富士1000km

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

富士1000km(ふじせんきろ)は、1967年から1992年まで毎年富士スピードウェイで開催されていた耐久レース。鈴鹿1000kmオイルショックで中断した時期もあったのに対し、富士1000kmはその間も中断せず開催され続けたが、1993年全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)の崩壊、および景気後退で中止。以降は開催されなくなった。1999年に富士スピードウェイ35周年企画として、ル・マン24時間レース規定による「ル・マン富士1000km」として一度だけ復活した。 2007年全日本スポーツカー耐久選手権の1戦として組み込まれ、8年ぶりに復活した。

1967年のスタート時はTMSC(トヨタモータースポーツクラブ)の主催。1977年富士ロングディスタンスシリーズ開始と同時に、FISCOクラブの主催となった。1985年全日本耐久選手権の一戦となり国際格式レースとなると同時に再びTMSC主催(VICICと共催)となった。

なお1983年から1988年は「WEC-JAPAN」(WSPCの一戦)として、1989年から1991年は「インターチャレンジ富士1000km」(JSPCの一戦)として、1992年はMSCC(マツダスポーツカークラブ)主催で、富士の1000kmレースは年2回ずつ開催された。

歴代優勝車/ドライバー[編集]

WEC-JAPAN 富士1000km[編集]

WEC-JAPAN勝者

インターチャレンジ富士1000km[編集]

  • 1989年 トヨタ・89C-V(小河等/バリラ)
  • 1990年 悪天候のため中止
  • 1991年 日産・R91CP(星野一義/鈴木利男)