ベネトン・B200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネトン・B200
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ティム・デンシャム
先代 ベネトン・B199
後継 ベネトン・B201
主要諸元
シャシー カーボンファイバー コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド/トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド/コイルスプリング
エンジン プレイライフルノー), 71度 V10
トランスミッション ベネトン・フォーミュラ製 6速 縦置き セミAT
燃料 アジップ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム マイルドセブンベネトン・プレイライフ
ドライバー 11. イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ
12. オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
出走時期 2000年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2000年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

ベネトン・B200 (Benetton B200) はベネトン・フォーミュラ2000年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーパット・シモンズ(テクニカルディレクター)、ティム・デンシャム(チーフデザイナー)、ベン・アガサンジェロウ(チーフエアロダイナミシスト)によって設計された。

2000年シーズン[編集]

ドライバーの布陣は3年目となる若手コンビのジャンカルロ・フィジケラアレクサンダー・ヴルツ。シーズン開幕直前に加入したマイク・ガスコインの力量とドライバーの健闘もあり、コンストラクターズ・ランキングは前年の6位から4位に上昇した。

フィジケラは表彰台3回(2位1回、3位2回)を含む計18ポイントを獲得したが、チームメイトのヴルツは5位入賞が1回のみという対照的な結果となった。

また、シーズン序盤にルノーがベネトン・フォーミュラの買収を正式に発表。2002年よりワークスチーム・ルノーF1として復帰することとなり、1986年から続いたベネトンとしてのF1活動は2001年シーズンをもって終了することとなった。

シャシー[編集]

  • シャシー名 B200
  • 材質 カーボンファイバー・アルミハニカムコンポジット
  • タイヤ ブリヂストン
  • ギアボックス 6速セミオートマチック

エンジン[編集]

  • エンジン名 プレイライフ・FB02
  • 気筒数・バンク角 V型10気筒・71°
  • 燃料・潤滑油 アジップ

成績[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
GBR
イギリスの旗
EUR
欧州連合の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
AUT
オーストリアの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
JPN
日本の旗
MAL
マラヤ連邦の旗
2000 11 イタリアの旗 フィジケラ 5 2 11 7 9 5 3 3 9 Ret Ret Ret Ret 11 Ret 14 9 20 4位
12 オーストリアの旗 ヴルツ 7 Ret 9 9 10 12 Ret 9 Ret 10 Ret 11 13 5 10 Ret 7