エリック・ヴァン・デ・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・ヴァン・デ・ポール
Eric van de Poele.jpg
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
出身地 同・ヴェルヴィエ
生年月日 1961年9月30日(53歳)
F1での経歴
所属チーム '91 モデナ
'92 ブラバム
'92 フォンドメタル
活動時期 1991-1992
出走回数 5
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1991年アメリカGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1992年イタリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

エリック・ヴァン・デ・ポールEric van de Poele, 1961年9月30日 - )は、ベルギー出身のレーシングドライバー1987年ドイツツーリングカー選手権(DTM)でチャンピオンとなる等、主にツーリングカーレースで活躍。元F1ドライバー。姓は「ポーレ」「プーレ」と記載されることもある。

プロフィール[編集]

初期の経歴[編集]

フォーミュラカーでは、1984年はフランスF3に参戦し、ランキング16位。1985年はベルギー・フォーミュラ・フォードでチャンピオンとなり、またベルギーツーリングカー選手権で3勝を挙げ、ランキング3位となった。

1986年はイギリスF3に参戦し、ランキング20位。ベルギーツーリングカー選手権は、3勝でランキング3位と、前年と同じ成績を収めた。1987年はDTMに参戦し、チャンピオンを獲得。またスパ24時間レースでも優勝している。

1988年は、ヨーロッパツーリングカー選手権に参戦して2勝を挙げ、ランキング5位となる。1989年より2年間は、国際F3000に参戦。2年目の1990年には、3勝でエリック・コマスに次ぐランキング2位を獲得した。

F1[編集]

1991年[編集]

1991年にモデナからF1に参戦を開始、第3戦サンマリノGPで初めて決勝に進出しデビューとなった。このレースでは、サバイバルレースの中25番手グリッドから一時5位まで浮上し、注目を浴びた。しかし、終盤にガス欠に見舞われ、9位に終わっている。

前半8戦は上記のサンマリノGP以外、全て予備予選落ち。入れ替えにより予備予選が免除された後半8戦も全て予選落ちとなった。決勝進出1戦のみという結果は、マシン戦闘力の低さによるところが大きいものの、同僚のニコラ・ラリーニが5度決勝に進出したことと比較すると、見劣りする結果となった。

1992年[編集]

1992年はブラバムから参戦し、開幕戦の南アフリカGPでは予選26位から13位で完走。しかし、この年のブラバムは資金難から解体寸前であり、以後は第9戦ドイツGPまで連続予選落ちを喫した。

第10戦ハンガリーGPより、解雇されたアンドレア・キエーザに代わってフォンドメタルに移籍。3戦連続で予選を通過し、地元の第11戦ベルギーGPでは10位で完走したものの、続く第12戦イタリアGPをもってチームは撤退。自身も、その後F1に戻ってくることは無かった。

F1以外にル・マン24時間レース、スパ24時間レースにも参戦。後者は2位という成績を収めた。

F1後[編集]

F1後は、再びツーリングカーレースに活動の場を移すこととなり、セブリング12時間レースにおいては、1995年1996年と2連覇を記録。またル・マン24時間レースでは、1998年2001年にクラス優勝。特に2001年は、総合でも3位に入る成績だった。

エピソード[編集]

  • 長身。1991年アメリカGP予備予選では、ヘルメットの位置が規定の範囲を超えていたため、走行を止められるという出来事があった[要出典]
  • 2004年には、フォーミュラXシリーズを立ち上げた。

関連項目[編集]