ウィリアムズ・FW13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズ・FW13
ウィリアムズ・FW13B
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー パトリック・ヘッド(テクニカルディレクター)
エンリケ・スカラブローニ(チーフデザイナー)
先代 ウィリアムズ・FW12C
後継 ウィリアムズ・FW14
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ケブラー コンポジット
サスペンション(前) ウィリアムズダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ウィリアムズダブルウィッシュボーン
エンジン 1989年: ミッドエンジン, 縦置き, 3493cc, ルノー RS1, 67度 V10, NA
1990年:ミッドエンジン, 縦置き, 3493cc, ルノー RS2, 67度 V10, NA
トランスミッション ウィリアムズ / ヒューランド製 横置き 6速 MT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム キヤノン ウィリアムズ・チーム
ドライバー 5. ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン
6. イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1989年ポルトガルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
20 3 1 4
テンプレートを表示

ウィリアムズ・FW13 (Williams FW13) はウィリアムズ1989年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はパトリック・ヘッド。第13戦ポルトガルGPから最終戦オーストラリアGPまで使用された。1990年は開幕戦から最終戦までFW13Bが使用された。

FW13[編集]

1989年、ウィリアムズはルノー製のV型10気筒3500cc自然吸気エンジンを使用した。FW12Cを使用して開幕を迎え、シーズン途中でFW13を投入するスケジュールだったが、実際にFW13がレースに持ち込まれたのは、シーズン終盤の第13戦ポルトガルGPのことだった。

フロントサスペンションはFW12Cのプルロッドからプッシュロッドへと変更された。FW12Cはモノコック内部にスプリング・ダンパーユニットを収めていたが、FW13ではサスペンション上側のリンクはモノコックの外側に移され、ここからノーズ先端までは別体のカバーが取り付けられた。そのノーズ上面の「こぶ」がFW13の特徴となった。

サイドポンツーン側面のエアダクトは廃され、燃料タンクはドライバー側面まで延び、ロールバーはループ状のものではなく、車体中央に棒状のものが取り付けられた。また、1990年の規定にも容易に変更できるようになっていた。インダクションポッドは独特のデザインで、横幅のある楕円形の形状だった。

デビューレースとなったポルトガルGPでは、リアエンドはFW12Cのものを流用したものだったが[2]スペインGPで本来のFW13用のものが取り付けられた。

成績[編集]

FW13が使用されたのは終盤4戦のみ。第15戦日本GPではアイルトン・セナの失格により2、3位を獲得。豪雨の中行われた最終戦オーストラリアGPでは、ティエリー・ブーツェンのドライブで優勝を飾った。FW12Cでの成績を含め、コンストラクターズランキングは2位。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーRS1
  • 気筒数・角度 V型10気筒・67度
  • 排気量 3,500cc
  • 最大馬力 650馬力
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 エルフ

記録[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1989 FW13 ブラジルの旗 サンマリノの旗 モナコの旗 メキシコの旗 アメリカ合衆国の旗 カナダの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 スペインの旗 日本の旗 オーストラリアの旗 77 2位
5 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン Ret Ret 3 1
6 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ Ret 2 3

FW13B[編集]

FW13に新型ルノーエンジンRS2を搭載した。ドライバーは1989年からの継続。

成績[編集]

第3戦サンマリノGPではリカルド・パトレーゼが7年ぶりの優勝を達成。第10戦ハンガリーGPでは予選フロントローを独占し、ブーツェンが全周回トップでポール・トゥ・ウィンを果たした。

フェラーリマクラーレンの2強には及ばず、ベネトンと3番手のポジションを争ったが、最終的にコンストラクターズランキング4位に後退した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーRS2
  • 気筒数・角度 V型10気筒・67度
  • 排気量 3,485cc
  • 最高回転数 12,800回転
  • 最大馬力 660馬力
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 エルフ

記録[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1990 FW13B アメリカ合衆国の旗 ブラジルの旗 サンマリノの旗 モナコの旗 カナダの旗 メキシコの旗 フランスの旗 イギリスの旗 ドイツの旗 ハンガリーの旗 ベルギーの旗 イタリアの旗 ポルトガルの旗 スペインの旗 日本の旗 オーストラリアの旗 57 4位
5 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン 3 5 Ret 4 Ret 5 Ret 2 6 1 Ret Ret Ret 4 5 5
6 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ 9 13 1 Ret Ret 9 6 Ret 5 4 Ret 5 7 5 4 6

関連商品[編集]

タミヤからFW13BのサンマリノGP仕様が1/20のプラモデルで発売されている。ブーツェンとパトレーゼの2種類のスライドマークとドライバーフィギュアが付属。タバコ広告問題の絡みで、バークレイのロゴはドライバーの名前に置き換えられている。

現在も継続生産されている。

脚注[編集]

  1. ^ STATS F1 - Williams FW13”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ 『F1グランプリ年鑑 1989-1990』 アラン・ヘンリー、バベル・インターナショナル・訳、CBSソニー出版1990年、pp.164。ISBN 4-7897-0502-1