マウンテンデュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006年以降に販売されたマウンテンデュー

マウンテンデュー(Mountain Dew)とは、レモンライムの風味の弱炭酸飲料である。販売元はペプシコ。日本での販売はサントリーフーズが行っている。商品名は密造ウィスキーを意味する口語に由来しているが、日本語の逐語訳では「山のしずく」である。2011年よりグレープフレーバーが販売されている。

歴史[編集]

1940年代アメリカ合衆国テネシー州ノックスビルで飲料工場を経営していたバーニーとアリー・ハートマン兄弟により、ウイスキーに混ぜるレモンライム味のミキサーとして開発された。1964年にペプシコが販売権を獲得し、アメリカで販売網を広げた。日本では1981年、北関東飲料(現北関東ペプシコーラ販売)から販売開始された。発売以来、ヒット商品として当時低迷していたペプシを牽引していたが、名古屋地区のフランチャイズであった中部ペプシコーラボトリング(現チェリオ中部)ではライバル製品であるスイートキッスの販売に力を入れていた(名古屋地域で放送されたCMでは「中部ペプシコーラボトリング」のクレジット付だった)。

昔の瓶のパッケージ

2006年にパッケージをリニューアルした。 2007年に500mlペットボトルで「マックスエアー」を発売した。これはやや炭酸を強めて、液色を緑色にしたものであるが、基本的な味は同じである。マックスエアーは1年ごとにリニューアルを行い、2009年現在「マックスエアー3」になっている(現在は生産終了)。なお、日本初登場時はみかん果汁が1%含まれていたが、現在は無果汁である。

2010年4月26日にはメタルギアソリッド ピースウォーカーとのコラボレーションで登場キャラクターがデザインされた缶が限定発売された。特典としてマウンテンデューもしくはペプシNEXのどちらかひとつがデザインされたTシャツを着た兵士でゲーム上で遊ぶことが出来るパスコードがついている。

2012年にパッケージがリニューアルされ、500mlペットボトルが新たに発売。成分が人工着色料不使用のものへと変更された。

ラインナップ[編集]

「マックスエアー」は2007年に初登場して以来、毎年5月頃にリニューアルされる。

  • 330ml瓶(2006年5月発売の期間限定品)
  • 350ml缶
  • 500ml缶
  • 500mlペットボトル
  • マウンテンデューグレープ 350ml缶
  • マウンテンデューホワイトアウト 500mlペットボトル(2012年6月12日発売)
  • マックスエアー 500mlペットボトル(2007年5月発売)
  • マックスエアー2 500mlペットボトル(2008年5月20日発売)
  • マックスエアー3 500mlペットボトル(2009年5月発売)

テレビCMに出演した人物[編集]

外部リンク[編集]