オニクス・グランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オニクス 
参戦年度 1989 - 1990
出走回数 17
コンストラクターズ
タイトル
0 
ドライバーズタイトル 0 
優勝回数 0 
通算獲得ポイント 6 
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1989年アメリカGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1990年ハンガリーGP
テンプレートを表示

オニクス・グランプリOnyx Grand Prix)は、1989年から1990年にかけてF1に参戦していたレーシングチーム。創立者はマイク・アール

経歴[編集]

国際F3000ではトップチームとして君臨し、1987年にステファノ・モデナがシリーズチャンピオンを獲得。チームは1989年にF1へステップアップした。

1989年[編集]

参戦初年度はアラン・ジェンキンス設計のORE1を製作し、エンジンはコスワースDFRを搭載。タイヤはグッドイヤー。ドライバーはリジェからステファン・ヨハンソン国際F3000に参戦していたベルトラン・ガショー(第13戦以降はJ.J.レート)を起用。メインスポンサーはオーナーの実業家(その後国会議員にもなった)のジャン=ピエール・バン・ロッセムが経営する投資会社「マネートロン(Moneytron)」であった。

この年から39台が参戦ということもあって、チームは予備予選からの出走となったが、新興チームゆえ資金難で、予選及び予備予選落ちが多かったが、ヨハンソンが第7戦フランスグランプリにて5位入賞、第13戦ポルトガルグランプリで3位と新興チームで唯一表彰台を獲得し、コンストラクターズも10位と記録を残した。

1990年[編集]

前年の成績で予備予選が免除され、マシンは前年型の改良型ORE1Bを使用、エンジンは引き続きコスワースDFRを搭載、タイヤもグッドイヤーを装着。ドライバーはヨハンソン、第13戦から参戦したレートを起用するが、ヨハンソンが第2戦終了後に離脱し、第3戦以降ブラバムからグレガー・フォイテクが移籍してドライブした。

「無限の利益と配当を保証する」と喧伝されていた「マネートロン」が詐欺で告発され、その後バン・ロッセムが逮捕され経営を去ると資金難が以前よりも深刻化し、スイス高級車メーカーの「モンテヴェルディ」の創業者のペーター・モンテベルディが新オーナーになり、チーム名も「モンテヴェルディ・オニクス」に変更するも、チーム内のゴタゴタが相次ぎ、第10戦ハンガリーグランプリをもってF1から撤退することになった。

主なドライバー[編集]

F1
F3000

関連項目[編集]