トト・ヴォルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Toto Wolff 2010.jpg

クリスチャン・"トト"・ヴォルフ(Christian Toto Wolff、1972年1月12日 - )は、オーストリアウィーン出身の企業家、レーサー。2013年よりメルセデス・ベンツ・モータースポーツのマネージング・ディレクターを務める。

妻のスージー・ヴォルフ(旧姓:ストッダート)も現役レーサーである。

経歴[編集]

レーサー[編集]

レーサーとしてのキャリアは1994年のフォーミュラ・フォードオーストリア選手権に始まる。その後、GTレースやラリーに転身し、1994年のニュルブルクリンク24時間レースでクラス優勝、2006年のドバイ24時間レースで優勝などの成績を残した。2004年には同じオーストリア出身のカール・ヴェンドリンガーと組んでFIA GT選手権に参戦。他にゲルハルト・ベルガーアレクサンダー・ブルツとも親交がある[1]

2009年にはポルシェ・997 GT3-RSRを駆ってニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)でラップレコード(7分3秒28)を記録。直後に時速270kmでクラッシュしたが無事に生還した(動画[2])。

マネージメント[編集]

ビジネスマンとしては1998年より投資会社マーチ・シックスティーン (Marchsixteen) を経営し[3]、モータースポーツ関連ビジネスにも進出。2006年にはドイツツーリングカー選手権 (DTM) やF3でメルセデスのプログラムを運営するHWA英語版の株式49%を取得し、共同オーナーに就任した。また、元F1王者ミカ・ハッキネンのマネージャーだったディディエ・コトンと共に、若手ドライバーのマネージメントを担当するエイセス・マネージメント・グループ (Aces Management Group) を経営する。

2009年11月、ウィリアムズF1チームの母体企業であるウィリアムズ・グランプリ・ホールディングスPLCの株式10%を取得して非常勤役員となった[3][1][4]

2011年10月、DTMに参戦する女性ドライバー、スージー・ストッダートと結婚[5]。スージーは2012年よりウィリアムズの開発ドライバーに就任した。

2012年3月、チームオーナーのフランク・ウィリアムズの後継者と目されていたアダム・パー会長が辞任。同年7月、ヴォルフが常務取締役に昇格し、フランクを補佐することが発表された[6]。妻スージーの他に、マネージメントを担当するバルテッリ・ボッタスがリザーブドライバーとして金曜フリー走行に出走するなど、ヴォルフは新たな後継者候補に近づいていった。

しかし、2013年1月にメルセデス・ベンツ・モータースポーツのマネージング・ディレクターに就任し、ノルベルト・ハウグの後任としてメルセデスのレース活動全般を担当することになった[7]。ウォルフはHWAを通じてメルセデスと関係があったが、突然のオファーに驚き、ウィリアムズを離れることに悩んだと述べている[8]。ディレクター就任にともないメルセデスF1チームの株式30%を取得したが、引き続きウィリアムズにも株主として関与している。同年4月には、ニック・フライに代わって最高経営責任者 (CEO) にも就任し、商業面の責任も負うことになった[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b "ウィリアムズへの出資を誇りに思う新株主". Topnews.(2009年11月27日)2013年4月2日閲覧。
  2. ^ "Toto Wolff: Record and Crash on Nurburgring". LAOLA1tv (YouTube).(2009年4月17日)2013年4月2日閲覧。
  3. ^ a b "ウィリアムズ、チーム株式を一部売却". Topnews.(2009年11月20日)2013年4月2日閲覧。
  4. ^ "ウィリアムズ、新オーナーの株式保有率は10%". Topnews.(2010年10月15日)2013年4月2日閲覧。
  5. ^ "ドライバー/スージー・ウォルフ". ESPN F1. 2013年4月2日閲覧。
  6. ^ "トト・ヴォルフ、ウィリアムズの常務取締役に就任". F1-Gate.com.(2012年7月25日)2013年4月2日閲覧。
  7. ^ "ウォルフ、メルセデスのけん引役に". ESPN F1.(2013年1月21日)2013年4月2日閲覧。
  8. ^ "トト・ヴォルフ、メルセデスの猛アタックを明かす". F1通信.(2013年2月8日)2013年4月2日閲覧。
  9. ^ "メルセデスAMG、ニック・フライに代えてトト・ヴォルフをCEOに任命". F1-Gate.com.(2013年3月22日)2013年4月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]