ベネトン・B194

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネトン B194
ミハエル・シューマッハがドライブしたB194
ミハエル・シューマッハがドライブしたB194
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ロリー・バーン(チーフデザイナー)
ロス・ブラウン(テクニカルディレクター)
先代 ベネトン・B193B
後継 ベネトン・B195
主要諸元
エンジン フォード・ZETEC-R
主要成績
チーム マイルドセブン・ベネトン・フォード
ドライバー 5. ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
5,6. フィンランドの旗 JJ・レート
6. オランダの旗 ヨス・フェルスタッペン
6. イギリスの旗 ジョニー・ハーバート
出走時期 1994年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 1(1994年)
表彰台(3位以内)回数 12
通算獲得ポイント 103
初戦 1994年ブラジルGP
初勝利 1994年ブラジルGP
最終戦 1994年オーストラリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 8 6 7
テンプレートを表示

ベネトンB194 (Benetton B194) は、ベネトン・フォーミュラ1994年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はロス・ブラウンロリー・バーン1994年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

概要[編集]

ベネトンで初めてのドライバーズチャンピオンをミハエル・シューマッハが獲得したマシンである。キャメルに代わり日本たばこ産業 (JT) がマイルドセブンブランドでメインスポンサーとなったため、カラーリングは黄色から水色をベースにしたものへイメージチェンジした。

当初は1993年のマシンであるB193Bからアクティブサスペンション4WSといったハイテクシステムを取り除いたようなマシンで、エアロダイナミクスに違いはあまり見られなかった。

しかし、1994年サンマリノグランプリで発生したドライバー死亡事故により、シーズン途中ながら大幅なレギュレーションの変更が実施された。そのため、開幕時と最終戦ではあらゆる所が違うほど変更された。ボーテックスジェネレーターは除去され、せりあがるバナナノーズはB192から継続されたが、リヤロアウイングが、よりダウンフォースを稼ぐために上下にねじれた形になったりした。

エンジンはフォードで昨年までと同じだが、HBエンジンに代えて新たに開発されたZETEC-Rエンジンを搭載。これには以前開発されていたV12エンジンのノウハウが転用された。B193Bは燃料が減るとペースが大幅に上がる特徴があり、この特徴が燃料給油解禁となった事でB194に有利に働いた。ロス・ブラウンはレギュレーションが大きく変わる翌年に備えて前年のシーズンを早々に捨てて、1994年型マシンの開発に集中したと後に発言している。

レース中の給油が解禁されたことに最も的確に対応していた。他のチームは給油の解禁が意味するところを完全に理解しておらず、ハーフタンク時のペースとピットストップの給油時間の計算で最も速くレースを走り抜ける作戦をベネトンほど上手く立てることができなかった。ベネトンだけが予選のようなハイペースをピットストップでつなぎながら走り続けることができた。

1994年のハイテクデバイス禁止後、いち早くトラクションコントロールシステム (TCS) を使用した車と言われている。[要出典]前年までTCSを使用していた他チームの人々はB194の動きに疑問を持ち、ベネトンはFIAの調査を受ける事になった。エンジンコントロールユニット (ECU) からTCS制御プログラムらしきものが検出されたが、使用した形跡を特定できなかったため、証拠不十分として無罪とされた[1]。ECUに組み込む形でのTCS使用はレギュレーションで規制するのが困難で、FIAはフェラーリやマクラーレンにも同種の疑いがあったと発表した[1]。数年後に売りに出されたシューマッハ車の1台にはTCSの存在が明記されていた[2]

また、給油時間を短縮するために給油装置からフィルターを取り外し、給油の速度を上げる改造を行っていたことが原因でドイツGPのピットで火災を起こしたこともあった[3]

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 B194
  • 全長 4,075 mm
  • 全幅 1,996 mm
  • ホイルベース 2,880 mm
  • 前トレッド 1,690 mm
  • 後トレッド 1,618 mm
  • 重量 515kg
  • 燃料タンク容量 200L
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー ブレンボ
  • ブレーキディスク・パッド カーボンインダストリー
  • ホイール BBS
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン[編集]

記録[編集]

シューマッハは2戦失格・2戦出場停止というハンディを負いながらも、8勝6ポールポジションを記録して自身初のドライバーズチャンピオンを獲得した。しかし、セカンドドライバーの成績が不振だったことから、コンストラクターズチャンピオンはウィリアムズにさらわれてしまった。

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
ブラジルの旗
PAC
太平洋共同体の旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
欧州連合の旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1994 5 ドイツの旗 シューマッハ 1 1 1 1 2 1 1 DSQ Ret 1 DSQ EX EX 1 2 Ret 103 2位
5/6 フィンランドの旗 レート Ret 7 Ret 6 9 Ret
6 オランダの旗 フェルスタッペン Ret Ret Ret 8 Ret 3 3 Ret 5 Ret
6 イギリスの旗 ハーバート Ret Ret

脚注[編集]

  1. ^ a b 『F1グランプリ特集』9月号、ソニーマガジンズ、1994年、29頁。
  2. ^ F1グランプリ・ストーリー #7ベネトン・ルノー(CSフジテレビ)
  3. ^ 三栄書房刊 GRAND PRIXCARS 名車列伝Vol.7