サントリーオールフリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サントリーオールフリー
Suntory ALL FREE
Suntory allfree 500ml.JPG
種類 炭酸飲料
製造元 サントリー酒類株式会社
(発売元)
販売元 サントリービア&スピリッツ
株式会社
発祥国 日本
販売開始 2010年8月3日
アルコール度数 0.00%
ピルスナー
関連商品 キリンフリー
キリン休む日のAlc.0.00%
アサヒポイントゼロ
サッポロスーパークリア
イスターク
公式サイト http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/

サントリーオールフリー(Suntory ALL FREE)は、サントリーノンアルコールの炭酸飲料。サントリーグループのサントリー酒類株式会社が製造・発売元となり、実際の販売はサントリー&ビアスピリッツ株式会社が行っている。

概要[編集]

「3つのゼロ」(アルコール・カロリー・糖質ゼロ)を実現した、アルコール分0.00%のノンアルコールビールテイスト飲料(炭酸飲料)である。ファインゼロの後継商品に該当する。

ノンカロリー・糖質ゼロだけでなく、低プリン体(100mlあたり0-0.5mg)であることによる健康志向や同時期の猛暑による需要拡大により生産が追い付かず、発売1週間後に発売を一時休止すると発表[1]。その後生産体制を整え、販売休止から4週間後の9月7日に販売を再開した。このこともあり、ノンアルコールビールテイスト飲料では後発品ながら、発売開始から1年間(2010年8月~2011年7月)で同分野での累計販売金額(インテージMAI調べ)においてNo.1のブランドに躍り出た[2]

販売当初は350ml入りのレギュラー缶と334ml入りの小びんの2サイズ展開だったが、2011年2月8日により大きいサイズを求めるニーズに応えた500ml入りのロング缶を追加発売し、現在は3サイズ展開となっている。

同年12月に350ml缶・500ml缶において初のリニューアルを実施。アロマホップの配合比率や製法を見直し、ビールらしい味わいとすっきりとした後口を追求した[2]

2013年4月には、「オールフリーブランド」初の派生商品としてレモンとライムフレーバーを加えた「オールフリー シトラススパークル」を7月2日より夏季限定で発売すると発表。 同時に「もっと気軽に楽しめるサイズがほしい」という要望に応えるかたちで従来のレギュラー版の250mlのミニ缶を6月11日より発売すると発表した[3]

他社のノンアルコールビールテイスト飲料同様、アルコール分0.00%なので法律上の問題はないと説明しているものの、未成年者がアルコール飲料を飲むことの誘引するおそれがあることから、(満19歳以下の)未成年者が飲用するのを推奨していない。

商品の特徴[編集]

  • アルコール分0.00%により、自動車の運転がある場合でも飲用可能である。
  • 一番麦汁だけを使用している。
  • 天然仕込みである。
  • 白色と金色を基調としたパッケージデザインは、アルコール分0.00%、味わい、品質性を表現している。
原材料名
麦芽
糖類糖化スターチ
ホップ
酸味料
酸化防止剤ビタミンC
香料
甘味料アセスルファムKスクラロース
100ml当たり栄養成分
エネルギー 0 kcal
たんぱく質 0 g
脂質 0 g
糖質 0 g
食物繊維 0 - 0.1 g
ナトリウム 0 - 7 mg

製法[編集]

  • 麦芽を主原料に、天然水仕込みの麦汁をベースとする。それによりアルコールが生成されない。
  • 原材料の配合や仕込み方法の最適化により、ビールのような泡をつくり、ビール類の代替商品として完成させている。

CM曲[編集]

アイドル・フォーのカヴァー曲でボサノヴァ調にアレンジされている。

山口智子が出演する「アクティブな休日」篇、および「休肝日」篇にて使用されている。

CMキャラクター[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]