バンデン・プラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベントレー・4.5リッター
バンデン プラ トゥアラー(1930年)

バンデン・プラVanden Plas )はイギリスベルギーにかつて存在した自動車メーカー、もしくはそのブランド。現在では北米以外の地域での商標権を南京汽車が、北米での商標権をフォードが所有している。

「Vanden Plas」の名は創業者であるGuillaume van den Plasとその息子達の名字から取られたものである。発音の仕方は複数あり(後述)、日本ではヴァンデン・プラと表記される場合もあるが、本項ではンデンプラで統一する。

概要[編集]

プリンセス 4リッター(1965年)

1898年ベルギー馬車の車体を製造するコーチビルダーCarrosserie Van den Plasとして発足し、1913年イギリスに自動車のボディを制作する支社を設立する。イギリスのバンデン・プラ社は本国とは別に独自の経営を促進し、ロールス・ロイス社やベントレー社等のボディ制作を請け負い、地位と名声を得ていった。

第二次世界大戦後、世界的不況の中でイギリスの自動車産業は打撃を受け、他の中小自動車メーカーが大手に吸収合併される中、バンデン・プラ社もオースチン社に吸収され、オースチンの大型セダンをベースにした高級車をリリースする。これが最初の「バンデン・プラ・プリンセス(写真)」である。

歴史[編集]

3 Litre / 4 Litre / 4 Litre R[編集]

プリンセス 4リッターR(1967年)

バンデン・プラの工場である「Princess Cars」で作られた最初の車は、大型セダンのオースチン A99 ウェストミンスター ( Austin Westminster ) をベースにしたもので、それぞれ3リッターと4リッターのエンジンを積んだ「バンデンプラ・3リッター」(Vandenplas Princess 3 Litre *Litre は Liter の英国綴り)と「バンデンプラ・4リッター」であった。両者にはオリジナルのフロントマスクが与えられ、内装はベースである大衆車とは大きく異なり、元コーチワーカーとしての仕事が存分に生かされた豪華で高級なものであった。その後ロールス・ロイス社製の直列6気筒エンジンを積んだ「4リッター R」も生産された。

ADO16[編集]

プリンセス Mk-I 1100
プリンセス Mk-I 1100
プリンセス Mk-III 1300
プリンセス 1300

やがてオースチン社も、モーリスを代表とするナッフィールド・グループとの合併が決まり、1952年「British Motor Corporation」、通称「BMC」が誕生した。そして、ウーズレーと共に、バンデン・プラには BMC の高級ディビジョンとしての役割が与えられた。

1962年にモーリスから発売された ADO16 (ADO はAustin Drawing / Design Officeを表す)は、徐々にそのシリーズを拡大していき、最終的には BMC の6ディビジョンのすべてから少しずつ趣向を変えて販売されることになり、1964年にはバンデン・プラ版が加えられた。これが「バンデン・プラ・プリンセス 1100」であり、大衆車ブランドのオースチンモーリススポーツカーメーカーであったMGなどとの差別化を図るべく、思い切った高級化の手法が採られ、それまでの小型車の常識を覆すものとなった。

外装は、以前のバンデン・プラと同じフロントマスクや、荘厳なグリルフォグランプなどにより、他の ADO16 とは異なる高級感を醸し出していた。内装は、車内のあらゆる部分を柔らかなモケットで覆う、ダッシュボードウォールナットのウッドパネルを使用、ドアトリム上端にウッドキャッピングを施す、シートはコノリーレザーをあてがい、分厚いクッションを使った上質なものを使用するなど、全長3.7m、排気量1100ccの小さなサルーンに、それまでの大型高級車で培ってきた手法をそのまま持ち込んだ。また、前席背面には後席用の折り畳み式ウォールナット製ピクニックテーブルが組み込まれるなど、このサイズでショーファードリブンを意識した設計となっていた。小型ながら、優美なスタイルと豪華な内装で小さなロールスロイス、「ベビーロールス」と呼ばれた。後に1275ccエンジンが追加されている。さらに、マイナーチェンジ Mk-I (マークワン)と呼ばれる。

その後、ADO16 のマイナーチェンジに合わせた改良とコストダウンが行われる。リアコンビネーションランプの大型化、よりファストバックが強調されたスタイリング、内装の小変更などに加え、エンジンの排気量を1300ccに統一するなどの変更が行われる。これに伴い、マイナーチェンジ以前のモデルをMk-I (マークワン)、それ以降を Mk-II と呼ぶようになる。Mk-I のみテールフィンの存在が顕著で、リアコンビランプが小さく、角度が起こされているため、識別は容易である。

最終型となる Mk-III は最後まで残った ADO16 の一つとして、1974年まで生産が継続されている。

ADO67[編集]

プリンセス 1500 / 1700

その後オースチン・アレグロ ( Austin Allegro - ADO67 ) をベースにしたバンデン・プラ・プリンセス1500へとフルモデルチェンジされたが、ベース車が設計的に失敗作であったことや、バンデン・プラらしい特色にも乏しく、不人気のまま販売終了となった。これが「プリンセス」を冠した最後のモデルとなった。

その後[編集]

ジャガー XJ8 バンデン プラ

1968年以降はジャガーの上級仕様車のグレード名となり、現在、ジャガーの親会社、フォードが北アメリカでのブランド使用権を保有している(これはダイムラー・クライスラーとの協約上、『デイムラー( Daimler ) 』のブランド名が使えない国での対策とされている)。同様に、一時期はランドローバー社のレンジローバークラシックの最上級グレードの名称としても使用されていた。北米以外の地域では南京汽車がその商標権を所有している。

「Vanden Plas」の発音[編集]

「Vanden Plas」ブランドの発祥地ベルギーでは主にオランダ語フランス語が話されているが、前者では「ファンデン・プラス」と発音され、後者では「ヴァンデン・プラ」となる。創業者一家の第一言語がどちらであったか定かではないが、van den Plasという姓自体は「の」と言う意味のオランダ語である。

車種一覧[編集]

  • プリンセス 3リッター
  • プリンセス 4リッター
  • プリンセス 4リッターR
  • プリンセス 1100 / 1275 / 1300
  • プリンセス 1500 / 1700 / 1800

関連項目[編集]

  • 刑事貴族(パート2以降) - 水谷豊演じる主人公・本城の愛車がバンデン・プラ プリンセスMk-III 1300。