シュウェップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュウェップス (Schweppes) は、世界各国で販売されるソフトドリンク炭酸水のブランドである。

歴史[編集]

主力商品のトニック・ウォーター

18世紀末にドイツ人時計技師であり発明家のヨハン・ヤコブ・シュヴェッペ(Johann Jacob Schweppe)が炭酸ミネラルウォーターを製造する機械を開発し、1783年ジュネーヴでシュウェップス社を創業。その後事業拡大のため会社をロンドンに移転。

主な商品としては、ジンジャーエール(1870年)、ビター・レモン(1957年)、トニック・ウォーター(最古の清涼飲料水とも言われる・1771年)がある。

かつて、天然の炭酸水を利用していたことからのマークが用いられている。また、20世紀に登場した他のソフトドリンクメーカーの飲料よりも総じて炭酸は控えめとなっている。

世界各国への進出が行われているが、現在は国によって製造者は異なる。かつてキャドバリー社が元祖シュウェップス社と合併し「キャドバリー・シュウェップス社(Cadbury Schweppes Plc)」(後にキャドバリー社に社名を戻す)となっていたが、アメリカ合衆国では、キャドバリー社からスピンオフした「ドクター・ペッパー・スナップル社(Dr Pepper Snapple Group)」が製造販売を担当している。

また、イギリスアイルランドブラジル香港ニュージーランドルーマニア日本では、コカ・コーラ社が製造・販売を担当している。また、ポーランドではペプシコ社が製造を担当している。

なお、1980年代の日本では、このブランドライセンスをアサヒビールが取得し、アサヒビールの清涼飲料ラインナップのひとつとして製造、発売されていた。1996年のアサヒ飲料発足後に伴うアサヒビールグループの事業再編により、1998年にUCC上島珈琲に販売権が移り、2000年11月からは日本コカ・コーラから販売されている。

2008年12月、キャドバリー社はオーストラリアでのシュウェップス飲料事業をアサヒビールに売却し、すべてのシュウェップス関連事業の売却を完了することを発表した[1]。アサヒビールがシュウェップス事業を手掛けるのは10年ぶりである。2009年3月に正式に売買契約を締結、4月末に売却が完了した。なお、オーストラリア飲料最大手であるコカコーラ・アマティル社にも2009年3月までカウンター・オファー(対抗買収)を仕掛ける権利が残されていたが、独占禁止法などの問題から結局行使されなかった。[2]

日本では長らく「トニックウォーター」のみの販売となっていたが、2012年6月、「オランジーナ」(サントリー[3]の対抗商品として、「ブリティッシュレモントニック」が発売された[4]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.abc.net.au/news/stories/2008/12/24/2454910.htm
  2. ^ http://www.abc.net.au/news/stories/2008/12/25/2455011.htm
  3. ^ フランスにおいては同じ会社から販売されている。
  4. ^ 現在は改良され、商品名も「シュウェップスビターレモン」に変更された

外部リンク[編集]