ラルース・LH94

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラルース・LH94
カテゴリー F1
コンストラクター ラルース
デザイナー ティノ・ベッリ
ティム・ハロウェイ
先代 ラルース・LH93
主要諸元
シャシー カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコック
全長 4,400mm
全幅 2,000mm
トレッド 前:1,670mm, 後:1,570mm
ホイールベース 2,946mm
エンジン フォード・HB シリーズVIII 3,500cc V型8気筒・75度 ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ベネトン製
燃料 エルフ
オイル エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム トゥルテル・ラルースF1
ドライバー モナコの旗 オリビエ・ベレッタ
フランスの旗 エリック・コマス
フランスの旗 フィリップ・アリオー
フランスの旗 ヤニック・ダルマス
日本の旗 野田英樹
スイスの旗 ジャン=デニス・ドゥレトラーズ
出走時期 1994年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
初戦 1994年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ラルース・LH94 (Larrousse LH94) はフランスのレーシングチーム、ラルース1994年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーティノ・ベッリティム・ハロウェイが設計した。LH94はラルースにとって2作目のオリジナルカーであり、最後の車となった。チームは金融問題のため翌1995年シーズンに参戦できなかった。


コンセプト[編集]

LH94はイギリスビスターに拠点を置きロビン・ハードが率いるラルースUKが開発した、前年型のLH93を正常進化させたマシンであった。モノコック周辺は前年のLH93に基づいていた。フロントサスペンションは前年型から変更されなかったが、ダンパービルシュタイン製からペンスキー製に変更された。LH94はLH93よりも剛性が高められた。

前作との主な違いは、再給油が認められたことで燃料タンクが小型化したことと、異なるエンジンを搭載したことである。1993年、ラルースはクライスラーが資金提供するランボルギーニV12エンジンを搭載していたが、ランボルギーニがF1を撤退したためフォード・コスワースHBエンジンを搭載することとなった。このエンジンは前年にベネトンマクラーレンが使用していた物であった。ラルースはかつて1987年1988年1991年にフォード・コスワースエンジンを使用していた。

ラルースはまた、ベネトンと交渉し前年のギヤボックスの供給を受けた。しかしながら、ラルースとベネトンの関係は1994年ドイツグランプリでベネトンがピット火災を起こし、その釈明として燃料ホースのフィルターを取り外したのはラルースと燃料関係機器メーカーのインターテクニックが協議した上でフィルターを取り外したことによるとしたことで、物議を醸すこととなった。

製造[編集]

ラルースUKは4台のLH94を製造した。初めの3台はシーズン前に完成したが、4台目のLH94/4はフランスグランプリでLH94/3と置き換えられた[1]。車のカラーリングは新たなスポンサーの影響を受けた。フランス政府からの支援を数年間受けた後、ベルギーアルケンマース醸造所のスポンサーを受けることとなる。当初はトゥルテルブランドの緑色のカラーリングであったが、その後姉妹ブランドクローネンブルグの赤白のカラーリングに変更された。

開発[編集]

限られた予算にもかかわらず、ラルースは1994年シーズンに向けてテストスケジュールを計画していた。しかし、アイルトン・セナローランド・ラッツェンバーガーサンマリノグランプリで事故死した後、車両速度を下げるためレギュレーションが改定され、タウンフォースとエンジンパワーが抑えられた。その結果、LH94のための新たなパーツが開発されシーズン残りのために確認されたが、これがチームの財政状況を悪化させることとなった。

レース戦績[編集]

ドライバーはエリック・コマスが前年に引き続いて起用され、セカンドドライバーは国際F3000に参戦し、資金を持ち込んだオリビエ・ベレッタが起用された。開幕戦ブラジルではコマスが9位完走し、次戦の英田では6位入賞でポイントを獲得した。しかしながらサンマリノ後のレギュレーション変更で車の開発が停滞し、またエンジントラブルもこの時期に合わせて発生、リタイアが続いた。ベネトン製のトランスミッションによる効率的なギアチェンジにも関わらず、LH94は代わらぬアンダーステアと貧弱なトラクションに苦しんだ。コマスは「車を運転するのが面白い」と語っている[2]。ライバルチームが進歩するにつれて、ラルースは徐々にグリッド後方に向かって沈んでいった。しかしながらコマスはドイツグランプリで2度目のポイントを獲得している。

ラルースの危うい財政状況はシーズン終盤に顕わとなり、ベレッタからの持ち込み資金も尽きたため、チームは生き残るためにペイドライバーに頼らざるを得なくなった。ベレッタはかつてのラルースのドライバー、フィリップ・アリオーヤニック・ダルマスと交代し、彼らも終盤でルーキーの野田秀樹と交代した。シーズン最終戦のオーストラリアGPではファーストドライバーのコマスもジャン=デニス・ドゥレトラーズと交代した。

ラルースは1995年シーズンへの継続参戦を模索したが、新車開発のための十分な資金を用意できなかった。チームはその後、シーズン開始前にジュニアF1チームと合併し、追加のスポンサーが現れるのを期待した。LH94は新レギュレーションに合わせて厳しいクラッシュテストをパスするよう改造され、新車は第3戦のイモラを焦点に開発しようとした。LH94の改造型は重量過多であり、競争力に欠けていた。しかしながら、ラルースは十分な資金を調達することができず、レースに参加すること無くF1から撤退した。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1994 LH94 BRA
ブラジルの旗
PAC
太平洋共同体の旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
欧州連合の旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
2 11位
19 モナコの旗 オリビエ・ベレッタ Ret Ret Ret 8 Ret Ret Ret 14 7 9
フランスの旗 フィリップ・アリオー Ret
フランスの旗 ヤニック・ダルマス Ret 14
日本の旗 野田英樹 Ret Ret Ret
20 フランスの旗 エリック・コマス 9 6 Ret 10 Ret Ret 11 Ret 6 8 Ret 8 Ret Ret 9
スイスの旗 ジャン=デニス・ドゥレトラーズ Ret

参照[編集]

  1. ^ Henry (ed.), p.165
  2. ^ Henry (ed.), p.74

外部リンク[編集]