ウィリアムズ・FW24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズ・FW24
Juan Pablo Montoya Pole Montreal GP 2002.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー イギリスの旗 パトリック・ヘッド(テクニカルディレクター)
イギリスの旗 ギャビン・フィッシャー(チーフデザイナー)
イギリスの旗 ジェフ・ウィリス (チーフエアロダイナミシスト)
先代 ウィリアムズ・FW23
後継 ウィリアムズ・FW25
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ウィリアムズ ダブルウィッシュボーン, トーションバー, プッシュロッド
サスペンション(後) ウィリアムズ ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング, プッシュロッド
エンジン BMW P81 2998 cc V10 (90度) 自然吸気
トランスミッション ウィリアムズ製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 ペトロブラス
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム BMW ウィリアムズ F1チーム
ドライバー 5. ラルフ・シューマッハ
6. ファン・パブロ・モントーヤ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2002年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 1 7 3
テンプレートを表示

ウィリアムズ・FW24 (Williams FW24) は、ウィリアムズ2002年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。開幕戦から最終戦まで実戦投入された。デザイナーはパトリック・ヘッドギャビン・フィッシャージェフ・ウィリス

2002年[編集]

ドライバーは前年からの継続起用となるラルフ・シューマッハファン・パブロ・モントーヤ

BMWエンジン(パワーは900馬力に達した)とミシュランタイヤとのパッケージングは良好で、第2戦マレーシアGPではワンツーフィニッシュを達成。モントーヤが5戦連続を含む7度のポールポジションを獲得するなど、予選ではフェラーリ・F2002に拮抗する速さをみせた。イタリアGP予選ではBMWエンジンがF1史上最高(当時)の19,000回転に到達したことが発表された。しかし、決勝レースではフェラーリブリヂストンタイヤの安定感に見劣りし、2勝目は挙げられなかった。

このシーズンはフェラーリが17戦中15勝という圧倒的な成績で早々にダブルタイトルを決めてしまった年だったが、安定して表彰台や入賞圏内でフィニッシュが続いたこともありチームは92ポイントを獲得。チャンピオンのフェラーリから大きく差をつけられたが(フェラーリは221ポイント)、コンストラクターズランキング2位を得た。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

結果[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
AUT
オーストリアの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
FRA
フランスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
2002 5 ドイツの旗 シューマッハ Ret 1 2 3 11 4 3 7 4 8 5 3 3 5 Ret 16 11 92 2位
6 コロンビアの旗 モントーヤ 2 2 5 4 2 3 Ret Ret Ret 3 4 2 11 3 Ret 4 4
  • 太字はポールポジション、斜字はファステストラップ
  • 決勝最高位1位1回 予選最高位1位7回
  • コンストラクターズランキング2位
  • ラルフ・シューマッハ ドライバーズランキング4位(42ポイント)
  • ファン・パブロ・モントーヤ ドライバーズランキング3位(50ポイント)