ブリティッシュ・レイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリティッシュ・レイランド
British Leyland
British Leyland Badge 2.jpg
種類 国営
略称 BL
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
イングランド
設立 1968年
業種 製造業
事業内容 乗用車の製造・販売等
従業員数 250,000人
主要株主 イギリス政府
主要子会社 ローバージャガー
MGオースチンなど
関係する人物 ウイリアム・ライオンズ
特記事項:1975年半官半民化。1986年に「ローバー・グループ」に改称。
テンプレートを表示

ブリティッシュ・レイランドBritish Leyland )は、かつて存在したイギリス自動車会社である。

1968年、ブリティッシュ・モーター・ホールディングス(BMH)とレイランド・モータース(Leyland Motors)との合併による「British Leyland Mortor Company」として設立され、同社のもとにはローバージャガーデイムラーMGオースチンなど、当時のイギリスの主要自動車メーカーの大部分にあたる10ブランドが存在していた。

概要[編集]

1960年代後半のイギリス重工業全体の停滞、主要な輸出先であるアメリカ合衆国での、排ガス規制/安全規制などに対する技術開発の遅れによる競争力の低下、日本車との競合による販売台数低下などの要因により、イギリス資本の自動車製造会社BLMCの業績が大幅に悪化した。それに対してイギリス労働党政権は他の重工業と同様に同社を国有化し、1968年に「British Leyland(ブリティッシュ・レイランド)」を発足させた。

オースティン・モンテゴ
トライアンフ・TR7
ジャガー・XJ6(シリーズ2)

当時保有していたおもな部門は、次のとおりである。

フルラインブランドのAustinオースティン)、大衆車・中級車ブランドのMorrisモーリス)、小型・中型の乗用車・スポーツカー部門であるMG, Triumphトライアンフ)、中級~上級車製造のRoverローバー)、高級車・大型スポーツカーブランドのJaguarジャガー)及び最高級車のDaimlerディムラー)、ジャガー傘下のエンジンメーカーであるCoventry Climaxコヴェントリー・クライマックス)、 高級車ブランドのVanden Plasバンデン・プラ)の各乗用車部門と、Land Roverランドローバー)の四輪駆動車部門、Leylandレイランド)の商用車部門。

ことに乗用車部門では、大衆車から高級車、さらにはスポーツカーに至るまでのあらゆるクラスにおいて、同級車種での競合ブランド・モデルを過剰に抱え込む状況となった。もともとオースティンとナッフィールドの大手2社合同企業であるBMCでは特にその傾向が強く、1950年代からなりふり構わぬバッジエンジニアリングが横行していたが、レイランドおよびローバー系の各ブランドまでも合流したことで、社内競合するモデルが新たに多数生じ、非効率の悪弊はより強まってしまっていた。

他に上級小型車であるWolseleyウーズレー)、Rileyライレー)などの乗用車ブランドも保有していたが、これらに相当する旧BMC系のモデルは早くも1969年に生産終了した。また、有名な小型車のMini(ミニ)もオースティンおよびモーリスのブランドで生産していた(後年ローバーにブランドを変える)。

国有化後も経営状態悪化には歯止めが利かず、ついに破産寸前となった1975年に半国営化され、持ち株会社「British Leyland Motor Corporation Ltd.(BLMC)」(1978年、「BL Ltd.」に改称)のもとに再組織された。

1986年には「ブリティッシュ・レイランド」のブランド名を棄てて、「ローバー・グループ(Rover Group PLC)」に改称されたものの、この際に複数のブランドが消滅した。さらにオースティンやモーリス、トライアンフの一部のモデルは、提携先の本田技研工業のモデルのバッジ・エンジニアリングとなった上に、その後も幾度かの公的資金による救済、そして外国自動車メーカーとの提携、売却を受けながら縮小・解体される傾向となった。2005年に、最終的な存続会社となっていた「MGローバー(MG Rover Group)」が倒産したことによって消滅した。

国際競争力を持つ自動車企業連合形成を意図したイギリス政府主導による政策会社であったものの、1970年代~1980年代にかけて110億ポンド/165億ドル(インフレ換算)もの巨額な公的支援を注入して得られた結果は、2000年代に至るまでの間に、モーガンノーブルマクラーレンなどの少数生産メーカーを除くイギリス車メーカーの殆どすべてが国外資本による買収を受けるか、もしくは廃業してしまうという「一国の巨大産業そのものの回復しがたいまでの瓦解」であった[1]。また、同社は1970年代におけるイギリス製造業の悪しき象徴――「常態化したストライキ、それと同時に甚だしく低下した品質管理水準、投資不足、政府による過剰介入、稚拙なマネジメント、そしてそれらの問題が招いた国内外における市場シェアの大いなる喪失」――であるとも評される[2]

歴史[編集]

英国における民族系資本自動車会社連合の始まり(1952-1975)[編集]

BMC(1952-1966)[編集]

  • 1952年、イギリス最大の自動車製造会社BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)の結成。Austin(オースティン)、Morris(モーリス)、Wolseley(ウーズレイ)、Riley(ライレー)及びMGの乗用車ブランドを保有。

BMH(1966-1967)[編集]

  • 1966年、Jaguar(ジャガー)・Daimler(ディムラー)を吸収し、持ち株会社BMH(ブリティッシュ・モーター・ホールディングス)が発足。

BLMC(1967-1975)~民間企業ブリティッシュ・レイランド[編集]

  • 1967年、Triumph(トライアンフ)とStandard(スタンダード)及びLeyland Trucksを有するLeyland(レイランド)グループと、Rover及びLand Roverを有するRoverグループとに合併し、BLMC(ブリティッシュ・レイランド・モーター・コーポレーション)となる。

ブリティッシュ・レイランド(1975-1988)~英国国有化の時代[編集]

British Leyland(1975-1978)[編集]

BL Cars LTD.(1978-1986)[編集]

  • 1978年、名称を通称のBLを使った、BL Cars LTD.(ビーエル・カーズ)とする。
  • 1981年、日本の自動車会社本田技研工業株式会社(ホンダ)と技術資本提携を開始。
  • 1984年、Jaguar(ジャガー)・Daimler(ディムラー)事業部を分割民営化。

ROVER GROUP PLC(1986-1988)[編集]

  • 1988年、ROVER GROUP PLCを航空機製造会社グループでイギリスの主要重工業メーカーBAe(ブリティッシュ・エアロスペース)社へ売却。民営化され、会社名はROVER Carsとなった。

ブリティッシュ・エアロスペース傘下~再び民営[編集]

現在のブランド商標権保持者[編集]

2008年10月現在[編集]

  • Jaguar、Daimler、Lanchester、Rover、Land Rover:タタ・モーターズ
  • MG、Austin、Morris、Wolseley、Vanden Plas(北米市場以外):南京汽車
  • MINI(Mini)、Riley、Triumph:BMW
  • Alvis:BAEシステムズ
  • Standard:ブリティッシュ・モーター・ヘリテージ

関連項目[編集]

  • トップ・ギア - イギリスの自動車番組。ブリティッシュ・レイランドを「イギリスの恥」としてネタにしている。