日産・R390

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産・R390
Nissan-R390.JPG
カテゴリー ル・マン・プロトタイプ
コンストラクター 日産
デザイナー トニー・サウスゲート
先代 日産・R380
後継 日産・R391
主要諸元
全長 4,720 mm (185.8 in)
全幅 2,000 mm (78.7 in)
全高 1,140 mm (44.9 in)
ホイールベース 2,720.3 mm (107.1 in)
エンジン 3.5リッター VRH35L ツインターボ DOHC V8 ミッドシップ/リアドライブ
トランスミッション 6速 シーケンシャル・マニュアル
重量 1,029 kg (2,269 lb) Race car; 1,098 kg (2,421 lb) Road car
主要成績
テンプレートを表示


日産・R390は、日産自動車1990年代後半にル・マン24時間レースのために、トム・ウォーキンショー・レーシング (TWR) の協力のもと開発されたレーシングカーである。

名称は、かつて1960年代日本グランプリで活躍した日産・R380R382の系列として名づけられた。

成り立ち[編集]

建前上はグランドツーリングカー (GT) ということになっているが、実質的な中身はプロトタイプレーシングカーである。この手法は、1994年のル・マンに参戦したダウアーポルシェ(ポルシェ962Cをロードゴーイングカーとして改造したもの)が先駆けである。設計はトニー・サウスゲート、エクステリアデザインはイアン・カラムが担当した。

当初は、TWRがポルシェと組み1996年にルマンを制したLMP1クラスのオープンプロトタイプであるポルシェ・WSC95をベースに開発する計画であったが、最終的にTWRに保管されていたジャガー・XJR-15がベースカーとなり、出走するクラスはLMP1からGT1へと変更された。

エンジンは、1990年代のグループCで活躍した名機3.5L・V8ツインターボのVRH35Zをベースに開発されたVRH35Lが搭載された。この2機は型式こそ違ってはいるが、新型が開発されたわけではなく、VRH35Zにリストリクターを装着しブースト圧を下げただけで、エンジンそのものはVRH35Zそのままである。VRH35ZはかつてグループC最強とまで言われたエンジンではあったが、リストリクターによる空気流量制限への最適化が行われておらず、性能はかなり低くなってしまっていた。

ロードカー[編集]

当初はLMP1クラスでの参戦が計画されていた。しかしGT1規定へと変更がなされたため、当時の規定によりレースカーの原型とされるロードカー(市販車)も開発された。1997年に1台のみが製作・発表され、翌年には1997年に製作された1台を改装して1998年仕様車として発表したが、当時の日産の財政事情の悪化が追い打ちをかけ、R390のロードカーが実際に販売されることはなかった。現在ロードカーは日産座間記念車庫にレースカーと共に保管されている。

レースでの成績[編集]

日産・R390(1998年仕様)

ル・マン24時間には1997年に初参戦した。予備予選ではポールポジションを獲得する順調なスタートであった。しかし、リヤトランクをメッシュとし、ギアボックスの冷却ダクトの内部に収容した構造が、現地でレギュレーション違反と指摘された。そこで急遽トランクを密閉構造の箱形に変更したが、ギアボックスの冷却が阻害されるトラブルが発生し、結果は残せなかった。また、日産側とTWR側の連携コミュニケーションの問題も露呈した。

1998年の参戦時には、1997年のマシンの弱点であったギアボックスの改善、ロングテール化などの空力改善、ウィリアムズF1チームからTCSやABSなどを導入するなどし、性能を向上させた。さらに日産とTWRの連携を確実にしてチーム体制を強化した。堅実なマシン作りで抜群の安定性をみせ、星野一義鈴木亜久里影山正彦の乗るマシンが総合3位を獲得し、ノバエンジニアリングからJOMOのスポンサードによってエントリーした前年度のマシンをアップデートさせた車両を含む出走した4台全車が10位以内で完走する健闘をみせた。

1999年にはGT1規定の消滅に伴いR390での参戦をやめ、オープントップのル・マンプロトタイプであるR391で参戦するも、電気系統のトラブルによるリタイヤに終わった。それ以降日産はル・マンから遠ざかっている。

その他[編集]

  • エクステリアデザインを手掛けたイアン・カラムは、「ヘッドライトなどにはフェアレディZ、リアのコンビネーションランプにはスカイラインGT‐R等の日産車デザインを盛り込んだ」とのこと。
  • リアコンビネーションランプのレンズカバーには、"FIAT"のロゴが刻印されている。これはクーペ・フィアットのライトを流用している。

関連項目[編集]