ガレーヂ伊太利屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊太利屋がスポンサーしていたポルシェ962C

ガレーヂ伊太利屋(ガレーヂいたりや)は「GOJI」などのブランドで知られる婦人服メーカー「伊太利屋」系列の自動車輸入販売会社である。

沿革[編集]

正規ディーラー[編集]

創業は1976年11月25日で、当初はヴァンデンプラ・プリンセス1500イノチェンティ・ミニ・デ・トマソなどの並行輸入から出発したが、1982年にはランチアマセラティの輸入販売権を取得、同年8月に日本自動車輸入組合(JAIA)に加入、正規ディーラーの仲間入りをした(2002年3月退会)。また、1991年から1997年まではランボルギーニの日本総代理店でもあった。

以来、ビトゥルボ系を中心としたマセラティ各車、デルタ・インテグラーレなどのランチア各車の販売で知られたが、マセラティの輸入権は1997年にコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドに移行、ランチアの正規輸入も1998年に途絶した。

現在[編集]

現在ではフィアット オート ジャパンの東京地区正規ディーラーとして港区麻布十番の店舗でアルファ・ロメオを、コーンズの販売協力店としてマセラティ、フェラーリを、さらに独自の並行輸入でランチアの販売を[1]行っている。また、ランチアのアフターサービス、パーツに関しては、フィアット本社との正規契約のもと都内にサービス工場およびパーツセンターを有している。

マセラティ、フェラーリの販売はホームページ上でも大きく扱われておらず、アルファ・ロメオとランチアが主力となっている模様である。なお、2009年以降、フィアット オート ジャパンによるランチアの正規輸入が再開すると言われているが[2]、ガレーヂ伊太利屋がどのように対応する予定かは明らかになっていない。

モータースポーツ[編集]

1970年代から1980年代にかけては、親会社の伊太利屋とともに、ル・マン24時間レースなどの国内外のレースに参戦するレーシングチームに対するスポンサー活動を積極的に行っていた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ランチアのアフターサービス・輸入販売についてはフィアット本社と直接契約を結んでいる。
  2. ^ 2009年3月12日付け「WebCG」のランチア・デルタ 1.4ターボ16V試乗記によると、正規輸入再開に向けてのフィアット オート ジャパン側の作業に具体的進展はないという。