コノリーレザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャガー・XJ-Sはコノリーレザーインテリアの典型的な利用車だった

コノリーレザーConnolly Leather )は、主に自動車メーカーに高品質な皮革製品を供給するイギリスのかつて存在した皮革製品メーカー、もしくはそのブランドである。125年以上の歴史を持っていた。

概要[編集]

ロールス・ロイスベントレーアストンマーチンジャガー、TVR、MGローバー(傘下のランドローバー、ローバー、MGを含む)といったイギリスの自動車会社、およびレクサスフェラーリ日産といったイギリス以外の自動車会社に、ほとんどの場合は皮革のすべてを提供していた。[1]アメリカの自動車ブランドであるポンティアックは、2000年にトップレンジモデルであるボンネビルSSEiにコノリーレザーを使用した[2]

車の内装の他、第二次世界大戦で使用されたスーパーマリン スピットファイアの座席、B&Wシグネチャー800シリーズなどのハイエンドのオーディオスピーカーや、イギリスのロバーツラジオの"レトロ"トランシーバー、オーディオテクニカの限定版ヘッドホンATH-L3000[3]、カミーユ・フォルネの腕時計用ベルト[4]やレザーグッズ[5]等にも使用されている。

また、レザーケアアイテム(コノリーハイドフードなど)も販売された。

1878年から皮革製品事業を行なっていたが 2002年6月に取引を中止した。[6]

会社はもはや存在していないが、ブランドはメイフェアナイツブリッジのビスポーク店として残っている。[7]

コノリーハイドフードとレザークリーナーのレシピは、売却もしくはライセンスされ、市場に戻ってきている。

参考文献[編集]

  1. ^ History of leather care from”. Leather Care Direct. 2010年11月28日閲覧。
  2. ^ Pontiac Bonneville SSEi (2001)”. Theautochannel.com. 2010年11月28日閲覧。
  3. ^ オーディオテクニカ、限定500台のコノリー社コラボレート・レザーヘッドホンを発売”. phileweb.com (2003年10月24日). 2011年1月16日閲覧。
  4. ^ 時計ベルト・コノリーコレクション”. カミーユ・フォルネ・ジャポン. 2011年1月16日閲覧。
  5. ^ レザーグッズ・コノリー”. カミーユ・フォルネ・ジャポン. 2011年1月16日閲覧。
  6. ^ Leather care information from”. DT Concours. 2010年11月28日閲覧。
  7. ^ Connolly Leather Goods Shop London (Mayfair)”. Urbanpath.com. 2010年11月28日閲覧。