ウィリアムズ・FW22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズ・FW22
Williams FW22 Canada.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー イギリスの旗 パトリック・ヘッド(テクニカルディレクター)
イギリスの旗 ギャビン・フィッシャー(チーフデザイナー)
イギリスの旗 ジェフ・ウィリス (チーフエアロダイナミシスト)
先代 ウィリアムズ・FW21
後継 ウィリアムズ・FW23
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ウィリアムズ ダブルウィッシュボーン, トーションバー, プッシュロッド
サスペンション(後) ウィリアムズ ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング, プッシュロッド
エンジン BMW E41 2998 cc V10 (72度) 自然吸気
トランスミッション ウィリアムズ製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 ペトロブラス
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム BMW ウィリアムズ F1チーム
ドライバー 9. ラルフ・シューマッハ
10. ジェンソン・バトン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2000年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

ウィリアムズ・FW22 (Williams FW22) は、ウィリアムズF12000年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカー、デザイナーはパトリック・ヘッドギャビン・フィッシャージェフ・ウィリス

FW22[編集]

Williams-FW22.jpg

ルノーエンジンとの提携(1989年〜1997年)に続いて、この年からBMWと長期契約を結び、BMW製V型10気筒エンジンを搭載することになった。ウィリアムズとBMWはスポーツプロトタイプのBMW V12 LMを共同開発し、1999年のル・マン24時間レースで総合優勝するという実績を持っていた。元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーが両者の仲介役として現場復帰した。

車体・エンジンともにジョイント初年度は信頼性を重視し、コンサバティブに仕上げられた。

空力面ではモナコGPよりサイドポンツーン上にミニウィングを装着。このパーツはダウンフォース発生以外にリアタイヤ付近の整流効果も兼ねており、ダウンフォースのいらない高速コースでも使用されるようになった。また、マクラーレンが開発した煙突型の排熱ダクト(チムニーダクト)をコピーしている。

マシンカラーはBMWワークスに合わせた白と紺を基調とし、スポンサーのロゴまでカラースキームに統一するという配慮をみせた。

2000年シーズン[編集]

ドライバーは、チーム在籍2年目のラルフ・シューマッハとルーキーのジェンソン・バトン。ラルフはシーズンで3回の表彰台(いずれも3位)を獲得し、バトンも新人らしからぬ安定感で6度の入賞(最高位は4位)を果たし、コンストラクターズランキング3位を獲得した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 BMW E41
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 2,998cc
  • 燃料・潤滑油 ペトロブラス

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
GBR
イギリスの旗
EUR
欧州連合の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
AUT
オーストリアの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
MAL
マラヤ連邦の旗
2000 9 ドイツの旗 シューマッハ 3 5 Ret 4 4 Ret Ret 14 5 Ret 7 5 3 3 Ret Ret Ret 36 3位
10 イギリスの旗 バトン Ret 6 Ret 5 17 10 Ret 11 8 5 4 9 5 Ret Ret 5 Ret