ジャッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Engine Developments Limited
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ウォリックシャー
設立 1971年
業種 輸送用機器
事業内容 エンジン設計・製作・販売
外部リンク http://www.engdev.com/
テンプレートを表示

ジャッドJudd)は、イギリスのレーシングエンジンビルダーである「Engine Developments Ltd.」社の通称、並びに同社が開発・製造するレース用エンジンのブランド名。1971年ジョン・ジャッドジャック・ブラバムの2人により創設された。

概要[編集]

チューナー[編集]

設立当初から1980年代前半にかけては、フォード・コスワース・DFVエンジンのチューナーとして活躍した。またF2においては、当時ホンダエンジンのワークス・チームだったラルトロン・トーラナックの紹介で、ホンダエンジンのリビルド並びにチューニングを1981年の中頃より手がけるようになる。

独自開発[編集]

ジャッドが開発したジャッドAVエンジン

1980年代半ばになると、DFVエンジンの競争力低下に伴い、独自のエンジン開発を行うようになる。1983年当時のCART(後のチャンプカー)用の2.65L V8 ターボエンジンを、ホンダと共同開発する。このエンジンは、当時のホンダF2用V6エンジン「RA260E」に2気筒足して2.65Lにしたもので、1985年にホンダが開発から撤退したのち、全ての権利を譲渡され「ジャッドAV」と名づけられ、1986年に「ブラバム・ホンダ」のバッジネームでCARTに参戦した。

1985年には、ホンダのインディプロジェクトと入れ替わる形で、F3000用V8エンジンを共同開発する。このエンジンは「ジャッドAV」のストロークを伸ばしたもので、「ジャッドBV」と名づけられた。このエンジンは、ジョン・ジャッド自身「ホンダのエンジン」と公言しており、1986年には「ホンダRA386E」として国際F3000選手権にデビューした。1987年には、全日本F2選手権[1]にホンダがホンダRA387Eとして供給し、1988年からは無限によるチューンを受けて、「無限MF308」として全日本F3000選手権に供給されている。また1990年代には無限エンジンとして国際F3000選手権へも供給されている。

1996年から2004年にかけては、国際F3000選手権のワンメイクエンジンとして同社が設計した「ジャッドKV」[2]が使用された。

F1参戦開始[編集]

1988年には、ターボエンジンへの規制強化と1989年からのターボエンジン禁止を見越して、ジャッドBVをベースに排気量を拡大した「ジャッドCV」でF1への参戦を開始し、ウィリアムズ、リジェ、マーチの3チームにカスタマー供給した。翌1989年には、Vバンク角を76度に狭めた「ジャッドEV」を開発し、レイトンハウスマーチ)などの中堅チームへカスタマー供給した。

1991年には、ジャッド初のV10エンジン「ジャッドGV」を開発し、スクーデリア・イタリアにカスタマー供給した。翌1992年にはブラバムにカスタマー供給した。1993年には、ヤマハ発動機と提携し、ジャッドGVをベースとした「ヤマハOX10」を共同開発するなど、1997年にヤマハがF1から撤退するまで関係を継続した。

その他カテゴリー[編集]

ル・マン24時間レース等のスポーツカーレースでは、1992年マツダMX-R01に「ジャッドGV」をベースとした「マツダMV10」が搭載されたのを皮切りに、ジャッドGVの排気量を拡大した「ジャッドGV4」(4L仕様)、「ジャッドGV5」(5L仕様)や、「ジャッドKV」の派生モデルが主にプライベーターの手で使用されている。

2012年からはグループ・ロータスとの協業の形でインディカー・シリーズにエンジン供給を開始したが、パフォーマンス不足などの理由で1年限りで供給を終了し撤退した[3]

脚注 [編集]

  1. ^ この年の全日本F2選手権は次年度からのF3000移行準備のため、選手権外でF3000規定の車両が出走可能であった。
  2. ^ 供給はザイテックが行った。
  3. ^ ロータス、インディカーのエンジン供給撤退を発表 - オートスポーツ・2012年12月8日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]