デイムラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TB21ドロップヘッド・クーペ

デイムラーDaimler, Daimler Motor Company )は、かつてイギリスに存在した自動車メーカーである。

1960年ジャガーにより買収され、その後は同社の車種名にそのブランドを残している。

名称[編集]

由来はガソリン自動車開発者の1人として名を残すドイツ人のゴットリープ・ダイムラー[1]

歴史[編集]

創立[編集]

コヴェントリーに現存するデイムラーの工場跡ビル

1893年に、イギリスの技術者フレデリック・リチャード・シムズはイギリス本国およびイギリスの全植民地(カナダを除く)におけるダイムラーエンジンの製造・販売権を獲得した。シムズはこれに基づきロンドンにデイムラー・モーター・シンジケート(Daimler Motor Syndicate)を設立した。当初はモーターボートへのダイムラーエンジンの架装を生業としていた。イギリスではまだ自動車走行速度を制限する赤旗法が施行されていたため最初から自動車製造をおこなったのではなかった。

赤旗法が廃止された1896年、シムズから会社を引き継いでいたハリー・ローソンは会社をコヴェントリーに移転し、社名をデイムラー・モーター・カンパニー(Daimler Motor Company)と改称し、自動車製造を開始した。技術の多くがフランスのパナール・エ・ルバッソール社などからの借用であり、そのため他のメーカーからは「パリのダイムラー」とよばれた。デイムラー社とダイムラーとの関係はエンジンのみの契約であり、そのほかの部分は直接ダイムラーとは関係がなかった。

王室御用達[編集]

その同じ年、長い皇太子時代の末期にさしかかっていた後のイギリス国王エドワード7世は蒸気自動車を運転、初めて自動車を運転したイギリスの王族となった。そして1900年にはデイムラーがイギリス初の王室御料車に指名され、6馬力のフェートンが王室に納入されている。これにならって各国の王室でもデイムラーを御料車として採用するようになり、日本の皇室も1912年、初の御料車にデイムラーを採用している。

フルーテッドグリル[編集]

1904年にはデイムラー独特の波状のボンネットと上部に縦筋の入ったフルーテッド(fluted)ラジエターグリルを採用、この独特の形状をしたグリルはエンジンの冷却効果を高めるために採用されたもので、ジャガーに吸収後は波型ボンネットこそジャガーにも波及したが、フルーテッドはバッジエンジニアリングとなった今も象徴としてデイムラーのみに受け継がれている。

デイムラー・ディンゴ

軍用車[編集]

1910年にはバーミンガムバーミンガム・スモール・アームズ(略称BSA)の傘下に入り、軍用車両の製造を開始した。

第一次世界大戦が始まるとデイムラーも戦車(世界初の戦車、Mk.1のエンジンもデイムラー製だった)や救急車、バストラックなどの軍用車の生産に力を傾けた。

1939年に勃発し、イギリスも参戦した第二次世界大戦中にはダイムラー偵察車などの装甲車の生産を行った。そしてその後の冷戦下においてはフェレット装甲車などの製造を行なった。

SP250ダート
DS420
4.2 ソブリン
ダブルシックス (ボンネットの「リーピング・キャット」はジャガー・ブランドのオプション品。)

ジャガー傘下に[編集]

第二次世界大戦後、大量生産による大衆車に世の趨勢が傾くにつれ、手作りによる高級車製造を専らの生業とするメーカーには冬の時代が到来する。軍用車という別の収益源を持つものの、デイムラーもその例外ではありえず、1960年にデイムラーの親会社のBSAは340万ポンドでデイムラーをジャガーに売却してしまう。

新たなデイムラーの親会社となったジャガーはデイムラーのブランド名を廃止するという施策は採らず、デイムラーがそれまで製造・販売していた「マジェスティック」や「SP250」などの量販車種をいきなり廃止する事もしなかったが、デイムラーのラッドフォード工場ではジャガーの各車種の製造も請け負うようになり、1962年にはジャガー・マーク2のラジエターグリルをデイムラー伝統のフルーテッドに改め、デイムラー製V型8気筒2.5リッターエンジンを搭載したデイムラー初のバッジエンジニアリングモデル、デイムラー・2.5-Litre V8がデビューしている。

バッジエンジニアリング[編集]

1966年、親会社のジャガーはBMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)に吸収され、デイムラーのバッジエンジニアリング路線が加速する。1966年登場の「ソヴリン」以降はエンジンもジャガーと共通化され、「マジェスティック・メイジャー」は1968年に生産終了となった。

1968年から1992年にかけて製造・販売された「デイムラー DS420」を唯一の例外(ただし機構部分はジャガー・420Gと共通)として、すべてのデイムラーの車種は、ジャガーのバッジエンジニアリングモデルで占められるようになる。

この時期のデイムラーは2階建てバスやトラックなどの製造を行なっていていたものの、こと乗用車部門に関してデイムラーとジャガーの違いを見分ける術はラジエターのデザインしかなくなっていった。

親会社の遍歴[編集]

デイムラーの親会社ジャガーは1966年にBMCと合併して成立したBMH(ブリティッシュ・モーター・ホールディングス)、1968年にBMHとレイランドローバーが合併してBLMC(ブリティッシュ・レイランド・モーター・コーポレーション)、1975年ブリティッシュ・レイランド発足という変遷を経て1984年に分割・民営化されることになる。

1989年、親会社ジャガーはフォード・モーターにより買収された。その後の経営合理化により、1992年には「デイムラー・リムジン」として知られたデイムラー・DS420の生産が中止された。1996年にはジャガーはデイムラー創立100周年を記念してデイムラー・ダブルシックスの特別仕様版であるデイムラー・センチュリー(日本では「デイムラー・センティナリー」)を発売している。

2008年、ジャガーはインドの自動車会社タタ・モーターズに買収された。


ブランドの復活[編集]

2005年7月、2002年以来3年間途絶えていたデイムラー・ブランドが、ジャガー・XJシリーズを元に内外装を高級化したバッジエンジニアリングモデル「デイムラー・スーパーエイト (Super Eight)」として復活した。その名の通り、スーパーチャージャー付きV8エンジンを搭載したモデルであり、2007年の小変更を経て、2009年まで販売された。


車種一覧[編集]

現行車種[編集]

ジャガーに吸収以後の主要車種[編集]

ジャガーに吸収以前の主要車種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ドイツの自動車会社ダイムラーや、その前身であるダイムラー・クライスラー社、ダイムラー・ベンツ社の名称もそれぞれゴットリープ・ダイムラーに由来する。