
2003年 R23 AUS
5
MAL
5
BRA
8
SMR
13
ESP
Ret
AUT
8
MON
6
CAN
Ret
EUR
Ret
FRA
Ret
GBR
6
GER
3
HUN
7
ITA
Ret
USA
4
JPN
5
8位 33
2004年 R24 AUS
7
MAL
5
BHR
4
SMR
5
ESP
3
MON
1
EUR
4
CAN
Ret
USA
4
FRA
4
GBR
Ret
GER
11
HUN
Ret
BEL
9
ITA
10
CHN
6位 46
トヨタ TF104B JPN
11
BRA
12
2005年 TF105
TF105B
AUS
9
MAL
2
BHR
2
SMR
5
ESP
3
MON
10
EUR
8
CAN
Ret
USA
DNS
FRA
5
GBR
9
GER
14
HUN
4
TUR
6
ITA
5
BEL
Ret
BRA
13
JPN
Ret
CHN
15
7位 43
2006年 TF106
TF106B
BHR
16
MAL
9
AUS
Ret
SMR
Ret
EUR
9
ESP
10
MON
17
GBR
11
CAN
6
USA
4
FRA
Ret
GER
7
HUN
12
TUR
9
ITA
7
CHN
Ret
JPN
6
BRA
Ret
12位 15
2007年 TF107 AUS
9
MAL
7
BHR
7
ESP
Ret
MON
15
CAN
Ret
USA
6
FRA
Ret
GBR
Ret
EUR
13
HUN
10
TUR
16
ITA
11
BEL
11
JPN
13
CHN
13
BRA
8
13位 8
2008年 TF108 AUS
Ret
MAL
4
BHR
6
ESP
8
TUR
10
MON
13
CAN
6
FRA
3
GBR
7
GER
9
HUN
7
EUR
5
BEL
16
ITA
13
SIN
Ret
JPN
5
CHN
Ret
BRA
8
9位 31
2009年 TF109 AUS
3
MAL
4
CHN
Ret
BHR
3
ESP
Ret
MON
13
TUR
4
GBR
7
GER
17
HUN
8
EUR
13
BEL
Ret
ITA
14
SIN
12
JPN
2
BRA
Ret
ABU
7
8位 32.5
2010年 ロータス T127 BHR
17
AUS
DNS
MAL
17
CHN
Ret
ESP
17
MON
15
TUR
Ret
CAN
Ret
EUR
21
GBR
16
GER
Ret
HUN
15
BEL
19
ITA
Ret
SIN
Ret
JPN
13
KOR
Ret
BRA
19
ABU
21
21位 0
2011年 T128 AUS
13
MAL
Ret
CHN
19
TUR
18
ESP
18
MON
13
CAN
16
EUR
20
GBR
Ret
GER
HUN
Ret
BEL
14
ITA
14
SIN
Ret
JPN
19
KOR
17
IND
19
ABU
18
BRA
18
21位 0

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]