アルド・コスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルド・コスタAldo Costa1961年6月5日 - )は、イタリアパルマ出身のレーシングカーデザイナー。F1ミナルディスクーデリア・フェラーリでデザイン・開発部門の責任者(テクニカルディレクター)を務めた。ミナルディ在籍中はアルデ・コスタとも表記されていた。

経歴[編集]

ボローニャ大学機械工学を学び、この間に、フェラーリチームの開発部門を取材しF1のサスペンション機構についての論文を著した。

1986年に大学を卒業。その後、CAD会社のアバースカンパニーで1年半ほど働いていた。

1988年、27歳の時にミナルディに加入し、チーフデザイナーに就任、その後、同チームのジャコモ・カリーリの後を受けて、1989年から1995年までの長きにわたって、ミナルディでテクニカルディレクターを務めた。

1995年末にスクーデリア・フェラーリに移籍し、1998年からロリー・バーンの助手としてアシスタントチーフデザイナーを長く務めることとなる。

2004年にバーンが第一線からの引退を表明した際に、バーンはコスタを後継者に指名し、2005年にはデザイン・開発部門の実質的な指揮がコスタに任され、バーンがデザイン・開発部門のチーフを退いたため、2006年からは正式にその責任者を務めている。

2011年5月、モナコGP後にテクニカルディレクター職の解任とフェラーリ市販車部門への異動が決定した[1]。7月には合意の元にフェラーリから退社することも発表された[2]

2012年より、メルセデスGPのエンジニアリング・ディレクターに就任することが決定した[3]

脚注[編集]

  1. ^ アルド・コスタ、フェラーリの市販車部門に異動 F1-Gate.com 2011年6月2日付
  2. ^ アルド・コスタ、フェラーリを退職 F1-Gate.com 2011年7月21日付
  3. ^ メルセデスGP、アルド・コスタとジェフ・ウィリスの加入を発表 F1-Gate.com 2011年9月30日付

外部リンク[編集]