テールフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テールフィン(tailfin)とは、自動車オートバイの後部におけるデザインの一つ。車体後部が航空機の尾翼のような形状となっていることからこのように呼ばれる。

自動車[編集]

1959年式キャディラック

リアフェンダーの両端を高くして垂直尾翼のように尖らせたデザインが特徴的。1950年代から1960年代に生産されたフルサイズアメリカ車に多く見られる。

アメリカ車以外ではメルセデス・ベンツFintail W111を始め、同時期に設計および製造された世界各国の自動車に採用された。

オートバイ[編集]

ホンダ・CB900F

1956年に販売が開始されたスズキ・コレダ250TTが、アメリカ車をモチーフにしたフィン形状のサブフレームにリアウィンカーを配し、「モーターサイクルのキャデラック」と呼ばれた[1]

1970年代から一般化されたオートバイのリアカウル部分をテールフィンと呼ぶようになった(例:ホンダ CB900F / ホンダ CB750F)。[要出典]

オートバイメーカーによる純正仕様だけでなく、アフターマーケットにおいてもフィンを備えたテールカウルが市販されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 2008 スズキミーティング in 浜名湖”. スズキ株式会社. 2011年7月7日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ BEET JAPAN INDUSTRAY CO.,LTD. 製品情報:Kawasaki Z400FX - カワサキ・Z400FX用「シートカウル」[1]