オランジーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランジーナのガラス瓶
オランジーナの缶

オランジーナ(Orangina、オレンジーナ)は、フランスオランジーナ・シュウェップス社(サントリーグループ[1])の柑橘系炭酸飲料ブランド。フランスではコカ・コーラを凌ぐ人気で国民的な清涼飲料水である。炭酸飲料であるが、ボトルを開ける前に軽く振ってから飲む。

同社の公表によれば、炭酸水とオレンジ10%、レモングレープフルーツミカン計2%の合計12%以上の柑橘系果汁ブレンドと2%の食用果肉を成分とする。

歴史[編集]

フランス系アルジェリア人のLeon Betonが1936年アルジェリアで発売。戦後フランス本土で広まり後々に国民的な飲料品となる。1962年アルジェリア独立によってフランスに引き揚げたBetonがオランジーナ社を設立し、1995年にはオランジーナ・ルージュという姉妹製品も発売された。

オランジーナ社は2009年、サントリーによって買収された。

日本では輸入食材を扱う食料品店などで販売されていたが、2012年3月27日より、日本版オランジーナがサントリーフーズより発売開始された。日本版の発売にあたって、リチャード・ギア(ただしアイルランド系アメリカ人)が、映画『男はつらいよ』の登場人物「車寅次郎」をモチーフにした「TORA」というキャラクターを演じるテレビCMが放送された。なお、この日本版オランジーナはフランスのものとは成分やボトルの形が異なる[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北米市場ではドクターペッパー・スナップルグループが商標権を持つ。
  2. ^ オランジーナ、日本で大ヒットの理由、フィールドプロモーションニュース、2012年4月21日 18:40。

外部リンク[編集]