エマーソン・フィッティパルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エマーソン・フィッティパルディ
Emerson Fittipaldi - 001.jpg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 同・サンパウロ
生年月日 1946年12月12日(67歳)
F1での経歴
所属チーム '70-'73 ロータス
'74-'75 マクラーレン
'76-'79 コパスカー
'80 フィッティパルディ
活動時期 1970-1980
出走回数 144
優勝回数 14
通算獲得ポイント 281
表彰台(3位以内)回数 35
ポールポジション 6
ファステストラップ 6
初戦 1970年イギリスGP
初勝利 1970年アメリカGP
最終勝利 1975年イギリスGP
最終戦 1980年アメリカ東GP
タイトル 2 (1972,1974)
テンプレートを表示

エマーソン・フィッティパルディEmerson Fittipaldi, ポルトガル語の発音ではエメルソン、1946年12月12日 - )はブラジル・サンパウロ生まれのレーシングドライバー。元F1ドライバー、CARTドライバーである。F1とCARTの両方でチャンピオンになった。愛称はエモ(Emo)。F1現役時代は大きなもみ上げがトレードマークであった。

プロフィール[編集]

デビュー[編集]

1969年ブランズ・ハッチでのF3レース

サンパウロでモータースポーツジャーナリストでラジオ解説者のウィルソン・フィッティパルディと妻のジュズィ (Juzy) の間に裕福な家庭の長男として生まれる。エマーソンという名前は父親が敬愛するアメリカの作家ラルフ・ワルド・エマーソンにちなんだもの。

ウィルソン・フィッティパルディと共にレースを始め、カートやフォーミュラ・ビーの国内チャンピオンを獲得。当時のライバルにホセ・カルロス・パーチェがいた。

1969年に単身イギリスに渡り、ジム・ラッセル・レーシングスクールを経てフォーミュラ・フォードに参戦。すぐに頭角をあらわし、1970年にはロータスF2チーム入りを果たした。

F1[編集]

ロータス時代[編集]

F2マシンの性能がイマイチだった為に結果は出せなかったが、1970年シーズン途中にロータスF1チームのNo.3ドライバーとして加わり、イギリスGPでF1デビューした。

ところが、想定外のアクシデントが大きなチャンスをもたらす事になる。イタリアGP開催地・モンツァでのヨッヘン・リントの事故死と、ジョン・マイルスの引退によってNo.1ドライバーに昇格。大抜擢直後のアメリカGP72Cに乗り、初優勝を遂げた。キャリア4戦目の快挙であり、ブラジル人ドライバーのF1初優勝でもあった。

1971年ドイツGP

ロータスでの最初のフルタイム参戦となった1971年は、ガスタービンエンジン56Bの失敗や交通事故の後遺症もあって未勝利に終わり、ドライバーランキング6位であった。

1972年シーズンはJPSカラーに塗り替えられた72Dの熟成がすすみ、12レース中5勝を獲得。4勝のジャッキー・スチュワートティレル)を下してシリーズチャンピオンになった。

25歳273日でのワールドチャンピオンは当時の最年少記録であり、2005年にフェルナンド・アロンソ(24歳58日)が更新するまで、33年間も更新されることのなかった大記録であった。母国のブラジルではこれを記念した記念切手が作られるなど、名実ともにブラジルの英雄となった。

1973年シーズンは初開催の地元ブラジルGPを制し、国民を熱狂させた。序盤戦は3勝と好調だったが、シーズン途中に登場した72Eに悩まされ、スチュワートに次ぐランキング2位に終わった。

この年は、チームメイトとなった親友ロニー・ピーターソンの速さにも対抗しなけらばならなかった。終盤のイタリアGPでは、チャンピオンの可能性を残すフィッティパルディを優勝させるという了解が存在したが、レースではチームオーダーが発動されず、ピーターソンが優勝した[1]。フィッティパルディはチームオーナーのコーリン・チャップマンに不信感を抱き[2]、高額の契約を提示したマクラーレンへの移籍を決意した。

マクラーレン移籍[編集]

1974年イギリスGP

1974年は強豪のマクラーレンと契約して、M23をドライブした。ブラジルGP連覇をふくめて3勝、2位・3位それぞれ2回ずつという安定した成績を残し、4名によるチャンピオン争いに加わった。フィッティパルディとクレイ・レガツォーニフェラーリ)が同点で最終戦を迎え、このレースでノーポイントに終わったレガツォーニを抑えて2度目のワールドチャンピオンを獲得した。

1975年は2勝したものの、フェラーリのニキ・ラウダについで2位に終わった。スペインGPではコースの安全管理の不備に抗議してひとりボイコットし、レースでは実際に観客死傷事故が発生した。

コパスカー・フィッティパルディ[編集]

1976年

1976年は兄のウィルソン・フィッティパルディが設立し、自らも運営に関与するコパスカー・フィッティパルディ[3]に移籍した。

ブラジルの国営精糖・精銅会社コパスカー (Copersucar) から多額の資金援助を得るなど、国家的英雄としてまさに国を挙げたサポートを受けた参戦であった。

移籍後は1978年にブラジルGPで2位を獲得した他、1980年には自らと第2ドライバーのケケ・ロスベルグがそれぞれ1回ずつ3位に入賞するなどところどころで活躍を見せた。しかし、マシンの戦闘力がそれほど高くないため、入賞は多いものの優勝争いに絡むことはなかった。

若くしてチャンピオンに登りつめたものの、F1キャリアの後半をファミリーチームの立ち上げに費やす形となり、3度目のチャンピオン獲得は成らなかった。1980年シーズンをもって引退を表明し、その後はブラジルで一族の果樹園と自動車アクセサリー事業を営んだ。

CART[編集]

パトリック時代[編集]

1984年に現役復帰し、アメリカのCARTシリーズに参戦した。38歳の最初のシーズンはパトリックレーシングに参加するまで2チームに所属した。パトリック・レーシングには5年間所属し、1985年のミシガン500でCART初勝利を獲得。1986年は1勝、1987年と1988年はそれぞれ2勝を挙げるとともに、高い完走率を示した。

1989年には5勝をあげ、すべてのレースで5位以内完走することによって、CARTチャンピオンになった。シリーズ初のアメリカ人以外のチャンピオンであり、F1とCARTという欧・米のトップカテゴリ両方を制覇したのはマリオ・アンドレッティに続き2人目であった[4]。同年のインディ500では200周のうち158周をリードし、終盤アル・アンサーJr.と激しいトップ争いを繰り広げた。両者接触によりアルアンサーJr.はリタイアしたがエマーソンには大きな損傷はなく、結果的に2位以下に2周差をつけて伝統のイベントを初制覇した。

ペンスキー時代[編集]

1994年インディ500

1990年から強豪チームの1つであるペンスキー・レーシングに移籍。1993年と1994年には2年連続ランキング2位になるなど、その後も安定した好成績を保ち続けた。

1993年には2度目のインディ500の優勝を果たした。その際、勝者の伝統である「ミルク飲み」をほとんどせず、替わりに自身の経営する農園で作られたオレンジジュースばかりを飲んでいたため批判を受けるという珍しい出来事があった。

50歳近くまで一線ドライバーとして活躍したが、1996年のミシガン500出場中にハイスピードオーバルで大クラッシュを喫して首を負傷し、長期欠場に追いやられた。復帰を目指していたが、翌年には自家用機の墜落事故でまた負傷し、現役引退を決意した。

引退後[編集]

2003年にCARTのチームオーナーに就任。2005年にはグランプリマスターズに出場した。また、A1グランプリでブラジルチームを率いて若手ドライバーの育成にも励んだ。

人物・エピソード[編集]

ブラジル人ドライバーの先駆者[編集]

フィッティパルディはF1でもCARTでもブラジル人として最初のチャンピオンになった。彼の成功体験を追って、ブラジルから海外に渡って挑戦する者たちが現われ、その中からネルソン・ピケアイルトン・セナといったブラジル人F1チャンピオンが誕生した。CARTやIRLでもジル・ド・フェランクリスチアーノ・ダ・マッタトニー・カナーンといったチャンピオンを輩出し、ブラジル人ドライバーは様々なカテゴリで確固たる地位を築いている。

先駆者であり、人格者でもあるフィッティパルディは後輩たちから慕われた。セナが1993年にF1休養を検討した際には、ペンスキーのインディマシンをテストする機会を与えた。

縁戚[編集]

実兄ウィルソン・フィッティパルディもレーシングドライバーとしてF1まで進出した実績がある。甥のクリスチャン・フィッティパルディ(ウィルソンの息子)もF1とCARTのレギュラードライバーとして1990年代から活躍した。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1970年 ロータス 49C RSA ESP MON BEL NED FRA GBR
8
GER
4
AUT
15
10位 12
72C ITA
DNS
CAN USA
1
MEX
Ret
1971年 RSA
Ret
ESP
Ret
6位 16
72D MON
5
NED FRA
3
GBR
3
GER
Ret
AUT
2
CAN
7
USA
NC
ワールドワイド 56B ITA
8
1972年 ロータス 72D ARG
Ret
RSA
2
ESP
1
MON
3
BEL
1
FRA
2
GBR
1
GER
Ret
AUT
1
CAN
11
USA
Ret
1位 61
ワールドワイド ITA
1
1973年 ロータス ARG
1
BRA
1
RSA
3
2位 55
72E ESP
1
BEL
3
MON
2
SWE
12
FRA
Ret
GBR
Ret
NED
Ret
GER
6
AUT
Ret
ITA
2
CAN
2
USA
6
1974年 テキサコ/マクラーレン M23 ARG
10
BRA
1
RSA
7
ESP
3
BEL
1
MON
5
SWE
4
NED
3
FRA
Ret
GBR
2
GER
Ret
AUT
Ret
ITA
2
CAN
1
USA
4
1位 55
1975年 マクラーレン ARG
1
BRA
2
RSA
NC
ESP
DNS
MON
2
BEL
7
SWE
8
NED
Ret
FRA
4
GBR
1
GER
Ret
AUT
9
ITA
2
USA
2
2位 45
1976年 コパスカー FD04 BRA
13
RSA
17
USW
6
ESP
Ret
BEL
DNQ
MON
6
SWE
Ret
FRA
Ret
GBR
6
GER
13
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
15
CAN
Ret
USA
9
JPN
Ret
17位 3
1977年 ARG
4
BRA
4
RSA
10
USW
5
ESP
14
MON
Ret
SWE
18
12位 11
F5 BEL
Ret
FRA
11
GBR
Ret
GER
DNQ
AUT
11
NED
4
ITA
DNQ
USA
13
CAN
Ret
JPN
1978年 フィッティパルディ F5A ARG
9
BRA
2
RSA
Ret
USW
8
MON
9
BEL
Ret
ESP
Ret
SWE
6
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
4
AUT
4
NED
5
ITA
8
USA
5
CAN
Ret
10位 17
1979年 ARG
6
BRA
11
USW
Ret
ESP
11
BEL
9
MON
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
21位 1
F6 RSA
13
F6A GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
8
CAN
8
USA
7
1980年 F7 ARG
NC
BRA
15
RSA
8
USW
3
BEL
Ret
MON
6
FRA
Ret
15位 5
F8 GBR
12
GER
Ret
AUT
11
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
Ret

脚注[編集]

  1. ^ 『Racing On アーカイブス Vol.05 ロータスとティレル』 イデア、2012年、p.75。
  2. ^ アラン・ヘンリーの回想録 その3”. ESPN F1 (2010年4月15日). 2012年4月24日閲覧。
  3. ^ コンストラクターとしてのエントリー名は、1979年まではスポンサーである「コパスカー」を用い、1980年から1982年にかけては「フィッティパルディ」を用いた。
  4. ^ アンドレッティとフィッティパルディの他には、ナイジェル・マンセルジャック・ヴィルヌーヴが両シリーズチャンピオンとなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ジャッキー・スチュワート
F1ドライバーズチャンピオン
1972年
次代:
ジャッキー・スチュワート
先代:
ジャッキー・スチュワート
F1ドライバーズチャンピオン
1974年
次代:
ニキ・ラウダ
先代:
ダニー・サリバン
インディ500優勝者
1989年
次代:
アル・アンサーJr.
先代:
アル・アンサーJr.
インディ500優勝者
1993年
次代:
アル・アンサーJr.