サリーン・S7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サリーン・S7
SAG2004 181 Ferrari.JPG
S7R
Balfe Saleen.jpg
販売期間 2000年-
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 2000年-2004年
7.0L V8 OHV
2005年-
7.0L V8 OHV ツインターボ
最高出力 2000年-2004年
558仏馬力/6,400rpm
2005年-
760仏馬力/6,300rpm(ツインターボ)
変速機 6速MT
駆動方式 MR
サスペンション ダブルウィッシュボーン式
全長 4,774mm
全幅 1,981mm
全高 1,041mm
車両重量 1,247kg
-自動車のスペック表-

サリーン・S7アメリカの自動車メーカー「サリーン」が開発したオリジナルスーパーカーである。

概要[編集]

2000年に市販車より先にルマンプロトタイプレースカーが販売され、その後公道向け一般車両としても発売された。一般向けの公道走行可能な車両も、先に登場したレースに準じた仕様となっている。エンジンはフォードV8エンジンを参考に、サリーンが全て新開発したオールアルミ製7LのV型8気筒OHVミッドシップに搭載し、最高出力558仏馬力/6,400rpm、最大トルク72.86kg·m/4,000rpmという強力なパワー&トルクを発揮する。0→400m加速は11.8秒、最高速度は200mph(約322km/h)に到達する。

車体はミッドシップカーらしく全体に低く流麗なスタイルで、シャシはアルミハニカム構造でスチールチューブのサブフレームを延長したものとなっている。サスペンションはレーシングタイプの ダブルウィッシュボーン・コイルダンパーで、ブレーキはサリーンとブレンボの共同開発品を装備する。マフラーは後方リアバンパー部分から突き抜けた片側2本ずつの左右4本出し。内装は市販車仕様は空調、オーディオ等の快適装備に、さらに豪華なコノリーレザー本革を使用。フルバケットシートはオーナーの体形に合わせ、採寸するという贅沢な仕様となっている。

S7 ツインターボ[編集]

2005年にマイナーチェンジでエンジンにツインターボが装着されたモデル。出力は約200仏馬力向上して750仏馬力/6,300rpmを発生、さらに0-100km/h加速2.8秒、最高速度248mph(約399km/h)と、パフォーマンスも強化された。 さらに2006年には「コンペティションパッケージ」というレース用オプションが登場、これにアップグレードすると最高出力1000仏馬力、最高速度は260mph(約420km/h)にも達する。

S7をレース用にアップグレードしたS7RがFIA GT選手権ル・マン24時間レースなどの欧州レースを中心に活躍している。