日産・R391

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産・R391
Nissan R391 front-left.jpg
乗車定員 1名
ボディタイプ LM-P900
エンジン V8 DOHC 90度 4,997cc
変速機 6速シーケンシャル
駆動方式 MR
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4,650mm
全幅 2,000mm
全高 695mm
ホイールベース 2,750mm
車両重量 900kg以上
トレッド前 1,660mm
トレッド後 1,610mm
-自動車のスペック表-

R391は、日産ル・マン24時間レース参戦用に開発したプロトタイプレーシングカー。先代のR390とは異なり完全なオープンプロトタイプカーである。シャシーはGフォース(現パノス)と日産の共同開発。エンジンはVRH50Aを搭載している。

戦績[編集]

1999年のル・マン24時間にNISMOから2台が参戦したものの、1台は予選中にテルトル・ルージュでクラッシュ大破してしまい決勝を断念、もう1台はレース前半にエンジントラブルでリタイヤという結果に終わったが、同年のル・マン富士1000kmではトヨタ・GT-One TS020を破り優勝を果たす。

2000年もNISMOの手によるル・マン参戦が計画されていたが、日産本社の経営不振を理由に参戦は取りやめとなり、以後レースへの参戦は行われていない。

エンジンについて[編集]

搭載されているエンジンはVRH50Aであるが、このエンジンはVRH35Zをベースにしたものではなく、インフィニティQ45に搭載されていたエンジンをベースにし、レースにおいて耐えうる構造へと再設計を施して生まれた。
またこのエンジンをベースにし、インディ・レーシング・リーグ(IRL)向けエンジンのVRH35Aを製造した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]