BMSスクーデリア・イタリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スクーデリア・イタリア
FIA GT選手権に参戦したスクーデリア・イタリアのアストンマーチン・DBR9(2006年)
FIA GT選手権に参戦したスクーデリア・イタリアの
アストンマーチン・DBR9(2006年)
国籍 イタリアの旗 イタリア
本拠地 イタリア、ブレシア
創設者 ジュゼッペ・ルッキーニ
活動期間 1983年 - 現在
カテゴリ F1FIA-GTWTCCLMESほか
チームズ
タイトル
FIAスポーツカー選手権 1(2001)
FIA GT 2(2003,2004)
LMES 1(2005)
イタリアGT選手権 1(2005)
ドライバーズ
タイトル
FIAスポーツカー選手権 2(2005)
FIA GT 2(2003,2004)
LMES 1(2005)
イタリアGT選手権 1(2005)
公式サイト BMS Scuderia Italia
テンプレートを表示
スクーデリア・イタリア(ダラーラ)
(ローラ時代を含む)
参戦年度 1988 - 1992 (ダラーラ)
1993 (ローラ)
出走回数 78 (ダラーラ)
14 (ローラ)
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 15 (ダラーラ)
0 (ローラ)
表彰台(3位以内)回数 2 (ダラーラ)
0 (ローラ)
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1988年サンマリノGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1993年ポルトガルGP
テンプレートを表示

BMS スクーデリア・イタリア (BMS Scuderia Italia) は、イタリアブレシアを拠点に活動するレーシングチーム。「スクーデリア (Scuderia) 」はイタリア語厩舎から転じた、「チーム」に当たる言葉である。

1988年から1993年までF1世界選手権に参戦したが、シャシーを自製することはなかったため、F1のレギュレーション上での「コンストラクター」にはあたらない。

概要[編集]

設立[編集]

イタリアで鉄鋼業を経営する実業家のジュゼッペ・ルッキーニにより、1983年に設立されたブリクシア・モータースポーツ (BMS) を母体とする。当初はラリーのイタリア国内選手権に参戦。1987年には世界ツーリングカー選手権 (WTCC) にも参戦するが、アルファロメオの活動休止を受け、フォーミュラレースへの転身を図った。

F1[編集]

1988年-1989年[編集]

1988年よりダラーラ社にシャシー製作を依頼し、「スクーデリア・イタリア」の名でF1参戦を開始した。初年度はアレックス・カフィ1台のみのエントリーだったが、1989年より2台体制となる。

当初は予備予選組からの出走だったが、下位集団に埋もれることなく、イタリア系新興チームの中ではミナルディとともに中堅チームの地位を固めた。1989年カナダGPではアンドレア・デ・チェザリスが3位表彰台を獲得。カフィは才能が認められ、ポルシェエンジンとのジョイント計画を進めるアロウズ(フットワーク)へ移籍した。

1990年-1991年[編集]

1990年はアンドレア・デ・チェザリスとJ.J.レートの2台体制で参戦し、1991年はエンジンをフォードV8からジャッドV10へスイッチした事が功を奏し、J.J.レートがサンマリノGPで3位表彰台を獲得した。

1992年-1993年[編集]

1992年からミナルディに替わり、フェラーリ製V12エンジンのカスタマー供給を受けることになったが、本体のフェラーリ自体が最低迷期にあったこともあって、更なる飛躍を果たすことはできなかった。チーム名が「本家」のスクーデリア・フェラーリに似ている上に、マシンのカラーリングも同じイタリアンレッドで、スポンサーのマールボロアジップも重なることから、フェラーリのマシンと見間違われることが度々あった。

1993年、ダラーラ製シャシーの戦闘力に不満を持っていたチームは、製作委託先をローラに変更。スポンサーはマールボロから同じフィリップモリスのブランドであるチェスターフィールドへスイッチし、ドライバーもベテラン ミケーレ・アルボレートと新鋭ルカ・バドエルのコンビに一新した。しかし、ローラが制作したシャシーは完全な失敗作で、かつての名手アルボレート、国際F3000を20歳で制したバドエルをもってしてもテールエンダーを脱することすら難しかった。

このシーズンをもって単独参戦を終了し、ミナルディとの合併を選ぶこととなった。その後も1995年まではミナルディの支援を続けていたが、同年末にこの関係を解消し、F1界から去ることになった。

現在[編集]

以後は再びツーリングカーレースを主戦場とし、国内および国際カテゴリに参戦している。2003年2004年にはフェラーリ・550マラネロでFIA GT選手権のシリーズチャンピオンを獲得しているほか、2005年には同じくフェラーリ・550マラネロでル・マン・シリーズのGT1クラスを制している。

在籍していたF1ドライバー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]