リチャード・アトウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・アトウッド
Richard Attwood 1968 kl.JPG
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 イングランドの旗 イングランドスタッフォードシャー(現ウェスト・ミッドランズウルヴァーハンプトン
生年月日 1940年4月4日(74歳)
F1での経歴
所属チーム BRM
レッグ・パーネル・レーシング
クーパー
ロータス
活動時期 1964-1965, 1967-1969
出走回数 17 (16 starts)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 11
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1964年イギリスGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1969年モナコGP
タイトル 0
テンプレートを表示

リチャード "ディッキー"・アトウッドRichard "Dickie" Attwood 1940年4月4日 - )は、イングランドウルヴァーハンプトン出身の元レーシングドライバーである。アトウッドは、BRMロータスクーパーからF1に参戦した。F1キャリアでは、表彰台に1度立ち、11ポイントを獲得した。アトウッドはスポーツカーレースでも成功を収め、ポルシェ・917をドライブして1970年のル・マン24時間レースで勝利を挙げた。

初期の経歴[編集]

アトウッドは見習いとしてスポーツカーメーカーのジャガーに入った。1960年にはトライアンフTR3でレースを始めた。1961年にアトウッドはミッドランズレーシングパートナーシップ (MRP) チームに加入してクラブレースのフォーミュラ・ジュニア (FJ) レースに参戦を開始し、1962年の終わりまでこれを続けた。1963年にこのチームは国際的な舞台へと活動の場を広げると、アトウッドはモナコグランプリのFJのサポートレースにローラMK5で勝利し注目を浴びた。シーズンを通じての他の活躍もあり、アトウッドはGrovewood Award(自動車のライターの投票により選出される、イギリス人の有望な若手に与えられる賞)を獲得した。

この成功を背景に、MRPは1964年にF2クラスにステップアップした。アトウッドはウィーンで優勝し、ポーグランプリ、アイフェルレンネン、アルビグランプリで2位に入った。この当時はトップレベルのグランプリドライバーもf2に並行参戦していた。ポーでは、実にフルワークスのロータスに乗るF1世界チャンピオンのジム・クラークに負けただけだった。

F1とその他フォーミュラカーシリーズ[編集]

アトウッドのF2でのパフォーマンスにより、BRMの経営者、アルフレッド・オーウェンはアトウッドにワークスF1チームのシートを提供した。アトウッドのBRMからの初の出走は、グッドウッドで開催された非選手権レース、"News of the World Trophy"だった。このレースでアトウッドはBRM・P57で4位となったが、これはコーリン・チャップマン率いるロータスの車両以外では、優勝車と同一周回でフィニッシュした唯一の車両だった。アトウッドの2度目の出走は1964年イギリスグランプリで、実験的な四輪駆動車、P67をドライブした。この四輪駆動車プロジェクトのテストドライバーのアトウッドは、この重量過多のマシンで決勝に駒を進めることに成功し、最後尾ではあったがグリッドを獲得した。しかしながら、P67は基本的にテスト用のものであるため、BRMは決勝を前に出走を取り消す決定を下した。

アトウッドはティム・パーネルと、パーネルのチームであるレッグ・パーネルレーシングのロータス・251965年シーズンにドライブする契約を結んだ。25はかつては一流のマシンだったが、アトウッドにとっては、1965年にはすでにベストのマシンではなくなっていた。また、搭載されたBRMエンジンも完全に競争力が欠けていた。マシンの信頼性は高かったが、シーズン全体でのポイント獲得は2度の6位だけだった。

F1マシンBRM・P261をドライブするアトウッド。エンジンキャパシティ以外はアトウッドが1966年と1967年にタスマンシリーズでドライブしたものと同一。

1966年、アトウッドはBRMのタスマンシリーズチームの一員としてオーストラリアニュージーランドに向かった。タスマンでのアトウッドのパフォーマンスは、ニュージーランドのレビンでの勝利を含めて有望なものでだったが、それにもかかわらず –1965年のF1での失望的なパフォーマンスが原因かも知れないが– アトウッドは1966年から1967年にかけてはF1のレギュラーシートを得ることはできなかった。この間にアトウッドが出走したのはクーパーのレギュラードライバーペドロ・ロドリゲスの代わりに参戦した1967年カナダグランプリだけで、このレースではクーパー・マセラティを10位でゴールさせた。1966年はF2に参戦し、ローマグランプリで勝利を挙げたほか、ポーでは同地で2度目となる2位を獲得した。しかし、1967年にはスポーツカーレースに注力した。

1968年のインディ500マイク・スペンスが不慮の死を遂げると、アトウッドは運営者がパーネルに変わっていたBRMワークスチームに再加入し、スペンスの空いたシートに収まった。BRMに戻っての最初のレースはアトウッドにとっての最高のレースだったかも知れない。アトウッドは1968年モナコグランプリファステストラップを記録し、グラハム・ヒルのワークスロータスに次ぐ2位を獲得した。しかしその後の成績は下降線を辿り、シーズンの最終4戦を残しアトウッドはボビー・アンサーと交代させられた。

常にモナコを得意としていたアトウッドは、そのモナコで最後のF1レースをスタートした。コーリン・チャップマンは負傷したヨッヘン・リントの代わりにアトウッドにロータス・49Bをドライブさせ、アトウッドは見事に4位を獲得した。これがアトウッドにとって最後のF1ドライブとなったが、フランク・ウィリアムズのチーム(フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ)からブラバムのF2マシンで1969年ドイツグランプリに参戦した。そのレースを総合6位でフィニッシュし、F2クラスでは2位となった。

スポーツカーレース[編集]

ニュルブルクリンクでオープン仕様のフォード・GT40をドライブするアトウッド(1965年)

1964年にアトウッドはF1でのキャリアをスタートさせたが、フォードのGTプロトタイプのプロジェクトチームから同時期に接触を受け、後にフォード・GT40を開発に参加した。アトウッドはこの象徴的なレーシングカーの最初のドライバーの一人となり、ジョー・シュレッサーとマシンをシェアして1964年のル・マン24時間レースに出走したが、マシンから出火したためにレースをリタイヤした。アトウッドの主要な国際的スポーツカーレースでの初優勝は南アフリカで開催された1964年のランド9時間レースで、デビッド・パイパーフェラーリ・P2でのものだった。

アトウッドはレーシングドライバーとして、デビッド・パイパーと長く続く関係を持った。アトウッドは以後5年にわたり、250LMや330P3、330P4を含め、パイパーの緑色のフェラーリを様々なレースでドライブし、スポーツカー世界選手権で何度かポイントを獲得し、マラネロ・コンセッショネアーズチームでパイパーとコンビを組んだ。この期間には、1967年のスパ1000kmで3位、ツェルトヴェーグ500kmで2位を獲得した。アトウッドは自身をフェラーリとフォードだけのドライブに制限することは無く、ポルシェ・906アルファロメオ・T33もドライブした。アトウッドは、GT40の後継車ながら失敗作に終わったGTモデル、フォード・P68の数少ないドライバーの一人にもなった。このマシンで1968年のニュルブルクリンク1000kmに出走したが、メカニカルトラブルによりフィニッシュすることはできなかった。

プライベーターのポルシェをドライブしていたアトウッドは、1969年のスポーツカー世界選手権で、ワークスチームのポルシェをドライブする契約を結んだ。主にイギリス人のヴィック・エルフォードと組んで参戦し、最高位はポルシェ・908でBOAC500(両ドライバーの地元ブランズハッチで開催された)とワトキンスグレン6時間レースでの2度の2位だった。このシーズンの後半、アトウッドは再度象徴的なレーシングスポーツカーの開発に参加した。そのマシンとはポルシェ・917である。エルフォード/アトウッド組の917LHは1969年のル・マン24時間レースでかなりの時間をリードしたが、残り2時間の時点でギアボックストラブルに見舞われ327周でリタイヤした。

アトウッドとハンス・ヘルマンのドライブで1970年のル・マン24時間レースの勝利に向かうポルシェ・917K

アトウッドは1970年もル・マン24時間レースに参戦し、ハンス・ヘルマンとともにポルシェ・917Kで勝利を挙げた。ヘルマンとアトウッドは同年のニュルブルクリンクでは908にマシンを戻して2位を獲得した。このコンビは、翌1971年のル・マン24時間レースではジョン・ワイヤー率いるプライベーターチームの917で2位に入った。この年はツェルトヴェーグ1000kmで勝利も挙げたが、シーズン終了後にアトウッドはモータースポーツから引退した。

1984年、アトウッドはアストン・マーチンニムロッドのル・マンプロジェクトのために短期間の現役復帰を果たした。このプロジェクトは危機的な状況であり、同年のル・マン24時間レースをマシントラブルでリタイヤすると、アトウッドは第一線から完全に引退した。ヒストリックモータースポーツの人気が高まるとともに、アトウッドはしばしばイベントに登場するようになり、アトウッドの所有する917(スティーブ・マックイーン栄光のル・マンで使用した車両)の展示を行うようになった。このマシンは、アトウッドのドライブで1970年にル・マンを制した車両と同様の塗装が施された。また、アトウッドは年に一度開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにもしばしば参加している。

F1での生涯成績[編集]

(key) (斜体のレースはファステストラップ)

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 WDC Points
1964 Owen Racing Organisation BRMP67 BRM V8 MON
NED
BEL
FRA
GBR
DNS
GER
AUT
ITA
USA
MEX
- 0
1965 Reg Parnell Racing ロータス25 BRM V8 RSA
MON
Ret
BEL
14
FRA
GBR
13
NED
12
GER
Ret
ITA
6
USA
10
MEX
6
16th 2
1967 Cooper Car Company クーパーT81B マセラティ V12 RSA
MON
NED
BEL
FRA
GBR
GER
CAN
10
ITA
USA
MEX
- 0
1968 Owen Racing Organisation BRMP126 BRM V12 RSA
ESP
MON
2
BEL
Ret
NED
7
FRA
7
GBR
Ret
GER
14
ITA
CAN
USA
MEX
13th 6
1969 Gold Leaf Team Lotus ロータス49B コスワース V8 RSA
ESP
MON
4
NED
FRA
GBR
13th 3
Frank Williams Racing Cars ブラバムBT30 (F2) コスワース S4 GER
6 *
ITA
CAN
USA
MEX

* F2エントリー、クラス2位。

外部リンク[編集]

先代:
ジャッキー・イクス
ジャッキー・オリバー
ル・マン24時間歴代勝者
1970 with:
ハンス・ヘルマン
次代:
ヘルムート・マルコ
ジィズ・ヴァン・レネップ