フォード・ファルコン (オーストラリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォード・ファルコン (オーストラリア)

フォード・ファルコン (Ford Falcon) は、フォード・オーストラリアが生産・販売する自動車である。

なお、フォード・ファルコンの名称は他にも下記の2つの車両にも用いられている。

概要[編集]

1950年代フォード・オーストラリアは、イギリス・フォードと同じゼファーコンサルゾディアックなどを現地生産しており、これらのモデルは概ね好評であったが、輸入部品による高い関税が影響して車両価格面でライバルであるホールデン車の人気におされ、売り上げが悪化していた。そのためフォード・オーストラリアは、ホールデン車に対抗できる現地生産車を立ち上げることを決定した。

当初イギリス・フォードから高額の型鋳造を購入してゼファーの組み立てが検討されていたが、1958年にデトロイトのフォード本社を訪れた幹部らは、北米デビューが準備されていた北米におけるファルコンをみて、ライバルのホールデン車(FBシリーズ)とほぼ同じサイズでありながら、より低く、ワイドでモダンであり、ワイドボディーはベンチシート6人乗りが可能で、さらに2速オートマチックも用意されており、即座にこれは新しいプロジェクトに最適なモデルだと判断され、このファルコンが新たなオーストラリア車として生産されることが決定された。

1959年フォード・オーストラリアは、メルボルン北部のブロードメドウズにファルコンを製造するための新工場を建設。工場はカナダで設計され、通常メルボルンに雪は降らないが、屋根は雪が溜まらない様な形状をしていた。

こうして誕生したオーストラリア製のファルコンは、1960 - 70年にかけては米国フォードのファルコンを右ハンドル化し、オーストラリアの過酷な道路に対応できるように改良したものを生産していたが、本家ファルコンの生産が終了したあと、1972年のXAモデルから開発・設計とも完全にオーストラリア独自になった。

その結果ファルコンはロングセラー車となり、そのほとんどがオーストラリアニュージーランドという小さな市場だけで、累計300万台以上を売り上げている。またオーストラリアの乗用車売り上げチャートで何度もトップの座を獲得しており、同国のライバルであるホールデン・コモドアと並ぶ人気車種である。ただし上記の通りオセアニア以外には大々的な輸出が行なわれていないため、日本をはじめとする他地域での知名度は決して高くないが、XB型が映画「マッドマックス」で使われるインターセプターのベース車輌に使われたことで知られている。

2010年6月28日朝、ファルコン誕生50周年とフォード・オーストラリアの創業85周年を記念した祝典がブロードメドウズ工場で行なわれ、従業員達の初代XKモデルから最新型まで新旧200台以上のファルコンが生産ライン裏の駐車場に集結。 さらに工場内では約1時間操業を停止し、歴代モデルを生産ラインに並べるなどの式典が開催された。 フォード・オーストラリアは、この50年間でマイナーチェンジを含め約27モデル、約350万台のファルコンを生産した。 なおファルコンのモデルネームは世界中の数あるフォード車のモデル名の中で、最も長く続いているものになっている。

2013年5月23日、フォード・オーストラリアは2016年10月をもって56年の歴史を持つファルコンを廃止すると共に、ブロードメドウズ工場を閉鎖すると発表した。フォードはブロードメドウズ工場の生産コストは同社のアジア工場に比べて約4倍、ヨーロッパの工場と比べても2倍のコストが掛かっていることに加え、ファルコンをはじめとする大型セダンの売り上げが大幅に落ちていることを理由に90年間続くオーストラリアでの自動車生産に幕を閉じることを決定した。


歴史[編集]

初代(1960年-1966年)[編集]

XKファルコン[編集]

フォード・XKファルコン
XKファルコン セダン
Xk-falcon.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 2.3L(144ci) OHV
変速機 3MT/2AT
駆動方式 FR
全長 4,602mm
全幅 1,778mm
全高 1,384mm
ホイールベース 2,781mm
車両重量 1,105kg
-自動車のスペック表-

1960年9月登場。当初は4ドアセダンのみで、「ファルコン」と「ファルコン・デラックス」2つのトリムグレード展開。基本的に北米のファルコンを右ハンドル化しただけのものだったが、田舎のディーラーでは悪路に対応するために、強化リアサスペンションやより大きな6.50 x 13インチタイヤへの改良が頻繁に行なわれていた。

1960年11月、ステーションワゴンを追加。

1961年5月、Utilityとパネルバンが追加されボディ・ラインナップを拡大。正式名称はそれぞれ「Falcon Utility」と「Falcon Sedan Delivery」であった。

ファルコンの売り上げは好調で、オーストラリアにおいて初めてホールデン車を脅かす存在が現れたとされた。


XL[編集]

フォード・XLファルコン
XLファルコン デラックス・セダン
Ford Falcon XL Sedan.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 2.3L(144ci) OHV
変速機 3MT/2AT
駆動方式 FR
全長 4,602mm
全幅 1,778mm
全高 1,384mm
ホイールベース 2,781mm
車両重量 1,106kg
-自動車のスペック表-

一部を豪州独自に改良したXLモデルは1962年初頭に登場。フェアレーンの強化サスペンションシステムを流用。

その他、シリーズのトップモデルとして「Falcon Futura Sedan」と「Falcon Squire Station Wagon」が追加され、ステーションワゴンは、ボディーサイドとテールゲートに木目調のデコレーションが付いていた。


XM[編集]

フォード・XMファルコン
XMファルコン セダン
Ford Falcon XM Sedan 1.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 2.3L(144ci) OHV
直6 2.8L(170ci) OHV
直6 3.3L(200ci) OHV
変速機 3MT/2AT
駆動方式 FR
全長 4,651mm
全幅 1,793mm
全高 1,394mm
ホイールベース 2,781mm
車両重量 1,106kg
-自動車のスペック表-

初のオーストラリア・デザインのボディで1964年に登場。テールライトはオーストラリアの環境に合わせて位置が高くされ、フロントはクロームグリルで覆われたマスクを採用。ステアリング・リンケージが強化され、タイロッドは北米モデルの1/2インチから9/16インチへとアップグレードされた。

サスペンションも同時に改良が施された。2ドアハードトップボディーも追加され「Falcon Deluxe」と「Falcon Futura」のグレードが用意された。


XP[編集]

フォード・XPファルコン
XPファルコン セダン
Ford Falcon XP Sedan.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 2.3L(144ci) OHV
直6 2.8L(170ci) OHV
直6 3.3L(200ci) OHV
変速機 3MT/2AT/3AT
駆動方式 FR
全長 4,658mm
全幅 1,793mm
全高 1,420mm
ホイールベース 2,781mm
車両重量 1,175kg
-自動車のスペック表-

このXPから、上級グレードにあたるフェアモントが登場。このXPモデルの成功が フォード・オーストラリアの将来を支える重要なモデルとされ、You-Yangsテストグラウンドで、70mph (110km/h) 以上で110,000kmを走るという冒険的なデモンストレーションが行なわれ、これが成功すると同時に名声のあるオーストラリア売り上げNo.1の月刊自動車誌「Wheels」のWheels Car of the Yearに輝く。

2速のオートマチックは3速へと進化、フロント・ディスクブレーキがオプション設定される(フェアモントとハードトップモデルには標準装備)。北米モデルの流れを汲むステーションワゴンのSquireレンジはこのモデルが最後となり、「Futura Sedan」と「Squire Wagon」は新たに登場したフェアモントに移行する[1]

このXPレンジには、Bill Warnerによる260ci/289ciのV8エンジンが3速オートマチックまたは4速マニュアルと組み合わせて搭載されたモデルも存在した。これらは後述する次世代モデルのGT Falconの先行車となる。

ラリー競技[編集]

1964年のハンディキャップ制度における小排気量車優勢となっていたラリー・モンテカルロでボー・リュングフェルトのドライブにより大排気量を活かし全SSタイム上トップタイムをマークしていたが、この重いハンデ制により総合成績は2位に留まる[2]

2代目(1966年-1972年)[編集]

XR[編集]

フォード・XRファルコン
XRファルコン セダン GT
Ford Falcon XR GT 1967.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 2.8L(170ci) OHV
直6 3.3L(200ci) OHV
V8 4.7L(289ci) OHV ウィンザー
変速機 3MT/3AT
駆動方式 FR
全長 4,689mm
全幅 1,875mm
全高 1,389mm
ホイールベース 2,781mm
車両重量 1,333kg
-自動車のスペック表-

1966年9月、2代目へとモデルチェンジ。スタイリングはアメリカの同年型をベースとしていた。 "Mustang bred Falcon"(マスタング育ちのファルコン)と宣伝されオーストラリア・ファルコン初のV8エンジンモデルが登場。 そのV8は289ci (4.7L)のWindsorエンジンで、それまでは一部の高級車に限られていたV8エンジンを、オーストラリア製乗用車と して初めて全てのトリムにオプション設定された。 直6エンジンは、144ci (2.4L)が廃止されベースモデルが170ci (2.8L)、他に200ci (3.3L)が選択できた。

グレード展開はファルコン、ファルコン 500、フェアモント・セダン、ファルコン・ワゴン、ファルコン 500ワゴン、フェアモント・ワゴン、 ファルコンUtilitie (Ute)、ファルコン 500 Utilitie、ファルコン・バンの計9種類 新型のワゴンのホイールベースはセダンと共通の111inch (2,800mm)であり、アメリカのファルコン・ワゴン115inch (2,900mm)とは 異なっていた。

ファルコン 500は先代XPのファルコン・デラックスの後継として設定された。なお先代にあった2ドアハードトップボディは設定されなかった。このXRも先代XPに続き1966年Wheels Car of the Yearに輝く。

1967年販売戦略上マスタングのスポーティなイメージをアピールするため225bhpを発生するマスタングと共通の289ci (4.7L) Windsor V8エンジンを搭載したファルコンGTシリーズが登場する。このモデルの登場がオーストラリアン・マッスルカーの幕開けとなる。 一部を除いては全て'GT Gold'(ゴールド)のボディカラーにペイントされていた。その他には8台の"Gallaher Silver"(シルバー)とRusset Bronze(ブロンズ)、Sultan Maroon(マルーン)、Polar White(ホワイト)、Avis White(ホワイト)、Ivy Green(グリーン)の5色があった。 スペック上は同じだがゴールド以外のボディカラーは特に希少である。


XT[編集]

フォード・XTファルコン
XTファルコン セダン GT
Ford XT Falcon GT.JPG
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.1L(180ci) OHV
直6 3.6L(221ci) OHV
V8 5.0L(302ci) OHV ウィンザー
変速機 3MT/3AT
駆動方式 FR
全長 4,689mm
全幅 1,875mm
全高 1,389mm
ホイールベース 2,781mm
車両重量 1,324kg
-自動車のスペック表-

1968年、一部改良されたXTモデルに進化。フロントグリルが分割され、GTモデルはフォグランプとボディサイドに ピンストライプが装備された。直6エンジンは188ci (3.1L)と221ci (3.6L)が選択できた。V8エンジンは従来の289ci (4.7L) から新型の302ci (4.9L)Windsorに変更された。


XW[編集]

フォード・XWファルコン
XWファルコン セダン
Ford Falcon XW Sedan.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.1L(180ci) OHV
直6 3.6L(221ci) OHV
V8 5.0L(302ci) OHV ウィンザー
V8 5.8L(351ci) OHV ウィンザー
変速機 3MT/4MT/3AT
駆動方式 FR
全長 4,689mm
全幅 1,869mm
全高 1,417mm
ホイールベース 2,819mm
車両重量 1,340kg
-自動車のスペック表-

1969年登場。GTは、カナダ製の351ci (5.8 L)Windsorエンジンを搭載。291hp (217 kW)を発揮。

GTはワイドボディにレーシングスタイルのスクープ付きブラックアウトボンネットや'Super Roo'ボディストライプなどの専用意匠を持つ。この時代はレース活動も盛んであり、「日曜日のレースで優勝を飾り、月曜日にその市販車を売る」とまで言われた。

そして1969年8月にGT-HOモデルが登場する。このGT-HOはホモロゲーション向けに生産され外装は普通のGTと見分けがつかないほどだったが、よりハイパフォーマンス化されたエンジンとサスペンションを備えており、'HO'とはHandling Option(ハンドリング・オプション)の意味だった。フェイズIモデルでは351ci Windsor V8、翌1970年に登場したフェイズIIモデルでは351 Clevelandに変更され300hp (224 kW)を発揮した。 このGT-HOは2000年代後半、400,000豪ドルのプレミアム価格を付けたこともある。

XWでは、GS ('Grand Sport') オプションも追加された。エンジンラインナップはXT同様、直6が188ci (3.1L)と221ci (3.6L)の2種、 V8は302ci Windsorが搭載されており、GTシリーズと同意匠のスポーツインストルメントパネルとスポーツホイールトリム、ボディストライプなどが装備された。GTシリーズはXAモデルまでで姿を消したが、このGSは1978年のXCモデルまで続きGTよりロングセラーとなった。


XY[編集]

フォード・XYファルコン
XYファルコン セダン
Ford Falcon XY Sedan.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.3L(200ci) OHV
直6 4.1L(250ci) OHV
V8 4.9L(302ci) OHV ウィンザー
V8 5.8L(351ci) OHV ウィンザー
変速機 3MT/4MT/3AT
駆動方式 FR/4WD
全長 4,689mm
全幅 1,869mm
全高 1,417mm
ホイールベース 2,819mm
車両重量 1,362kg
-自動車のスペック表-

1970年10月、XY登場。直6エンジンがさらに拡大され、200ci (3.3L)と250ci (4.1L)となる。2V(ツイン・ベンチュリー)の351 クリーブランドV8がセダン全モデルにオプション。この1970年のGTとGT-HOもコレクターズアイテム化している。 1971年351クリーブランドV8エンジンをアップグレードし385bhp (287kW)を発生した1971 XY GT-HO フェイズIIIが 登場。最高速度は141.5mph (227.7km/h)に達しオーストラリア製4ドア量産車で最速であった。

なお直6エンジンはオーストラリア製で、V8エンジンは当初輸入品で1972年半ばからオートマティック用を含め地元のGeelong Foundry製になった。トランスミッションはフォードとボルグワーナー製があり、ボルグワーナーはリアアクスルも供給していた。

1972年オーストラリア製乗用車初の四輪駆動バージョンがラインナップに追加される(Uteのみ)。

このXY型ファルコンはその輝かしいレース活動や、当時最速を誇ったパフォーマンス、製造クオリティなどを含め2000年代後半に「ベスト・ファルコン」と言われており、他の世代に比べても高価格で取引されている。


3代目(1972年-1979年)[編集]

XA[編集]

フォード・XAファルコン
XAファルコン 500 セダン GSラリーパッケージ
Ford XA Falcon 500 Sedan with GS Rally Pack.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.3L(200ci) OHV
直6 4.1L(250ci) OHV
V8 4.9L(302ci) OHV ウィンザー
V8 5.8L(351ci) OHV ウィンザー
変速機 3MT/4MT/3AT
駆動方式 FR/4WD
全長 4,737mm
全幅 1,900mm
全高 1,369mm
ホイールベース 2,819mm
車両重量 1,369kg
-自動車のスペック表-

北米の本家ファルコンの生産が終了し、この型から開発・設計とも完全にオーストラリア独自のモデルとなるが、しばらくはベースの同じフォード・トリノとの類似性が容易に発見できた。


XB[編集]

フォード・XBファルコン
XBファルコン 500 セダン GSラリーパッケージ
Ford XB Fairmont GS V8 02.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.3L(200ci) OHV
直6 4.1L(250ci) OHV
V8 4.9L(302ci) OHV ウィンザー
V8 5.8L(351ci) OHV ウィンザー
変速機 3MT/4MT/3AT
駆動方式 FR/4WD
全長 4,737mm
全幅 1,900mm
全高 1,369mm
ホイールベース 2,819mm
車両重量 1,369kg
-自動車のスペック表-

1973年、XB登場。マルチファンクション(ターンシグナル、ライトコントロール、ホーン)コンビネーションレバーを採用。また、パネルバンとUtilityにそれぞれ"Surferoo" と "Surfsider"トリムグレードが追加される。


XC[編集]

フォード・XCファルコン
XCファルコン GS セダン
Ford Falcon XC GS Sedan.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.3L(200ci) OHV
直6 4.1L(250ci) OHV
V8 4.9L(302ci) OHV クリーブランド
V8 5.8L(351ci) OHV クリーブランド
変速機 3MT/4MT/3AT
駆動方式 FR
全長 4,866mm
全幅 1,900mm
全高 1,369mm
ホイールベース 2,819mm
車両重量 1,475kg
-自動車のスペック表-

新しい公害対策基準「ADR27A」を初めてクリアして1976年に登場。


4代目(1979年-1988年)[編集]

XD[編集]

フォード・XDファルコン
XDファルコン ユート
Ford Falcon XD 1982 Ute Front.JPG
XD フェアモント セダン ギア
Ford Fairmont Ghia XD Sedan.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.3L(200ci) OHV
直6 4.1L(250ci) OHV
V8 4.9L(302ci) OHV ウィンザー
V8 5.8L(351ci) OHV ウィンザー
変速機 3MT/4MT/3AT
駆動方式 FR
全長 4,729mm
全幅 1,860mm
全高 1,367mm
ホイールベース 2,819mm
-自動車のスペック表-

XD (Project Blackwood) は、1979年にそれまでのアメリカ調から一新、ヨーロッパ調のクリーンで、空気抵抗を約10%改善したスタイリングを纏って登場した。

欧州フォードグラナダと酷似した意匠であったが、こちらの方が若干大きく高級感は落とされていた。

ボディーを強化することで多くの構成部品を取り除くことができ、軽量化され運動性能やブレーキ性能の向上が図られた。トランスミッションは、6人乗りモデルが3速コラムマニュアルと3速コラムオートマティック、5人乗りモデルは4速フロアマニュアルと3速フロアオートマチック。「Fairmont Ghia」グレードは「GXL」に変更。

当初、初代ホールデン・コモドアにクオリティや燃費面で粘り強く追いまわられたが、1980年にアロイヘッド・エンジンが投入され、これにより1950年代をルーツとする旧態化したOHV 6気筒エンジンの燃費が向上した。またオーストラリア政府が1979年の第二次オイルショックを期に、より厳しい公害防止策を打ち出したためハイパフォーマンスカーの開発が縮小された。

後にフォードはこの時、ファルコンをコードネームCapriocornと名づけられた小型のFWDセダンとハッチバックに置き換えることを検討をしていたが、1981年ファルコンの販売が好調だったためそのプロジェクトはキャンセルされた。 また5ドアハッチバックのみだった欧州フォードのスコーピオを4ドアセダン化する案もあり、こちらはクレイモデルが作られるところまで進んでいた。


XE[編集]

フォード・XEファルコン
XEファルコン GL セダン
Ford Falcon XE Sedan.jpg
XE フェアモント セダン
1982-1984 Ford XE Fairmont.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.3L(200ci) OHV
直6 4.1L(250ci) OHV
V8 4.9L(302ci) OHV ウィンザー
V8 5.8L(351ci) OHV ウィンザー
変速機 3MT/4MT/5MT/3AT
駆動方式 FR
-自動車のスペック表-

オイルショックが収まり、ダウンサイジングされたホールデン・コモドアに奪われていた顧客がまたフルサイズのファルコンに戻ってきた1982年モデルのXEは、ワッツリンクコイル・リアサスペンション、省燃費デファレンシャルレシオ(4.1Lモデル)、オプションで5速マニュアルも用意され、この10年余りで初めてライバルであるホールデン・コモドアに販売面で優位に立った。

そして実に1988年にコモドアがフルサイズクラスに戻るまでの間ファルコンはオーストラリアの乗用車売り上げNo.1の座を維持した。

また、フォード・オーストラリア製のV8エンジンは1982年までと発表されていたが、大量の部品在庫があったため組み立ては1984年まで続いた。またこの時期には351ciのNASCARで使われるのと似たレース用のエンジンも国内レース向けに組み立てていたが、1985年に351ciエンジンによるレース活動が終了すると、残りのエンジンはアメリカ市場に販売された。

4.9LのV8エンジンに取って代わり4.1L電子制御燃料噴射の直6エンジンが投入され、その結果V8エンジンは1983年から1991年までの間姿を消すことになる。


XF[編集]

フォード・XFファルコン
XFファルコン GL セダン
1986-1988 Ford XF Falcon GL sedan 03.jpg
XF フェアモント セダン
1986-1988 Ford XF Falcon GL sedan 01.jpg
XF フェアモント パネルバン
1990 Ford XF Falcon Panel Van 01.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン 直6 3.3L(200ci) OHV
直6 4.1L(250ci) OHV
変速機 3MT/4MT/5MT/3AT
駆動方式 FR
全長 4,775mm
全幅 1,860mm
全高 1,367mm
車両重量 1,333kg
-自動車のスペック表-

XFのセダンとワゴンは1984年10月から1988年2月にかけて販売された。1986年1月からは無鉛ガソリン対応に改良されている。またUteは、1993年3月まで生産された。

ハンドリングや乗り心地に関しては優秀とされたが、パワーアシストのなかったステアリングは、駐車時など低速では重くまたUターン時などのキックバックがとても強かった。

パワーステアリングと4輪ディスクブレーキは1986年に標準化された。XFの販売は好調で累計27万8千台あまりが生産された、


XG[編集]

フォード・XGファルコン
XGファルコン ロングリーチ GLi バン
Ford XG Falcon Longreach GLi Van.jpg
ボディタイプ 2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン >直6 3,984cc OHC
変速機 5MT/4AT
駆動方式 FR
全長 4,920mm
全幅 1,860mm
全高 1,388mm
ホイールベース 2,957mm
車両重量 1,525kg
-自動車のスペック表-

セダンとワゴンが5代目EAシリーズにモデルチェンジされた後も、商用車であるUteとパネルバンはXF型が継続された。しかしエンジンは新しいEAシリーズのOHCが投入された。

XGは1993年3月に登場。ファルコンの商用モデルUteにLongreachという新たなサブネームと共に新エンジンが投入された、外装もアップデート。3速のコラムマニュアルが廃止(コラムオートマティックは継続)。

サブネームの'Longreach'とは、オーストラリア北東部に位置するクイーンズランド州の地名であり、そこはカンタス航空発祥の地で、有名な牧夫のホームタウンであるなど、タフなワークホースのイメージに由来している。このモデルのメディアへの発表はこの地で行われた。


XH[編集]

フォード・XHファルコン
XH ファルコン ロングリーチ ユート
1996-1997 Ford XH Falcon Longreach utility 01.jpg
ボディタイプ 2ドアユート
2ドアパネルバン
エンジン >直6 3,984cc OHC
V8 4,962cc OHV
変速機 5MT/4AT
駆動方式 FR
全長 4,920mm
全幅 1,860mm
全高 1,388mm
ホイールベース 2,957mm
車両重量 1,520kg
-自動車のスペック表-

XHのUteとパネルバンは1996年に発表された。このモデルは実質的にはXGモデルにEF型セダン・ワゴンのフロントマスクを与えただけのモデルである。1997年11月にシリーズIIが登場し、商用モデルにもV8エンジンが復活した。パネルバンは人気が下降しこの世代を最後に生産を終了した。


5代目(1988年-1998年)[編集]

EA[編集]

フォード・EAファルコン
EA ファルコン セダン
Ford Falcon EA Sedan.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン 直6 3.2L OHC
直6 3.9L OHC
変速機 5MT/3AT/4AT OD
駆動方式 FR
全長 4,811 - 5,003mm
全幅 1,857mm
全高 1,399 - 1,483mm
車両重量 1,418 - 1,508kg
-自動車のスペック表-

1988年2月、販売開始。 5代目ファルコンは当初マツダ・626マツダ・929、米国フォードのトーラス/セーブルなどの車体を流用することが検討されていたが、ボディサイズなどが豪州市場に合わないため、結局7億豪ドルの開発費をかけてEA26型として独自に開発された。外装は再び欧州フォードのスコーピオと酷似したものとなったが、中身は完全に豪州設計であり、ファルコン史上初の風洞実験が取り入れられ、Cd値は旧型の0.44から0.34へと大幅に向上した。

このEA型はセダンとワゴンのみラインアップされ、ユートとパネルバンについては旧型のXFファルコンが継続生産された。また、型式のEA26のEはラージサイズ、AはAustralia、26はフォードのグローバル・プロジェクトナンバーを意味している。

1979年の第二次オイルショックで小型化されたライバルのホールデン・コモドアに対して、ファルコンはフルサイズのワイド ボディや後輪駆動を守り抜き、結果的にそれが販売好調につながっており、このことからオーストラリアでは以前よりは小さくなったとは 言え、やはりフルサイズのファミリーカー人気が高いことが明確になった。さらにワイドボディーは、前席にベンチシートを取りつけて横に3人座っても快適なことから、オーストラリアのタクシー車需要でもフォードが優位に立つことができた。

エンジンは直列6気筒 3.2L CFIエンジン、および3.9L、3.9Lマルチポイント・インクジェクションが搭載され、T50D 5速マニュアルトランスミッションと、ボルグワーナー M51 3速オートマチックトランスミッションが組み合わせられた。なお、M51についてはシリーズIIに改良する際にBTR 85LE 4速オートマチックトランスミッションに変更された。

グレード構成は、ベースモデルの「GL」、上級モデルの「Fairmont」、最上級モデルの「Fairmont Ghia」、スポーツモデルの「S」がラインアップされ、FairmontとSについては3.9Lエンジンが、Fairmont Ghiaについては3.9L MPIエンジンが搭載された。

1989年10月、一部改良でシリーズIIとなる。GLに搭載された3.2Lエンジンが廃止され、同時にM51 3速ATがBTR 85LE 4速ATに変更される。


EB[編集]

フォード・EBファルコン
EB II フェアモント セダン
1992-1993 Ford EB II Fairmont sedan 03.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン 直6 3.9L OHC
直6 4.0L OHC
V8 4,942cc OHV ウィンザー
変速機 5MT/4AT
駆動方式 FR
全幅 1,857mm
全高 1,399 - 1,483mm
ホイールベース 2,794 - 2,923mm
-自動車のスペック表-

1991年登場の、EAファルコンのマイナーチェンジモデルとして発売。エクステリアデザインの変更点としては、フロントのフォード「ブルーオーバル」エンブレムがボンネットからグリル内に移された点や、Cピラーのエアベントの廃止、リバースランプがリアコンビランプ内から独立して、ナンバープレートの両側に移設されたことなどが挙げられる。

メカニズム面ではV8 4.9Lエンジン搭載モデルが登場し、V8エンジンの復活が自動車誌から高く評価される。ただしこの時点ではセダンとワゴンのみの復活で、ユートのV8エンジン復活は1997年のXH型となる。また、サスペンション・ジオメトリーも変更されグリップ性能やステアリングフィールが改善された。

また、「ファルコンGT」生誕25周年を記念してスポーツタイプの「GT」が250台限定で作られ、このEB型からスポーツモデルの「XR6」と「XR8」が新たに登場した。

1992年4月、1億豪ドルが費やされて改良されたシリーズIIを発表。直6エンジンは3949ccから3984ccへとわずかに拡大され、表記上も3.9Lから4.0Lへと変更された。トランスミッションや電装系も改良され、外装もわずかに変更を受けベースモデルでもボディカラードバンパーが装備され、無塗装だったアウタードアハンドルも同色ペイントが施された。


ED[編集]

フォード・EDファルコン
ED ファルコン GLi ステーションワゴン
1993-1994 Ford ED Falcon GLi station wagon 03.jpg
ED ファルコン GLi セダン
1993-1994 Ford ED Falcon GLi sedan 02.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン 直6 3,984cc OHC
V8 4,942cc OHV ウィンザー
変速機 5MT/4AT
駆動方式 FR
全幅 1,857mm
全高 1,399 - 1,483mm
ホイールベース 2,794 - 2,923mm
-自動車のスペック表-

1993年8月、EBファルコンのマイナーチェンジモデルとして発売。

フロントグリルの形状が楕円形に変更され、XRシリーズについては丸目4灯ヘッドライトが採用された。

グレード体制の変更も行われ、「Futura」グレードが復活し、ボディカラー同色のドアミラーが装備されたほか、最上級グレードの「Ghia」がワゴンモデルには設定されなかった。

1994年8月、生産終了。


EF[編集]

フォード・EFファルコン
EF ファルコン GLi セダン
1994-1995 Ford EF Falcon GLi sedan 02.jpg
EF ファルコン GLi ステーションワゴン
1994-1996 Ford EF Falcon GLi station wagon 01.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン 直6 3,984cc OHC
V8 4,942cc OHV ウィンザー
変速機 5MT/4AT
駆動方式 FR
全長 4,906 - 5,36mm
全幅 1,857mm
全高 1,440 - 1,540mm
ホイールベース 2,794 - 2,923mm
車両重量 1,536kg
-自動車のスペック表-

1994年8月、EDファルコンのマイナーチェンジモデルとして発売。エクステリアデザイン・インテリアデザインが大幅に変更され、エクステリアデザインについては、フロント・リアのドアのみをEA-EDファルコンと共有し、さらにドアについてもドアハンドルの設計は変更された。ただしワゴンのリアスタイルは変更されなかった。

また、直列6気筒 4Lエンジンの出力が向上され、サスペンションにも改良が施された。

1995年10月、一部改良でシリーズIIとなり、XR6のステーションワゴンモデルが廃止されたほか、ポリカーボネート製のヘッドライトレンズが採用された。


EL[編集]

フォード・ELファルコン
GLi
1997 Ford EL Falcon GLi.jpg
XR8
1996-1998 Ford EL Falcon XR8 sedan 01.jpg
Fairmont Ghia
1996-1998 Ford EL Fairmont Ghia sedan 01.jpg
ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン 直6 4L
V8 5L ウィンザー
変速機 4AT/5MT
駆動方式 FR
全長 4,906 - 5,055mm
全幅 1,861mm
全高 1,453mm
ホイールベース 2,791mm
車両重量 1,536 - 1,704kg
-自動車のスペック表-

1996年、EFファルコンのマイナーチェンジモデルとして発売。改良には4,000万オーストラリア・ドルが費やされた[3]

外観での変更点としては、「GLi」と「Futura」に楕円形のフロントグリルが復活したことが挙げられる。XRシリーズについてもヘッドライトが改良され、ステーションワゴンについては、リアのウインカーがクリア化された。また、Fairmontシリーズには、専用のフロントデザインが採用された。内装についても、シートやヘッドレストの変更などが行われた。

また、サスペンションやパワーステアリングにも改良が施されたが、直6エンジンについては出力・トルクともに向上はなされなかった。

グレードは、ベースモデルの「GLi」、中級グレードの「Fairmont」、上級グレードの「Fairmont Ghia」、スポーツモデルのXRシリーズが用意された。直6エンジン搭載車には5速マニュアルトランスミッションが組み合わせられ、4速オートマチックトランスミッションがオプションとして用意された。また、V8エンジン搭載のXR8にも5速マニュアルトランスミッションが採用されたが、他のV8エンジン搭載車には4速オートマチックトランスミッションが採用された。

1997年10月、XR8に搭載されるV8エンジンの出力、トルクを向上。

1998年には生産を終了し、AUファルコンにモデルチェンジ。販売は好調で、年間販売台数はファルコン史上最高を記録し、さらに、2年間しか販売期間がなかったにもかかわらず、次期モデルのAUファルコンの4年間の販売台数を上回った。


6代目(1998年-2008年)[編集]

AU[編集]

フォード・AUファルコン
シリーズIII
2002 Ford AU III Falcon SR Forte sedan 01.jpg
XR
1999 Ford AU Falcon XR8 01.jpg
乗車定員 2/5人
ボディタイプ 2ドアユート
4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン 直6 4L Intech (VCT)
直6 4L Intech LPG
V8 5L/5.6L ウィンザー
変速機 4AT/5MT
駆動方式 FR
全長 4,907-5,077mm
全幅 1,870-1,871mm
全高 1,870-1,871mm
ホイールベース 2,793-3,096mm
車両重量 1,437-1,645kg
-自動車のスペック表-

1998年9月、生産を開始。デザインコンセプトは「New Edge」で、若年層を取り込むため、これまでのファルコンとは一線を画したデザインとなった。

開発当初はトーラススコーピオマツダ・MS-9などに用いられるプラットフォームを採用するという計画もあったが、室内空間の確保やオーストラリアにおける雇用増進のため、これまでのプラットフォームを再設計して用いることとなった。設計は1994年に開始され、設計費用として7億オーストラリア・ドルを要した。

また、軽量化も図られ、ボディシェルの強度を17.5%向上。また、燃費についても8%向上させた。

グレード構成は、ベースグレードの「Forte」、その上のグレードの「Futura」、スポーツエントリーモデルの「S」、ラグジュアリーエントリーモデルの「Fairmont」、スポーツモデルのXRシリーズが用意された。なお、シリーズIには各グレードに独自のフロントグリルが装着され、XRはフロントのデザインが大幅に変更された。また、「S」についてはワゴンには設定されず、セダンのみの設定となった。

エンジンは、直列6気筒 4Lガソリンエンジンおよび4L LPGエンジン、V型8気筒 Windsor 5Lおよび5.6Lエンジンが搭載され、4速オートマチックおよび6速マニュアルトランスミッションが組み合わせられた。

エッジのきいたデザインが購入層に受けず、また大型車の不人気や、商用モデルの価格改定により、販売は振るわなかった。

1999年6月、ピックアップモデルのユートを追加。セダンとは異なり、販売は好調であった。

2000年4月、一部改良。シリーズIIとなる。フロントグリルを変更した。

2001年11月、一部改良。シリーズIIIとなる。

2002年9月、AUファルコンの生産を終了。


BA[編集]

フォード・BAファルコン
XR6
Ford xr602.jpg
XT
2004-2005 Ford BA II Falcon XT sedan 01.jpg
2004-2005 Ford BAII Falcon XT 02.jpg
乗車定員 2/5人
ボディタイプ 2ドアユート
4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン 直6 4L Barra 182/245T
V8 5.4L Barra 220/Boss 260
直6 4L Barra E-Gas
変速機 4AT/5MT/6MT
駆動方式 FR
全長 4,916-5,053mm
全幅 1,864mm
全高 1,444mm
ホイールベース 2,829mm
車両重量 1,620-1,740kg
-自動車のスペック表-

2002年9月、AUファルコンのマイナーチェンジモデルとして生産を開始。エクステリアデザインが大幅に変更された。

開発には5億オーストラリア・ドルが投資され、約24,000時間をかけてエンジン、耐久性のテストを行った。また、サスペンションのテストにはドイツのニュルブルクリンクも利用され、アンチロック・ブレーキ・システム横滑り防止機構については、オーストラリアのほか、スウェーデンでも調整がなされた[4]

デザインについては、デザインディレクターのスコット・ストロングの主導で設計され、2001年のストロング退任後は、サイモン・バターワースが設計を引き継いだ。デザインは、ヨーロピアンなデザインを取り入れることで、不評であった「New Edge」デザインを除去し、まったく新しいデザインとした。また、インテリアデザインについても、インテリアデザインディレクターのマーカス・ホットブラックらにより、ヨーロピアンなものが採用された。

また、アンテナを格納式のものからリアウインドウ部への配置に変更したことで、AUファルコンで問題となったアンテナ損壊を防いだ。

エンジンは、直列6気筒 4LエンジンはBarraエンジンに変更され、ターボエンジンのほか、LPG仕様のE-Gasエンジンもラインアップされた。V8エンジンについても、5.4LのBarraエンジンおよびBossエンジンに変更された。なお、トランスミッションについては4速オートマチックと5速マニュアルトランスミッションが用意され、また、セダンには新設計のインディペンデント・リアサスペンションが採用され、ワゴンとユートについては、リーフ式サスペンションが引き続き採用されたため、セダンのみ重量が大幅に増加した。

グレード構成は廉価モデルの「XT」のほか、「Futura」、XRシリーズ、「Fairmont」はAUファルコンに引き続き設定され、XRシリーズについては6気筒エンジンを搭載するXR6と、8気筒エンジンを搭載するXR8が用意され、ヘッドライトのデザインが変更された。

販売はAUファルコンと異なり好調で、販売シェアでは2度コモドアを上回ったが、最高販売記録を持つELファルコンには届かなかった。

安全性については、ANCAPにおいて、34ポイント中27.27ポイントを獲得し、5スター中の4スターを獲得した。

2002年12月には、36年ぶりにホイールズ誌のカー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。また、3年にわたり4つのオーストラリアのベストカーアワードを獲得するなど、高く評価された。

2004年10月、外装など一部改良。マークIIとなる。XR6ターボとXR8には新たにボルグワーナー製のT56マニュアルトランスミッションを採用した。

2005年10月、BAファルコンの生産を終了。


BF[編集]

フォード・BFファルコン
マークII XT
MHV Ford BF Falcon XT 2007 01.jpg
乗車定員 2/5人
ボディタイプ 2ドアユート
4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン 直6 4L DI-VCT/E-Gas
V8 5.4L
変速機 4AT/6AT
駆動方式 FR
サスペンション 4AT/6AT
ホイールベース 2,921mm
-自動車のスペック表-

2005年10月、BAファルコンのマイナーチェンジモデルとして生産開始。

外観についてはあまり変更は加えられなかったが、安全装備については強化された。また、グレード構成もBAファルコンと同一となる。

エンジンはBAファルコンと同一のものを用いるが、出力・燃費ともに向上し、ユーロIII基準に適合した。また、これまでオートマチックトランスミッションは4速のみの設定となっていたが、一部グレードで新たにZFボッシュにより開発されたZF 6HP26 6速オートマチックトランスミッションも選択可能となった。

2006年10月6日、マイナーチェンジモデルのマークIIを発表。同月22日、発売。「XT」、「Futura」、「Fairmont」についてはフロントグリル、バンパーなどのデザインが変更され、BAファルコンとの差別化が図られる。なお、XRシリーズについては内装のみの小変更となった。

2008年5月、セダンおよびユートが生産終了され、モデルチェンジ。ワゴンについては小変更が加えられ、マークIIIとなり、生産が継続されている。なお、マークIIIは、4Lエンジン搭載車のみが用意され、XTのみが用意される。



7代目(2008年-)[編集]

FG[編集]

フォード・FGファルコン
Ford Falcon FG XR6 8583.jpg
乗車定員 2/5人
ボディタイプ 4ドアセダン/2ドアユート
エンジン 直6 4L DOHC Barra(ターボ)
V8 5.4L DOHC BOSS
直6 4L DOHC LPG E-Gas
変速機 4AT/5AT/6AT/6MT
駆動方式 FR
ホイールベース 2,838mm
車両重量 1,704kg
-自動車のスペック表-

2008年2月17日にプレスに初公開され、同年にはフルモデルチェンジし、FGファルコンとして販売が開始された。

エンジンは先代のBFファルコンと同じ直列6気筒 4Lエンジンおよび4Lターボエンジンを搭載するが、燃費・パフォーマンスともに向上しており、直列6気筒 4L LPG E-Gasエンジンも用意される。また、XR8にはV型8気筒 5.4Lエンジンが搭載される。

グレード構成は、ベースグレードの「XT」、高級仕様のGシリーズとスポーティ仕様のXRシリーズが用意され、Gシリーズについては「G6」、「G6E」、「G6Eターボ」が、XRシリーズについては「XR6」、「XR6ターボ」、「XR8」が設定される。なお、「Futura」と「Fairmont」は廃止され、それぞれ「G6」、「G6E」が代替グレードとして設定された。また、ピックアップのユートについては、ベースグレードのほか、「R6」、「XR6」、「XR6ターボ」、「XR8」が設定される。

トランスミッションは、BFファルコンの4速オートマチックに代わり、5速オートマチックトランスミッションが採用された。また、G6EシリーズおよびXRシリーズについては6速オートマチックも選択可能であり、XRシリーズについては6速マニュアルが標準となる。また、E-Gasモデルについては、4速オートマチックトランスミッションが採用された。

安全性については、オーストラリア製の乗用車では唯一のANCAP 5スター獲得車となっており、ライバル車のホールデン・コモドアトヨタ・オーリオンよりも高く評価されている。

2008年9月1日、一部改良。一部グレードでオプションであった合金ホイールを標準装備化。

2009年6月、V8 5.4LエンジンがEuro IV 排ガス規制に適合しないためXR8グレードを廃止する。 これにより1991年から続いていたV8エンジン搭載グレードが消滅し、V8搭載車はFPVモデルだけとなった。

2010年3月24日、フォード・オーストラリア社長Marin Burelaは、先代型のまま継続生産されていたワゴンの廃止を発表。 同年7月1日から施行される新しい排ガス規制に合わせて改良するほどの価値はないとし、6月いっぱいで生産を打ち切り後継車には欧州フォードから輸入されるモンデオ・ワゴンで対応する構え。なお月に約200台を生産していたブロウドメドウスのワゴン生産ラインは、ファルコン・セダン、ユート、テリトリーの増産に充てられる。

2010年5月、ファルコン誕生50周年記念モデルを発売。セダンGシリーズとXRそしてuteの計6グレードに設定。 外装、ドア・スカッフプレートなどに50th anniversaryバッジ、シートに50周年ロゴのエンボス加工が施され(除くG6 50th)、装備の充実も図られている。一部専用ボディカラーも設定された。

2013年5月23日、フォード・オーストラリアは2016年10月をもってオーストラリアでの生産コスト高と、売り上げ低減を理由にファルコンを廃止すると共に、ブロードメドウズ工場を閉鎖すると発表した。なお既に予定されている2014年のファルコンのマイナーチェンジは予定通り行うとしている。


参考文献[編集]

  1. ^ Unlike later examples, the XP Fairmonts carried both Falcon & Fairmont badgework.
  2. ^ 三栄書房「ラリー&クラシックス Vol.4 "名優たち"の攻防」参考。
  3. ^ 1996-98 Ford EL Falcon heraldson.com.au
  4. ^ BA Falcon the Ultimate Driving Experience AUTOWEB


関連項目[編集]

外部リンク[編集]