ブローバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アキュトロンとアキュトロン・スペースビュー スペースビューには本体を縦断する音叉が見える

ブローバ

  1. アメリカ合衆国の時計メーカー、ブローバ・コーポレーション(Bulova Corporation
  2. そのブランド

である。

1875年より今日までアメリカを代表する腕時計メーカーの1つであり、特に北米では知名度と信頼が非常に高いブランドである。 近年積極的に海外進出を図っており、ヨーロッパやアジアでもその地位を確立しつつある。

「B、U、L、O、V、A」と自社の綴りを読み上げるラジオコマーシャルも有名で、世界で最初期のラジオコマーシャルの一例であった。その後、1941年には世界で最初のテレビコマーシャルも行っている。

機械式腕時計の時代から技術力は高かったが、現在著名なのは1960年発表の電池式腕時計「アキュトロン」である。一定サイクルで作動する音叉を超小型化して腕時計のムーブメントに組み込んだ画期的メカニズムを備え、月差1分以内という当時最高の精度を誇った製品で、腕時計の技術史に一時代を築いた。また、この頃のブローバ社はアメリカ航空宇宙局NASAと非常に密接な関係にあり、ジェミニ計画やアポロ計画に技術提供し、宇宙船内の計器や通信機器などに使われた計時装置のほぼ全てを供給し、計46回のミッションに貢献した。

大統領専用機、エアフォースワンのキャビンにもブローバ製の掛時計が採用されている。

1875年、マンハッタンのメイデンレーンで宝石商として開業。 1911年に時計製造を開始し、以降一貫して時計販売を継続しており、アメリカでは国内販売数量1位を誇っている。 創業以来の企業理念は、"Perfection before Production"、"Quality before Quantity"であり、品質の高さを重要視し、常に革新的な挑戦をし続けている。

スイスメイドのプレミアムコレクションであるブローバ・アキュ・スイスは男性用は機械式、女性用はクォーツで、コストパフォーマンスの高さと優れたデザインのコレクションとして人気が高い。

その他、年差10秒程度の精度をほこるクォーツコレクション、プレシジョニストは押し出しの強いスポーツテイストのコレクションとなっている。

2012年には、機械式時計の精度をユーザー自らが調整できる業界初の外部歩度調整システム(External Fine Adjustment System)、EFAS(イーファス)を発表。それまでの常識を覆す画期的な技術として注目を集めている。

また、英国のサッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッドの公式時計スポンサーとなっている。

歴史[編集]

アキュトロン[編集]

360Hzの音叉を時間制御に使用する音叉式の腕時計である。スイスバーゼル出身で、1948年ビエンヌのブローバに入社したドイツ系の物理学者・発明家マックス・ヘッツェルMax Hetzel )によって[1]1950年から[2]開発が始められ、1960年に発明された[3]

音叉に電磁石で一定サイクルの振動を発生させ、音叉そのものの振動をラッチ利用で時針の駆動に用いるシステムである。機械時計の脱進機に相当するφ2mmのインデックス車に320枚の歯を切るなど非常に精密な加工を施し、誤差2秒/日という、当時としては驚異的な高精度を実現したことで技術的に世界の時計業界をリードした。

初期型キャリバーはCal.214で、他にCal.218、Cal.219がある。

アメリカ航空宇宙局の公式腕時計の納入においてオメガのスピードマスターと争い、結果的に腕時計は採用されなかったが、当初は無重力下でゼンマイとテンプの振動に依存する従来の機械式時計がどのように動くかわからなかったため、エクスプローラー計画の搭載時計[4]や、宇宙船のパネルクロックは全て音叉式で重力に影響されにくいブローバ製となり、また最初の月着陸を成し遂げたアポロ11号により静かの海に設置された。後にオメガのスピードマスターにもブローバのメカニズムを採用する機種「スピードソニック」が発売されている。

1971年にはレディース用も発売され、1977年製造中止されるまでに4000万個以上を販売した。

しかしながら利益を独占するため、音叉機構のパテントを積極的に公開しなかったことがセイコーなどの競合メーカーを水晶発振式時計の開発に向かせることになり、音叉時計の技術を単独で開発しなければならない状況に陥ったことで小型化、省電力化、精度向上等技術革新が進まず、このことが結果として音叉式ムーブメントの衰退を招いた。

アキュトロンとシチズン ハイソニックのムーブメント。いずれも上部には、調時機構と指針の動力源を兼ねる音叉の駆動コイルが見える

日本国内のメーカーではシチズンが共同でブローバシチズン(現シチズン電子)を設立し、音叉式時計ハイソニックを製造、販売した。ハイソニックの内部構造はアキュトロンに酷似している。

電池はこの頃一般的であった1.35Vの水銀電池を使用しており、2010年現在標準的になっている1.55Vの酸化銀電池では正しく動作しないため、維持するには本体を改造するか、アキュセル1に代表される降圧アダプタを併用する必要がある。

2010年に音叉式ムーブメント発表50周年記念として当時のムーブメントを完全に復刻したスケルトンタイプのスペースビューが限定品として発売された。

アキュクォーツ[編集]

アキュトロンとアキュクォーツのムーブメント。クォーツの缶はICの下で見えない

原理としては32768Hzの水晶振動子の制御により音叉時計を動かす方式で、メーカーとしての目標精度は年差3分であった。1970年からは腕時計化された。酸化銀電池を使うため電池の入手は比較的容易である。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『時計史年表』p.144。
  2. ^ 『時計史年表』p.122。
  3. ^ 『時計史年表』p.144。
  4. ^ 『時計史年表』p.146。

参考文献[編集]

  • 『時計史年表』河合企画室