フェラーリ・333SP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・333SP
Horag Hotz Ferrari 333 SP.jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 1994年 - 2000年
ボディタイプ 2座席スパイダー
エンジン F130E型 3.997 L 65度 V12 DOHC
最高出力 650ps
変速機 5速 シーケンシャルMT
駆動方式 MR
全長 4,569 mm
全幅 2,000 mm
全高 1,025 mm
ホイールベース 2,740 mm
車両重量 860 kg
-自動車のスペック表-

フェラーリ・333SPは、1994年IMSA・WSC(ワールドスポーツカー)参戦用にフェラーリが製作したプロトタイプレーシングカーである。「333」の由来は、エンジン1気筒あたりの排気量 (333.09cc) から。フェラーリがプロトタイプレーシングカーを投入するのは、1973年312PB以来、21年ぶりのことであった。

概要[編集]

333SPの開発計画は、ステアリングメーカー「MOMO」の社長であり、現役レーサーでもあるジャンピエロ・モレッティが、フェラーリ副社長のピエロ・ラルディ・フェラーリに提案したことから始まる[1]。アメリカのIMSAで、1994年より生産エンジンをベースにしたWSCクラスが創設される機会にあわせて開発された。

計画担当はF1部門(スクーデリア・フェラーリ)ではなく、子会社のフェラーリ・エンジニアリング[1]ジャンパオロ・ダラーラトニー・サウスゲイトの協力を得てデザインを行い[1]ダラーラが製作を担当した。後期型はパドヴァのチューナーミケロットが担当した。

エンジンはロードカーF50用に開発中だった自然吸気 4.7L 65度V型12気筒 DOHC 5バルブエンジンをベースにしてストロークを短縮し[1]、WSCの上限排気量である4.0Lまで縮小された(ティーポF130E)。最高出力は650ps / 11,000rpm、最大トルクは45kgm / 9000rpm[2]。このエンジンを遡ると、1992年のF1マシンであるF92Aに搭載されていた3.5Lエンジン(ティーポ040)に繋がる[3]

センターモノコックはカーボンコンポジットとアルミハニカムで成型し、シーケンシャルタイプの5速MTが組み合わされた[2]

サスペンションは前後ともF1的なプッシュロッドを用いていた[4]

WSCのレギュレーションでは「エンジンは市販車の4L以下の物」というものだったが、333SP完成時にはまだF50の発売前でしかもF50のエンジンは4.7Lだったため、オーガナイザーのIMSAは協議の末、特例として参戦を認めた。オーガナイザーとしてもフェラーリの参戦がシリーズの盛り上げに必要と考えたためである[5]

333SPは当初こそオーガナイザーに歓迎されたものの、しだいにその強さが懸念されるようになり、最初の仕様で11,500rpmだったエンジンのレブリミットが11,000rpmに制限され、一気筒あたり5バルブの仕様も禁止されてしまった。さらに吸気制限のためのエア・リストリクターまで義務づけられてしまった[5]

一台あたりの価格は約100万ドルだった[4]

戦績[編集]

コクピットのクローズアップ写真

333SPのレース活動はフェラーリ自身のワークス参戦ではなく、プライベーターへの供給・サポートという方法で行われた。

333SPは1994年IMSA第3戦ロードアトランタでデビューし、ワンツーフィニッシュを飾る。このシーズンは計5勝したが、途中参戦だったためシリーズ2位となった。

1995年は、クラシック耐久のデイトナ24時間セブリング12時間にも参戦。デイトナはトラブルでリタイヤに終わるも、セブリングではフェラーリにとって23年ぶりの優勝を飾る。このシーズンは5勝して、ドライバーズ(フェルミン・ヴァレス)、マニュファクチャラーズの両チャンピオンを獲得した。

この年はル・マンにも参戦。フェラーリにとってプロトタイプでのル・マン参戦は1973年以来22年ぶりのことであったが、結果は3周でエンジントラブルによってリタイヤした。ル・マンには翌1996年も参戦し、ファステストラップをマーク。1997年は6位でフィニッシュした。

セブリング12時間では1997年・1998年にも優勝。デイトナ24時間は1996年・1997年と2年連続2位で苦杯を舐めるが、1998年には27年ぶりの優勝を成し遂げた。モレッティは15回目のデイトナ挑戦で頂点をつかみ[6]、このレースを最後に引退した。

1997年には欧州のインターナショナル・スポーツカー・レーシング・シリーズ (ISRS) に参戦し、スポーツカー・レーシング・ワールド・カップ (SRWC) 、FIA スポーツカー選手権(FIA SCC) とシリーズが変遷する中で、2001年までに数々の勝利とタイトルを積み重ねた。

333SPは1980年代のポルシェ・962同様、長い現役生活の中で多くのプライベーターに重宝されるマシンとなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 磯部道毅 『Ferrari V12 -Racing Sports,GT&F1』 三樹書房、1999、143 - 144 頁。
  2. ^ a b "フェラーリF333 SP". Ferrari.com. 2013年2月27日閲覧。
  3. ^ "期待を込めて". Ferrari.com. 2013年2月27日閲覧。
  4. ^ a b 二玄社刊『CG選集 フェラーリ2』 372-377頁。
  5. ^ a b アシェット『公式フェラーリF1コレクション Vol.79』
  6. ^ "『モモ』創業者ジャンピエロ・モレッティ亡くなる". オートスポーツ.(2012年1月17日)2013年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]