ウィリアムズ・FW20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズ・FW20
Williams FW20.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー イギリスの旗 パトリック・ヘッド(テクニカルディレクター)
イギリスの旗 ギャビン・フィッシャー(チーフデザイナー)
イギリスの旗 ジェフ・ウィリス (チーフエアロダイナミシスト)
先代 ウィリアムズ・FW19
後継 ウィリアムズ・FW21
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ウィリアムズ トーションバー/ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ウィリアムズ コイルスプリング/ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン メカクローム(ルノー) GC37/01 V10 (71度) 自然吸気
トランスミッション ウィリアムズ製 6速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 ペトロブラス
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ウィンフィールド・ウィリアムズ
ドライバー 1. ジャック・ヴィルヌーヴ
2. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1998年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ウィリアムズFW20 (Williams FW20) はウィリアムズF11998年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。1998年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

FW20[編集]

1998年イタリアGPでFW20をドライブするジャック・ヴィルヌーヴ

早くから1998年レギュレーションのテスト用マシンを走らせていたウィリアムズは、エイドリアン・ニューウェイの離脱後、パトリック・ヘッドの指揮のもと、ギャビン・フィッシャーをチーフデザイナーに、ジェフ・ウィリスをチーフエアロダイナミストとして開発を行った。

ウィリアムズの黄金期を支え続けたルノーが撤退し、1997年に使用した、ルノーRS9をベースとしたカスタマーエンジンであるメカクロームエンジンを搭載した。

メインスポンサーのタバコ銘柄がロスマンズからウィンフィールドに移行したため、カラーリングはそれまで青から一転して赤主体の派手なものとなった。

1998年シーズン[編集]

パッケージを刷新したこの年、ウィリアムズの戦力は大幅に後退した。カスタマー仕様のメカクロームエンジンはフェラーリメルセデスとのエンジンパワーの差は歴然であった。また、ニューウェイ不在も影響し、シャーシバランスもイマイチだった。開幕戦ではハインツ=ハラルド・フレンツェンが、ドイツハンガリーではジャック・ヴィルヌーヴが3位表彰台に入ったが、1988年以来のシーズン未勝利に終わり、1997年までの強さは完全に鳴りを潜めてしまった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 FW20
  • 全長 4,392 mm
  • 全幅 1,800 mm
  • ホイルベース 2,914 mm
  • 前トレッド 1,460 mm
  • 後トレッド 1,400 mm
  • マシン重量 605kg
  • ホイール O・Z
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
AUT
オーストリアの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
LUX
ルクセンブルクの旗
JPN
日本の旗
1998 1 カナダの旗 ヴィルヌーヴ 5 7 Ret 4 6 5 10 4 7 6 3 3 Ret Ret 8 6 38 3位
2 ドイツの旗 フレンツェン 3 5 9 5 8 Ret Ret 15 Ret Ret 9 5 4 7 5 5