BMW・V12 LMR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW・V12 LMR
BMW V12 LMR.jpg
カテゴリー LMP
コンストラクター ドイツの旗 BMW
イギリスの旗 ウィリアムズF1
先代 BMW・V12 LM
主要諸元
シャシー カーボンファイバーモノコック
エンジン BMW S70/2 5,990cc V12 NA ミッドシップ, 縦置き
トランスミッション X-Trac 6速 シーケンシャル・マニュアル
燃料 ペトロブラス
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム ドイツの旗 BMWモータースポーツ
ドイツの旗 シュニッツァー・モータースポーツ
ドライバー フィンランドの旗 J.J.レート
ドイツの旗 ヨルグ・ミューラー
イギリスの旗 スティーブ・ソパー
ドイツの旗 ヨアヒム・ヴィンケルホック
イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ
フランスの旗 ヤニック・ダルマス
デンマークの旗 トム・クリステンセン
アメリカ合衆国の旗 ビル・オーバーレン
フランスの旗 ジャン・マルク・グーノン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1999年のセブリング12時間レース
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
18 7 4 3
テンプレートを表示


BMW・V12 LMRは、1999年ル・マン24時間レース参戦用にBMWウィリアムズが開発したプロトタイプレーシングカーである。1995年マクラーレン・F1 GTRの搭載エンジンとしてBMWは優勝しているが、BMW単独のマシンとしては初のル・マン総合優勝を飾ったマシンである。

概要[編集]

前年のBMW・V12 LMが充分な成績を修めることができなかったBMW・ウィリアムズ陣営は、1999年に向けて徹底的にリファインされたマシンを開発した。前年まで、GTとは名ばかりのGT1はLMGTPという名称で新たにプロトタイプに組み入れられ、プロトタイプはオープンボディのLMPとクローズドボディのLMGTPの2種類が存在することになった。燃料タンクが90リットルに、最低車重も900㎏に統一された。それまでGT1に認められていたABSやトラクションコントロールは、LMGTPではLMPに合わせ禁止となり、逆にLMPは後端にディフェーザーの装備が許された。ただエンジン出力に関しては、LMGTPの方がエアリストリクター径に関してLMPより若干優遇され50仏馬力ほど高く認められていた[1]

この年はクローズドのLMGTPがメルセデストヨタアウディ、オープンのLMPがBMWの他、日産、そしてアウディはオープン・クローズドの両面作戦に出た。V12 LMRはロールバーが運転席部分のみに設けられているのが特徴だったが、後にACOは助手席側にもロールバーを設けることを義務付けた。

戦績[編集]

デビュー戦はアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)開幕戦のセブリング12時間。ポールtoウィンの完勝でデビュー戦を飾った。ル・マンの予備予選には3台を持ち込んだが、本番は2台体制。3位、6位で予選を通過した。

レース前はトヨタ・TS020が本命視され、予想通りポールポジションを獲得したが、レース本番では相次ぐトラブルで日本人組の1台のみになり、朝を迎えた時点ではV12 LMRの1-2体制が出来上がっていた。その後トラブルで1台を失うもトヨタの猛追を振り切り、BMW単独としては初のル・マン制覇を達成する。ル・マン後はALMSに参戦し3勝を上げている。

2000年は、BMWとウィリアムズはF1にリソースを集中するため、ル・マン参加を回避した。但しALMSにはシリーズ参戦し2勝をあげている。この年のALMSは北米を飛び出し、シルバーストンニュルブルクリンクアデレードでも開催し、BMWの他、アウディ、GMも参戦する事実上の世界選手権と言えるシリーズであった(翌年から北米大陸のみの開催となる)。この年を持ってBMWのスポーツカー活動は終了している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ルマン 偉大なる草レースの全記録」二玄社


外部リンク[編集]