バーニー・エクレストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーニー・エクレストン
Bernard Charles "Bernie" Ecclestone
生誕 1930年10月28日(84歳)
イギリスの旗 イギリス サフォーク州イプスウィッチ
職業 フォーミュラワン・グループCEO[1]
配偶者 あり

バーナード・チャールズ ”バーニー”・エクレストンBernard Charles "Bernie" Ecclestone1930年10月28日 - )は、イギリスサフォーク州イプスウィッチ出身の実業家である。フォーミュラワン・マネージメント(Formula One Management)、フォーミュラワン・アドミニストレーション(Formula One Administration)を核とするF1運営組織(フォーミュラワン・グループ)のCEOである[1]

テレビ放映権をはじめとするF1の商業面を統括し、「世界三大スポーツイベント」のひとつに育てた。その多大な影響力からF1界の支配者(F1 Supremo)とも呼ばれる。

経歴[編集]

ビジネス界での活躍[編集]

サフォーク州バンギーに近い小村で、トロール漁船の船長の息子として生まれる。第二次世界大戦後、16歳で学校を卒業すると地元のガス工場に就職したが、その傍ら趣味であるオートバイを楽しんでいた。スペアパーツ取引の副業を手始めに、フレッド・コンプトンとともにオートバイのディーラー「Compton & Ecclestone」を設立し、後に単独経営者として国内最大級のチェーン店に成長させた[2]。その後も不動産投資や貸金業、中古自動車を取扱う「Weekend Car Auctions」社の設立など青年実業家として活躍した。

レースとの関わり[編集]

ビジネスの傍ら趣味の4輪レースではクーパーのマシンに乗り、たまにF3に出走していた(F1開幕戦1950年イギリスグランプリの前座レースにも出ている)。しかし1951年ブランズハッチで事故を経験するとしばらくレースから離れ、本業に専念した。

1957年スチュアート・ルイス=エバンスのマネージャーとしてレース界に復帰する。活動停止したコンノートのマシンを競売で買取り、転売しようとしたが上手くいかず、結局チームオーナーとしてF1モナコGPに参戦。このレースで4位入賞したエバンスはバンウォールへ移籍する。翌1958年も「B.C.Ecclestone」チームとして数戦出場し、エクレストン自身もF1ドライバーとしてモナコGPにエントリーしたが、あえなく予選落ちを喫する。イギリスGPでは予選突破を果たしたが、ジャック・フェアマンにマシンを譲り決勝では走らなかった。この年の最終戦モロッコGPでヴァンウォール所属のルイス=エバンスが大クラッシュを喫して6日後に事故死する。これを機にエクレストンはコンノートを売却し、再びモータースポーツの世界から去った。

しかし、クーパーチームを運営していたロイ・サルヴァドーリの紹介で有望な若手ヨッヘン・リントと出会い、マネージャーとしてF1界に復帰。リントの所属するロータスF2チームの共同所有者にもなった。1970年、リントはドライバーズ選手権をリードしたが、イタリアGP予選中に事故死。死後チャンピオンに決定した。

ブラバムのオーナー[編集]

1972年の初めにロン・トーラナックからブラバムを買収し、再びチームオーナーとなる。カスタマー部門を閉鎖し、ワークスチームの活動に専念。独創的なマシンデザイナーゴードン・マレーを擁し、アルファ・ロメオエンジンの独占契約、パルマラットのスポンサーマネー、大物ニキ・ラウダの獲得などによって低迷していた戦力を強化した。エースドライバーのネルソン・ピケ1981年1983年のチャンピオンに輝くなど、大きな成功を収めた。

しかしエクレストン自身はF1界の運営責任者という役割に専念するようになり、1987年にチームを手放した。その後、資金難に陥ったブラバムは迷走の末6年後に消滅する。

F1界のボス[編集]

1970年代始め、ブラバム、ロータス、マクラーレンティレルマーチらイギリスの独立系コンストラクターは互助組織としてF1CA(Formula 1 Constructors Association)を結成していたが、その機能は脆弱であった。ブラバムの新オーナーに就いたバーニーはビジネス経験を活かして各国レース興業者とのギャランティー交渉などを請負い、コーリン・チャップマンテディ・メイヤーケン・ティレルらオーナー仲間の信頼をえる。1974年、F1CAはFOCA(Formula One Constructors Association)に発展し、選手権の規模拡大を推進する。エクレストンは1978年にFOCA会長に就任し、マーチ創設者の一人であるマックス・モズレーをアドバイザーとして、F1の運営全体にまで影響を与えるようになる。

この動きに対抗し、国際自動車連盟(FIA)の一部はジャン=マリー・バレストル会長以下国際自動車スポーツ連盟(FISA)を結成。両者の激しい対立は「FISA-FOCA戦争」と呼ばれ、バレストルとエクレストンの権力闘争の様相も呈した。1981年、両陣営は和解案としてコンコルド協定を締結し、FOCAはF1の商業権を委託されることになる。

ミハエル・シューマッハ(左)とエクレストン(中央)。1991年のSWCマニクールにて。

その後エクレストンはFIA副会長(プロモーション担当)を兼任。FOCAから距離をとり、自身の興業会社FOPA(Formula One Promotions and Administration)を設立し、テレビ放映権料の23%と興行権料のすべてを得ることになる(テレビ放映権料の47%はチーム、30%はFIAへ分配)。1993年にはバレストルに代わってモズレーがFIA会長に就任し、FOCA時代のコンビがF1を仕切ることになる。

1997年、エクレストンはFOPAをFOAとFOMへ分割し、これを含む関連会社の親会社としてFOH(Formula One Holdings)を設立した。この年、EUタバコ広告禁止法案にイギリス政府が反対した件で、エクレストンが労働党に100万ポンドを献金していたことがスキャンダルとなり、収賄を疑われた労働党は全額を返却した(タバコ会社はF1の重要なスポンサーであり、2006年まで特例で広告が認められていた)。また、1998年のコンコルド協定更改では、FOAがチーム分配分を除くテレビ放映権料の53%を取得するという取り決めにコンストラクターの一部が反対する事態も起きた。

商業権の行方[編集]

バーニー・エクレストン
2011年モナコGPにて。

1990年代末、妻スラヴィカと共同信託SLECホールディングスを設立し、傘下に自身が所有するFOH、FOA、FOMなどのF1関連企業(フォーミュラワン・ブループ)を置き、F1における様々な権利関係を統括するようになる。2001年、FIAはF1の商業権をSLECへ2011年から2111年までの100年間リースすると発表した。

エクレストンはSLEC株のうち25%を手元に残し、残りを投資銀行に売却。多大な利益を得ながら、CEOとして変わらぬ権力を保った。しかし、株式の過半数がF1外部に流れる状況が運営の安定を損ねるとして、自動車メーカー連合がGPMAを結成して新シリーズ立ち上げを唱える騒ぎとなった。2005年、バーニーはCVCキャピタルパートナーズと共同でアルファプレマを設立。2006年、SLEC株の残り75%を回収し、アルファプレマを親会社にフォーミュラワン・グループを再構築した。

マックス・モズレーFIA会長によるスキャンダル問題後、2008年6月3日に世界各国の自動車連盟代表者などによる会長信任投票が行われた。その直前、モズレーは各国連盟に対し信任を求める書簡を送付したがその内容の一部に「商業権を握るエクレストンとCVCの勢力拡大を止めるべき、またそれを止められるのは自分(モズレー)しかいない」旨が記されていたことから、エクレストンとモズレーの関係が悪化した。さらにモズレーが総投票数の2/3近くの信任票を受け信任されたため、その後のカナダGPではモズレー続投によるイメージ悪化と権力集中を懸念するエクレストンと各チーム代表者が会合を開き、モズレー(FIA)の介入を受けない独立した新シリーズGP1設立を話し合ったと噂された。モズレーは2009年にバジェットキャップを巡るFOTAとの騒動の末、FIA会長選に再出馬せず退任した。

グリブコウスキー裁判[編集]

2013年以降、エクレストンの地位を揺るがす可能性のある贈賄容疑の裁判が行なわれている。2006年にCVCキャピタルパートナーズがバイエルン州立銀行の保有するSLEC株47.2%を取得した際、同銀行のリスクマネージャーだったゲルハルト・グリブコウスキーがエクレストンから4400万ドルの賄賂をもらい、SLEC株を不当に低く評価してCVCへの売却を円滑化したという疑いが発覚。グリブコウスキーは2011年1月に収賄背任脱税の容疑で逮捕され、2012年6月に禁固8年半の有罪判決を受けた[3]。被告は当初「コンサルタント料金」として容疑を否認したものの、審理中に検察の主張を認め、エクレストンから賄賂を受け取ったと認めた[4]

エクレストンはグリブコウスキーへの支払いを認めたものの、賄賂性については否定。エクレストン家の家族信託バンビーノ・ホールディングスについて、グリブコウスキーが英国歳入税関庁 (HMRC) に虚偽の告発をすると恐喝してきたので支払ったと説明した[5]。エクレストンは家族への相続対策として英国外にバンビーノを設立していたが、告発によってHMRCに信託の正当性を疑われる懸念があったので、トラブルを避けるためグリブコウスキーの要求に従ったとしている[5]。被告の証言については「単に減刑を狙ったものだ」と述べた[3]

ミュンヘン検察当局はエクレストンの主張を認めず、2013年7月に正式にエクレストンを起訴した[6]。また、ドイツのメディアグループ、コンスタンティン・メディアンとアメリカの投資会社ブルーウォーターズ・コミュニケーションズは、CVCへの売却操作によって本来得られるはずだった利益を失ったとして、それぞれロンドンニューヨークで巨額の損害賠償訴訟を起こしたが、双方ともエクレストン側に有利な裁定が下された[7][8]

エクレストンは法廷で無実を証明する意向で、以前と変わらず日常業務をこなしているが、裁判終了までデルタトプコ(F1の持ち株会社)の取締役を辞任すると発表した。

2014年8月5日、検察、弁護側の双方は、エクレストンが1億ドル(約102億円)を支払うことを条件に、裁判の打ち切りで同意した[9]。ドイツの法律では裁判官を含むすべての陣営が同意した場合、一部の刑事裁判を罰金もしくはより軽い罰で解決することができる[10]。これにより、エクレストンの経歴に犯罪は残らず、事実上の無罪となり、F1トップの座にとどまる見通しとなった[9][11]。ただし、別の民事訴訟はまだ進行中となっている[12]

人物[編集]

評価[編集]

1970年代以降、タバコ企業などのスポンサー資金参入によりF1はアマチュアリズムを脱して商業的な拡大へ向かう。その時代の寵児としてエクレストンはコンコルド協定で運営権を勝ち取り、先進的なビジネスセンスでF1を巨大なスポーツイベントに成長させた。その最大の成功はテレビメディアに目をつけ、放映権ビジネスを導入したことである。レースファン以外の一般視聴者にも楽しめるよう競技環境の改善を図り、「安全で高級なエンターテイメント」に仕立てて世界各国へ放送契約を売りこんだ[13]。世界的な露出効果を期待するスポンサーが集まることで、サーキットの看板広告料やVIPへのサービス業(パドッククラブ)などの付帯利益も生まれている。1996年には衛星有料放送に目をつけ、私財を投じてマルチチャンネルのFOCA TV(通称:バーニーTV)を立ち上げたが成功しなかった。

これらの関連ビジネス会社を所有し、F1マネーを私有化していることに対しては独占的・儲けすぎという批判もあるが、交渉力や面倒見のよさを信頼され長きに渡り特権を認められてきた。しかし、F1の将来性という点でGPMAはバーニーの会社組織の不透明さや排他的な慣習を問題視していた(アルファプレマの設立は、GPMA側の意向を汲んだ組織再編というも見方もある)。1999年に心臓のバイパス手術をし、80歳を過ぎた高齢でもあるため、引退や後継者問題も取りざたされている。

また、その拡大路線でコストが跳ね上がり、名門チームや伝統あるサーキットが財政難に追い込まれた点にも伝統派のファンから批判が寄せられている。F1の開催地選択権は事実上エクレストンが握っており、施設改修要求や興行権料の高騰でサーキット側の負担は厳しくなっている。

私産[編集]

F1に関する商業権を統括することにより、自らも莫大な財産を築き上げていることで知られる。2003年の英サンデー・タイムズ紙の長者番付では、推定資産24億ポンドで英国で3位にランクされていた。また2004年には23億4,300万ポンドに減少したとはいえ、なお8位にランクされていた。しかし後述する離婚問題で多額の慰謝料を支払った関係や、2008年以降の世界的な景気低迷による資産価値下落などの影響で、2009年には推定資産が14億6,600万ポンドに減少し24位に後退している[14]

2007年、ルノーF1代表フラビオ・ブリアトーレと共同で、イングランド・フットボール2部リーグに所属するクイーンズ・パーク・レンジャーズFC (QPR) を買収。その後、ブリアトーレの保有株を取得し最大株主となったが、2011年にエア・アジア経営者のトニー・フェルナンデスへ売却した[15]

家族[編集]

長女タマラ・エクレストン

最初の妻アイビーとの間に娘デボラを設けるが離婚。1984年にクロアチア人スラヴィカ・エクレストンと再婚し、SLECの社名はその名前「SLavica ECclestone」からとった。元ファッションモデルの妻は28歳年下で、夫よりも身長が30cm高い。

スラヴィカとの間に生まれた長女タマラ(1984年生)と次女ペトラ(1988年生)は「イギリス版ヒルトン姉妹」と称されるセレブリティーとして度々メディアに登場している[16]。テレビ司会者・モデルのタマラは『PLAYBOY』誌でヌードを披露した[17]

スラヴィカは2008年11月に離婚の申し立てを行い[18]、バーニーの持つ膨大な資産との関係で、その慰謝料が極めて高額になるのではないかと注目を集めたが[19]、結局2009年3月に離婚が成立[20]。慰謝料の金額は明らかにされていないが、離婚直後に発表された英タイムズ紙の長者番付でスラヴィカは推定資産7億3,400万ポンドで58位に入った[14]

2012年8月、ブラジルGPのマーケティング部門で働いていた49歳下のブラジル人ファビアナ・フロシと結婚した[21]

エピソード[編集]

交渉事においては、複数の候補者同士を競いあわせて主導権を握る手腕に長けている。1986年に日本GP鈴鹿開催を発表した時には、フジテレビに対してテレビ放映権料の要求額を一気に引き上げ、交渉の場では「他局の代理人が白紙委任状を持って隣の部屋で待っている。今ここでサインしなければ隣にいく」と言って即断を迫ったという[22]。また、F1チームとの力関係では分割統治戦略を駆使し、トップチームに特別待遇を与えるなどしてチーム側の団結力を削いできた[23]。2005年にGPWCからフェラーリが電撃脱退した件について、のちに「フェラーリを8000万ドルの特別分配金で買収した」と暴露した[24]。ただし、交渉がまとまれば後腐れなく、必ず約束を守るボスとして信頼を築いてきた。

「何事も自分で決め、自分でやる」行動派であり、パドックやレース前のグリッド上で精力的に働く姿がテレビ中継に映ることも多い。来賓のVIPをもてなすだけでなく、モーターホームの駐車位置や接待用の皿の並べ方まで自ら指示すると云われ、細部にこだわる完璧主義は徹底している。2011年のブラジルGPにて、F1フォトグラファーの金子博が永久取材パスを発給された時には、多忙の合間を縫って自ら金子にパスを手渡した[25]

エクレストンの銅像

1986年に東欧圏初のF1開催を実現させたハンガリーのハンガロリンクには、エクレストンの銅像が建てられている。

毎年関係者に送るクリスマスカードには、F1をとりまく状況を風刺したイラストが描かれている。2008年版は前述のモズレーのセックススキャンダルを茶化した「ブリアトーレの尻を鞭で打つモズレー」という絵柄だった[26]

サーキットレースに対する理解はあるものの、ラリーは嫌いである。以前、グレートブリテンラリーにゲストとして呼ばれたものの、「服が汚れるから」との理由で乗ってきた車から一切降りようとしなかったという。

2010年11月にはロンドン市内で何者かに襲われ、スイスの「ウブロ」ブランドの腕時計や宝石など約31万ドル(約2600万円)相当を盗まれる被害に遭った[27]。この際本人も頭部を蹴られ右目の周りに青あざが残る怪我を負うが、同年12月には青あざがはっきりと残る顔のまま「ウブロ」が発売するF1公式腕時計の広告に登場したことで話題を呼んだ[28]。なおこの時の顔写真は事件直後、エクレストンが個人的に親しいウブロ社社長に携帯メールで送付したものをそのまま使用している。

2011年の東日本大震災(および福島第一原子力発電所事故)の影響を懸念して、同年の日本GP開催を危惧する声が起こった時、記者会見で開催を明言し、被災地から3000名を日本GPへ無料招待した(通称バーニーシート)[29]

発言[編集]

辛辣なユーモアと歯に衣着せぬ物言いで知られ、数々の発言・迷言を発している。

  • 政治家のリーダーシップを問う話題で「このようなことを言うのは適切ではないのかもしれないが、ヒトラーのしたことを別にすれば、彼は多くの人間を束ね、物事を成し遂げている」と発言し、のちに釈明と謝罪を行なった[30][31]
  • F1にオーバーテイクが足りないという不満の声に対し、「金メダルの数で年間チャンピオンを決定[32]」「トラックに水を撒いて人工的なウェットレースを行なう[33]」などのアイデアを提案した。
  • オーストラリアの国会議員ケルビン・トムソンがオーストラリアGPへの公費援助を批判し、エクレストンの娘タマラのことを「億万長者のくず」と呼んだことに対し、「こんなことを言った間抜けは誰だ? そいつはちょっとあほだからクビにするべきだ」と反撃した[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b "FIA フォーミュラ・ワン世界選手権 参戦について". 本田技研工業.(2013年5月16日)2014年2月12日閲覧。
  2. ^ PEOPLE: BERNIE ECCLESTONE” (英語). 2010年10月29日閲覧。
  3. ^ a b "グリブコウスキーに8年6カ月の判決". ESPN F1.(2011年6月28日)2014年2月14日閲覧。
  4. ^ "わいろの受け取りを認めたグリブコウスキー". ESPN F1.(2012年6月21日)2014年2月14日閲覧。
  5. ^ a b "バーニー・エクレストン、グリブコウスキーへの賄賂の背後にある本当の話". F1通信.(2013年3月29日)2014年2月14日閲覧。
  6. ^ "F1最高責任者エクレストン、贈賄容疑で正式に起訴". Topnews.(2013年7月18日)2014年2月14日閲覧。
  7. ^ "ニューヨークでのF1ボス裁判が棄却". Topnews.(2014年1月23日)2014年2月14日閲覧。
  8. ^ "エクレストン、ロンドンで勝訴". ESPN F1.(2014年1月20日)2014年2月20日閲覧。
  9. ^ a b “和解金100億円で終結=F1トップの贈賄裁判-ドイツ”. 時事通信社. (2014年8月5日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014080500960 2014年8月6日閲覧。 
  10. ^ “エクレストンの審理は和解で終結”. ESPN F1. (2014年8月5日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/170555.html 2014年8月6日閲覧。 
  11. ^ “1億ドル払い裁判打ち切り、贈賄のF1最高実力者”. 産経新聞. (2014年8月5日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140805/oth14080523010009-n1.htm 2014年8月6日閲覧。 
  12. ^ Ulrike Dauer (2014年8月6日). “F1経営のエクレストン氏、1億ドルで訴訟打ち切り”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303570604580074792672767162 2014年8月9日閲覧。 
  13. ^ 他に世界三大スポーツに挙げられるオリンピックサッカーワールドカップも、メディアスポーツとして巨大ビジネス化した点が共通している。
  14. ^ a b エクレストン 長者番付から急降下 - GPUpdate.net・2009年4月27日
  15. ^ "サッカー=マレーシアの格安航空会社CEOがQPRを買収". ロイター.(2011年8月19日)2014年2月10日閲覧。
  16. ^ スミス京子 "F1界の帝王を父に持つ 英版ヒルトン姉妹". 英国ニュースダイジェスト.(2012年1月26日)2014年2月10日閲覧。
  17. ^ "タマラ・エクレストンがプレイボーイ誌で魅惑のヌード披露、カバーショット公開". マイナビニュース.(2013年6月12日)2014年2月13日閲覧。
  18. ^ エクレストン夫人、離婚を申し立て - f1-live.com
  19. ^ “F1界のドン”慰謝料数千億円! - デイリースポーツonline
  20. ^ エクレストンがスラビカ夫人と離婚 - Response・2009年3月13日
  21. ^ "バーニー・エクレストン、ファビアナ・フロシと結婚". F1-Gate.com.(2012年8月27日)2014年2月20日閲覧。
  22. ^ 半田雄一「F1日本再上陸」『F1倶楽部 Vol.7 ニッポンのF1』、双葉社ムック、1994年、62頁。
  23. ^ "F1トップチーム、すでに新コンコルド協定に調印済みか". Topnews.(2012年1月6日)2014年2月11日閲覧。
  24. ^ "バーニー・エクレストン、フェラーリとの特別契約を暴露". F1-Gate.com.(2009年12月22日)2014年2月11日閲覧。
  25. ^ "フォトグラファーの金子博さんに名誉のF1永久パス". STINGER.(2011年11月2日)2014年2月12日閲覧。
  26. ^ "バーニーのF1風刺画クリスマスカード。今年の主役はブリアトーレ?". オートスポーツweb.(2009年12月25日)2014年2月12日閲覧。
  27. ^ F1最高権力者、ロンドンで強盗に襲われる - スポニチアネックス・2010年11月27日
  28. ^ バーニー、青あざで広告に。奪われた時計の魅力を宣伝 - オートスポーツWeb・2010年12月8日
  29. ^ 尾張正博 "特別な2011年をともに戦い抜いた、日本とF1との揺るぎない「絆」。". Number Web.(2011年12月27日)2014年2月15日閲覧。
  30. ^ "エクレストンの過激発言がイギリスで話題に". オートスポーツ.(2009年7月5日)2014年2月10日閲覧。
  31. ^ "エクレストン、ヒトラーに関する発言を謝罪". オートスポーツ.(2009年7月8日)2014年2月10日閲覧。
  32. ^ "エクレストン メダルシステムの必要性を力説". GP Update.(2008年12月16日)2014年2月13日閲覧。
  33. ^ "エクレストン、人工的なウエットレースに興味". ESPN F1.(2011年3月2日)2014年2月13日閲覧。
  34. ^ "F1エクレストン会長、娘を侮辱した豪議員に「クビにしろ!」と激怒". AFP BBnews.(2012年3月19日)2014年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]