ロータス・109

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロータス 109
イギリスGPでシルバーストンを走行する109ドライバーはジョニー・ハーバート
カテゴリー F1
コンストラクター ロータス
デザイナー クリス・マーフィー
先代 ロータス・107
後継 ロータス・112
主要諸元
エンジン 無限MF351HC・MF351HD
主要成績
チーム チーム・ロータス
ドライバー イギリスの旗 ジョニー・ハーバート
イタリアの旗 アレッサンドロ・ザナルディ
イギリスの旗 フィリップ・アダムス
フランスの旗 エリック・ベルナール
フィンランドの旗 ミカ・サロ
出走時期 1994年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
初戦 1994年スペインGP
最終戦 1994年オーストラリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
12 0 0 0
テンプレートを表示

ロータス・109 (Lotus 109) は、チーム・ロータス1994年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、クリス・マーフィーが設計した。1994年の第5戦から最終戦まで実戦投入された。1958年以来F1に参戦してきたチーム・ロータスにとって最後のF1マシンとなった。

概要[編集]

109は無限エンジン搭載のために新設計されたマシン。ジョニー・ハーバートのドライブで第5戦スペインGPにて実戦デビューし、アレッサンドロ・ザナルディは第7戦から使用した。

1993年限りでメインスポンサーのカストロールが撤退し、代わりの大口スポンサーを見つけられないまま資金難に見舞われた。また、アイルトン・セナローランド・ラッツェンバーガーの事故死によるレギュレーション変更でまともにテストをすることが出来なかったことなどが重なり、実戦投入が当初予定より遅れた。実戦投入後も資金難から開発が進まず、入賞に届かない平凡な成績が続いた。

イタリアGPでは新型エンジンMF351HDをハーバートのマシンに投入し、予選4位を獲得した[1]。これは1994年シーズンでの予選最上位となる。しかし、決勝ではスタート直後、ジョーダンエディー・アーバインに後方から追突されスピンアウト。この他にも混乱がありレースは再スタートとなったが、新型MF351HDを搭載したレースカーは使えなくなった。従来型MF351HCエンジンを搭載したスペアカーで再スタートせざるをえず[1]、最終的にリタイヤとなった。

チームの資金難は深刻度を増し、エースドライバーであるハーバートの契約をフラビオ・ブリアトーレがオーナーとなったリジェに売却した。以後エリック・ベルナールペドロ・ラミーミカ・サロフィリップ・アダムスなど短期間でのドライバー交代が立て続き、チーム状況を立て直せないままノーポイントでシーズンを終了した。

1995年に向けて109を元に112の開発も行われていたが、ロータスは資金難解消の目途が立てられずF1から撤退し、112が日の目を見ることはなかった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
ブラジルの旗
PAC
太平洋共同体の旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
欧州連合の旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1994 11,12 イタリアの旗 ザナルディ Ret Ret Ret 13 Ret 16 13 Ret 0 -
12 イギリスの旗 ハーバート Ret 8 7 11 Ret Ret 12 Ret 13
11 ベルギーの旗 アダムス Ret 16
11 フランスの旗 ベルナール 18
11 フィンランドの旗 サロ 10 Ret

脚注[編集]

  1. ^ a b Racing On・アーカイブス Vol.4』 三栄書房2011年、p.78。ISBN 9784779612398
  2. ^ レースによって使い分け

外部リンク[編集]