ジャック・ブラバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ブラバム
BrabhamJack1966B.jpg
基本情報
フルネーム サー・ジョン・アーサー・ブラバム
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・ニューサウスウェールズ州
生年月日 1926年4月2日(88歳)
F1での経歴
所属チーム '55,'57-'61 クーパー,
'56 マセラティ,
'62,'63 ロータス[1],
'62-'70 ブラバム
活動時期 1955 - 1970
出走回数 123
優勝回数 14
通算獲得ポイント 261
表彰台(3位以内)回数 31
ポールポジション 13
ファステストラップ 11
初戦 1955年イギリスGP
初勝利 1959年モナコGP
最終勝利 1970年南アフリカGP
最終戦 1970年メキシコGP
タイトル 3 (1959, 1960, 1966)
テンプレートを表示

サー・ジョン・アーサー・“ジャック”・ブラバムSir John Arthur "Jack" Brabham OBE, 1926年4月2日 - )はオーストラリア人の元F1ドライバー。1959年1960年1966年に3度ドライバーズチャンピオンを獲得した。

ブラバムの共同設立者でもあり、F1史上唯一、自らが設立したチームでチャンピオンとなった。F1黎明期の1950年代にドライバーズチャンピオンを獲得したドライバーの中で最後の存命者である。また、存命のF1優勝経験者の中で最高齢の人物でもある[2]

来歴[編集]

レースデビュー[編集]

オーストラリアのシドニー近郊で八百屋の息子として生まれる。機械工学を学び、戦時中はオーストラリア空軍で整備士として働いた。除隊後は機械工場を営みながらレースに参戦し、ミジェットカーレースやヒルクライムレースで活躍した。当時のライバルのひとりはアラン・ジョーンズの父親だった。

2年連続チャンピオン[編集]

1955年にイギリスに渡り、クーパーでレーサー兼メカニックとして働きながら、ミッドシップレーシングカーの開発に携わった。1955年のイギリスGPでF1デビューを果たし、1956年マセラティで1戦のみ参戦した後、すぐにクーパーチームに戻った。

1957年よりレギュラー参戦し、1959年の開幕戦モナコGPでF1初優勝を達成する。このシーズンはスターリング・モストニー・ブルックスとの争いを制して、オーストラリア人として初のF1チャンピオンに輝いた。最終戦アメリカGPでは最終ラップにガス欠となり、マシンを押しながらゴールした。

1960年は第4戦から第8戦まで5連勝を記録して悠々とタイトル連覇を決めた。軽量なミッドシップマシンを自在に駆るブラバムは、F1界のマシン革命の体現者となった。1961年には小排気量ミッドシップマシンのクーパー・クライマックスインディ500に持ち込こんで9位に入り、フロントエンジンのロードスターが時代遅れであることを示した。

ブラバム設立[編集]

ブラバムBT11に乗るジャック・ブラバム(1965年ドイツGP)

1961年には同郷出身のロン・トーラナックと共に、シャシーコンストラクターのモーターレーシング・ディベロップメント (MRD) を設立。F1には自らの名を冠したブラバムチームで参戦し、オーナー兼ドライバーとなる。1500ccエンジン時代のF1でブラバム個人は1勝もできなかったが、1964年ダン・ガーニーがブラバム・チームとしての初勝利をあげた。

また、4輪レース活動を始めたホンダと信頼関係を築き、ホンダ製F1マシンのテストのため来日している。F2では久米是志川本信彦らが開発したエンジンを搭載するブラバム・ホンダを駆り、1966年には14戦中11勝という快進撃を演じた。

3度目のチャンピオン獲得、引退[編集]

1966年オランダGPにて

1966年にF1のエンジン規定が3000ccにかわると、ブラバム・チームは低馬力であるが信頼性の高いV8のレプコエンジンを選択し、この狙いが的中する。 第3戦フランスGPでは、ドライバーとして自チームでの初勝利を記録。5年間勝てず限界説も囁かれていたが、ここから怒涛の快進撃をみせ3度目のチャンピオンを獲得した。1967年はチーム・メートのデニス・ハルムがチャンピオンになった。

ブラバム自身は1969年の負傷を契機に引退を考えるようになっていた。1970年は開幕戦で優勝し、モナコGPとイギリスGPでも優勝目前だったが、いずれも最終ラップにヨッヘン・リントに敗れた。このシーズン終了とともに引退し、チームをトーラナックに売却して、オーストラリアに帰国した。

引退後は実業家として、地元で農園や自動車販売業、航空会社を経営した。また、1971年ジョン・ジャッドと共にレーシングエンジンビルダーのジャッドを創設し、1994年にはシムテックの経営に参加するなど、引き続きレース界と深い関わりを持っている。

家族[編集]

ブラバム家はレーサー一家として知られ、3人の息子ジェフ・ブラバムゲイリー・ブラバムデビッド・ブラバムも様々なレースカテゴリで活躍した。デビッドは父の興したブラバムやシムテックに所属したが、F1で成功を収めることはできなかった。ブラバムチームも1992年をもって消滅した。

ジェフの息子(ジャックの孫)であるマシュー・ブラバムも若手レーサーとして期待されている。

人物[編集]

スターリング・モスと握手するブラバム(左の人物)、マシンはブラバム・BT19(2004年グッドウッド・リバイバル・ミーティングにて)
  • オーストラリアでの若手時代はダートトラックレースで腕を磨いた。実に巧みなブロックで知られ、接近する後続車に小石を浴びせる「テクニック」も披露した[3]
  • オセアニア地域からヨーロッパに渡って成功したドライバーの先駆けであり、ブルース・マクラーレンデニス・ハルムクリス・エイモンら後輩に道を拓いた。
  • ブラバム自身の黒い髪と無口なさまから、「ブラック・ジャック」とあだ名された[3]
  • 老成した雰囲気から、ドライバー仲間達に「年寄り」とからかわれた。40歳の誕生日後に迎えた1966年オランダGPでは、あごに付け髭を付け、杖をついてサーキットに現われて笑いを誘った[3]。そのレースはポール・トゥ・ウィンで優勝した。
  • 1985年にはイギリスのモータースポーツへの貢献を認められ、イギリス王室からナイト爵を授けられた。木訥な性格からか、エリザベス女王から称号を授与された際も、「ありがとう」と一言しか言えなかったそうである。
  • 2013年6月15日ホセ・フロイラン・ゴンザレスが亡くなったため、「F1における優勝経験者の中で最高齢の人物」となる[2]

脚注[編集]

  1. ^ チーム・ロータスのマシンをブラバムチームがレンタルしたため、コンストラクター記録上では「ロータス」となる。
  2. ^ a b “ホセ・フロイラン・ゴンザレスが逝去”. ESPN F1. (2013年6月16日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/111389.html 2013年6月16日閲覧。 
  3. ^ a b c Gerald Donaldson. “Jack Brabham” (英語). Formula One Administration Ltd. 2010年5月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]