ジム・ビーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジム・ビームJim Beam)は、ケンタッキー州クラーモントで蒸留製造されているバーボン・ウイスキーの銘柄である。この銘柄のウイスキーは、1795年以来、蒸留製造されている。ジム・ビーム銘柄は、ビーム社が所有していたが、2014年、ビーム社全株をサントリーホールディングスが総額160億ドルで買収し[1]、2014年5月に社名をビーム サントリーに変更した。

蒸留製造者[編集]

Jim Beam

祖先のヨハネス・ヤーコプ・ボームはドイツからケンタッキー州に移り住み、その後蒸留製造所を開く。ビーム一族出身の七世代に渡るアルコール蒸留製造者がいる。

  • ヨハネス・ヤーコプ・ボーム(1770年 - 1834年)※後に英国風にジェイコブ・ビームに改名。
  • デヴィッド・ビーム(1802年 - 1854年
  • デヴィッド・M・ビーム(1833年 - 1913年
  • ジェイムズ(ジム)・B・ビーム大佐(1864年 - 1947年
  • T・ジェレマイア・ビーム(1899年 - 1977年
  • F・ブッカー・ノー II世(ジェイムズ・B・ビームの孫、1929年 - 2004年
  • フレッド・ノー(1957年 - 現在)

現在のマスター・ディスティラーのジェリー・ダルトン(1998年 - 現在)は、このバーボン銘柄において、ビーム一族出身でない最初のマスター・ディスティラーである。ビーム一族出身者たちが、なおヘヴン・ヒルの蒸留製造所にあってマスター・ディスティラーでもある。

バーボンの種類[編集]

同様にビームの名で広く知られる、何種類かのジム・ビームが入手可能である:

  • ジム・ビーム 白ラベル(熟成 4年、80プルーフ)
  • ジム・ビーム 白ラベル(熟成 7年、80プルーフ、ラベルのトップに君臨する「プレミアム・エイジド・セヴン・イヤーズ・オールド」、ケンッタキー州外では入手不能と伝えられているが、米国の他の多数の州でも購入できる)
  • ジム・ビーム 緑ラベル(熟成 5年、80プルーフ、「ジム・ビームズ・チョイス」)
  • ジム・ビーム 黒ラベル(熟成 8年、86プルーフ)
  • ジム・ビーム 黄色ラベル(ライ麦ウイスキー、熟成 4年、80プルーフ)

ジム・ビームはまた、4種類のプレミアム・スモール・バッチ・バーボンを製造している:「ノブ・クリーク」、「ベイシル・ヘイディン」、「ベイカーズ」、そしてブッカー・ノーに因んで名づけられた「ブッカーズ」である。

2005年2月14日に、ジム・ビームは、1000万樽目のバレルを熟成用ラックに格納した。

ジム・ビームは、バーボンとされる必要条件に適っている。マッシュトウモロコシが51%を越えており、新しい、焦がしたオークのバレル(樽)のなかで、米国の必要基準である 2年以上の長い期間貯蔵される(「ストレート・バーボン」の呼称が許可されるのに必要な熟成期間は 2年である。単なる「バーボン」には、このような必要熟成期間はない)。ジム・ビームは、グレインを膨らませるのにライ麦大麦を使用している。

他のバーボンと同様に、ジム・ビームは、新しい発酵過程におけるイーストにとって良好な環境を生み出すため、前回の発酵のポーション(廃液の一部)を使用する。これは、サワードウ・ブレッドを作るとき使われるプロセスと非常によく似ているので、「サワー・マッシュ」(醸造仕込み液)として知られる。標準の白ラベルのジム・ビーム・ウイスキーは明るい琥珀色を呈する。

ジム・ビームの蒸留製造所は、アメリカン・ウイスキー・トレイル(American Whiskey Trail、EN)の一部である。

その他のジム・ビーム関係の製品[編集]

食品[編集]

2004年7月26日に、タナシー・フッズ・LLC(Thanasi Foods LLC、ref)は、ジム・ビームに浸したスナック菓子製品である、ビーム・ソークド・サンフラワー・シーズ(註:「ビーム浸透のひまわり」の意味)を発売すると発表した。これは、オリジナル、バーベキュー、そしてハラペーニョの三種類の風味がある。2004年10月18日には、ジム・ビーム・ソークド・ビーフ・ジャーキーをこのシリーズに追加すると発表した。

モーター・レーシング[編集]

  • ロビー・ゴードン(Robby Gordon、EN)は、NASCARネクステルカップにおいて、7番ジム・ビームを運転した(ジム・ビームはゴードンのスポンサーであった)。
  • スティーヴン・ジョンソンとウィル・デヴィソンは、ジム・ビームがスポンサーとなった、17番と18番のディック・ジョンソン・レーシング(EN)チーム・カーを運転した。

日本における輸入元の変遷[編集]

日本ではニッカウヰスキーが1989年から取り扱っていた[2][3]が、2013年よりサントリーが輸入販売を手掛けている[4](逆にジャックダニエルアーリータイムズなどの輸入権がサントリーからアサヒビールに移った)[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ UPDATE 3-サントリーHD 、米ウイスキー大手買収で合意 総額1兆6500億円”. ロイター (2014年1月14日). 2014年1月17日閲覧。
  2. ^ 「ジャックダニエル」販売権、サントリーからアサヒへ”. 朝日新聞デジタル (2012年9月19日). 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月17日閲覧。
  3. ^ アサヒビール(株)、マキシアム社と日本市場におけるマキシアム扱い商品の販売提携に基本合意”. アサヒビール (2002年4月3日). 2014年1月17日閲覧。
  4. ^ 世界No.1バーボンウイスキー「ジムビーム」など輸入酒10ブランド26品目新発売― 米国大手スピリッツメーカー ビーム社との連携強化 ―”. サントリー酒類 (2012年9月19日). 2014年1月17日閲覧。
  5. ^ 世界有数のスピリッツ・ワイン会社ブラウンフォーマン社と日本国内での販売契約の基本合意”. アサヒビール (2012年9月19日). 2014年1月17日閲覧。

外部リンク[編集]


translation : en:Jim Beam 14:11, 20 June 2007 より翻訳
contributors : Wifki, Sidp, Kennstinson, Matt Adore, Mm1978 et al.