クリス・ニッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ニッセン (2007年)

ニルス=クリスチャンクリス・ニッセン(Nils-Kristian "Kris" Nissen, 1960年7月20日 - )は、デンマーク出身の元レーシングドライバーである。2009年2月現在、フォルクスワーゲンのモータースポーツディレクターの職にある。

ニッセンはカートでレースを始め、1976年と1977年にデンマークチャンピオンになった。1982年にはデンマークのフォーミュラ・フォード2000で、1986年にはドイツF3でチャンピオンになり、同年11月には鈴鹿で行われた全日本F3の最終戦にスポット参戦し、勝利を挙げた。

翌1987年からは全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権への参戦を開始し、レイトンハウスポルシェ・962Cをドライブした。1988年は第3戦終了時点でポイントリーダーに立っていたが、第4戦富士500マイルレース直前の7月22日に富士スピードウェイで行われたテストセッション中に第1コーナーでほとんど減速することができずにコースアウトしクラッシュした。この事故でマシンは全焼し、ニッセンは顔面を含む全身の40%におよぶ火傷を負い重体になった[1]

1989年から1992年に掛けて、ニッセンはドイツツーリングカー選手権(DTM)でBMWBMW・M3のワークスマシンをドライブした。1991年のニュルブルクリンク24時間レースにBMWで勝利し、1992年にはノルディック・ツーリングカー選手権ノルディックカップを獲得した。この年の後半には、負傷したアラン・メニューに代わりイギリスツーリングカー選手権(BTCC)のBMWをドライブした。1993年にはドイツGT選手権でランキング2位となり、1994年にはDTMに戻りアルファ・ロメオをドライブした。

1995年にはフォードでドイツSTWスーパーツーリングカーカップに参戦し、1996、1997、1999年にはアウディから同選手権に参戦した。1999年には、フォルクスワーゲン・ビートルでこの年に開始したデンマークツーリングカー選手権にもスポット参戦した。2000年にはDTMに再参戦を果たし、クリスチャン・アプトアウディ・TTを走らせた。2001年と2002年にはV8スター選手権に参戦し、これを最後に現役を引退した。

脚注[編集]

  1. ^ 「オートスポーツ 1988年9月1日号 P.65」三栄書房

外部リンク[編集]

先代:
フォルカー・ヴァイドラー
ドイツF3チャンピオン
1986
次代:
ベルント・シュナイダー