ラルフ・ワルド・エマーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラルフ・エマーソン

ラルフ・ウォルドー・エマーソンRalph Waldo Emerson [rælf ˈwɑːldoʊ ˈemərsən]1803年5月25日 - 1882年4月27日)は、アメリカ合衆国思想家哲学者作家詩人エッセイスト。無教会主義の先導者。

Waldoはウォルドウ、ウォルド、ワルド、Emersonはエマソン、エマスンなどとも表記される(英語では、Emersonは第1音節にアクセントがある)。

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに生まれる。18歳でハーバード大学を卒業し21歳までボストンで教鞭をとる。その後ハーバード神学校に入学し、伝道資格を取得し、牧師になる。自由信仰のため教会を追われ渡欧、ワーズワースカーライルらと交わる。帰国後は個人主義を唱え、アメリカの文化の独自性を主張した。

作品[編集]

  • Nature (1836)
  • The American Scholar (1837)
  • Divinity College Address (1838)
  • Literary Ethics (1838)
  • Essays: First Series (1841)
  • Man the Reformer (1841)
  • The Conservative (1841)
  • The Method of Nature (1841)
  • The Transcendentalist (1842)
  • Essays: Second Series (1844)
  • The Young American (1844)
  • Representative Men (1850)
  • English Traits (1856)
  • Brahma (1857)
  • The Conduct of Life (1860)

著作[編集]

  • 『Civilization,art,eloquence and books; essays.』 Dept.of Literature,Tokio Daigaku,、1873年
  • 『Culture and behavior; essays.』 Dept.of Literature,Tokio Daigaku,、1882年
  • 『Essays of Emerson.』1、Kyushundo,、1889年
  • 『エマーソン氏一語千金』 蓮沼磐雄訳、1897年
  • 『恵磨遜の書簡』 ノルトン編、民友社訳、民友社、1901年9月。
  • 『偉人論 標註』 大谷正信訳、大日本図書、1903年10月。
  • 『恵馬遜傑作集』 大谷正信訳、大日本図書、1906年11月。
  • 『処世論』 高橋五郎訳、玄黄社、1910年2月。
  • 『エマーソン論文集』第1編、水島慎次郎訳、内外出版協会、1910年3月。
  • 『大英国民』 水島耕一郎訳、博文館、1912年7月。
  • 『エマーソン論文集』 戸川秋骨(明三)訳、玄黄社、1912年
  • 『社交論』 高橋五郎訳、日進堂、1913年
  • 『偉人論講話』 栗原古城訳註、東亜堂書房、1913年
  • 『エマアソン全集』第1-8巻、国民文庫刊行会〈泰西名著文庫 第2部〉、1917年
  • 『自然論 附・エマソン詩集』 中村詳一訳、越山堂〈世界名著文庫 第10編〉、1920年
  • 『エマスン詩集』 中村詳一訳、聚英閣〈泰西詩人叢書 第2編〉、1923年
  • 『世界大思想全集』第21巻、春秋社、1931年
  • 『代表偉人論』 平田禿木訳、玄黄社、1932年
  • 『自然論』 片上伸訳、岩波書店〈岩波文庫 952〉、1933年
  • 『代表偉人論』 柳田泉訳、春秋社〈春秋文庫 第3部 第3〉、1933年
  • 『自然論』 柳田泉訳、春秋社〈春秋文庫 第3部 第5〉、1933年
  • 『エマスン論文集 第1巻.歴史・自恃・報償 他3篇』 戸川秋骨訳、岩波書店〈岩波文庫 1808-1813〉、1938年
  • 『エマスン論文集 第2巻.細慮・勇壮・大霊 他4篇』 戸川秋骨訳、岩波書店〈岩波文庫 1808-1813〉、1939年
  • 『エマスン論文集 第3巻.経験・人格・作法 他5篇』 戸川秋骨訳、岩波書店〈岩波文庫 1808-1813〉、1939年
  • 『代表偉人論』 柳田泉訳、春秋社松柏館〈春秋社思想選書〉、1941年
  • 『代表偉人論』第1-5、柳田泉訳、春秋社松柏館〈清明文庫〉、1946年
  • 『アメリカの学者 他3篇』 高木八尺斎藤光訳、新月社〈英米名著叢書〉、1947年
  • 『エマスン論文集』 原一郎訳註、筑紫書房〈Helix Library〉、1948年
  • 『英国の印象』 加納秀夫訳、新月社〈英米名著叢書〉、1948年
  • 『エマソンの言葉』 志賀勝訳、西村書店、1948年
  • 『英国の印象』 加納秀夫訳、新月社〈英米名著叢書〉、1948年
  • 『エマソン日記抄』 富田彬訳、新月社〈英米名著叢書〉、1948年
  • 『代表偉人論』 柳田泉訳、春秋社〈思想選書〉、1949年
  • 『エマアスン選集』第1,2冊、関書院、1949年
  • 『学問の仕方』 市橋善之助訳、星光書院、1950年
  • 『英国の印象』 加納秀夫訳、研究社出版〈アメリカ文学選集〉、1957年
  • 『エマソンの日記』 ブリス・ペリー編、富田彬訳、有信堂〈アメリカ思想史叢書 第9〉、1960年
  • 『エマソン選集 第1巻 自然について』 斎藤光訳、日本教文社1960年
  • 『エマソン選集 第2巻 精神について』 入江勇起男訳、日本教文社、1961年
  • 『エマソン選集 第3巻 生活について』 小泉一郎訳、日本教文社、1961年
  • 『エマソン選集 第4巻 個人と社会』 原島善衛訳、日本教文社、1960年
  • 『エマソン選集 第5巻 美について』 斉藤光訳、日本教文社、1961年
  • 『エマソン選集 第6巻 代表的人間像』 酒本雅之訳、日本教文社、1961年
  • 『エマソン選集 第7巻 たましいの記録』 小泉一郎訳、日本教文社、1961年
  • 『人間教育論』 市村尚久訳、明治図書出版〈世界教育学選集〉、1971年
  • 『エマソン論文集 上巻 自然他6篇 略年譜』 酒本雅之訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1972年
  • 『エマソン論文集 下巻 大霊・円他6篇 訳者解説』 酒本雅之訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1973年
  • 『自然と逍遥』 H.D.Thoreau著、青山義孝編註、旺史社教科書部、1988年2月。ISBN 4-87119-501-5
  • 『自己信頼と償いについて』 生駒幸運編、旺史社教科書部、1992年4月。ISBN 4-87119-556-2
  • 『エマアソン全集.第1巻 論文集 上巻』 平田禿木訳、日本図書センター、1995年10月。ISBN 4-8205-9414-1ISBN 4-8205-9413-3 (セット)
  • 『エマアソン全集.第2巻 論文集 下巻』 平田禿木訳、日本図書センター、1995年10月。ISBN 4-8205-9415-XISBN 4-8205-9413-3 (セット)
  • 『エマアソン全集.第3巻 代表偉人論』 平田禿木訳、日本図書センター、1995年10月。ISBN 4-8205-9416-8ISBN 4-8205-9413-3 (セット)
  • 『エマアソン全集.第4巻 社交及孤独』 戸川秋骨訳、日本図書センター、1995年10月。ISBN 4-8205-9417-6ISBN 4-8205-9413-3 (セット)
  • 『エマアソン全集.第5巻 英国印象記』 平田禿木訳、日本図書センター、1995年10月。ISBN 4-8205-9418-4ISBN 4-8205-9413-3 (セット)
  • 『エマアソン全集.第6巻 文学及社会』 戸川秋骨訳、日本図書センター、1995年10月。ISBN 4-8205-9419-2ISBN 4-8205-9413-3 (セット)
  • 『エマアソン全集.第7巻 自然論、演説及講演』 戸川秋骨訳、日本図書センター、1995年10月。ISBN 4-8205-9420-6ISBN 4-8205-9413-3 (セット)
  • 『エマアソン全集.第8巻 人生論』 戸川秋骨訳、日本図書センター、1995年10月。ISBN 4-8205-9421-4ISBN 4-8205-9413-3 (セット)
  • 『自然について』 斎藤光訳、日本教文社〈エマソン名著選〉、1996年12月、選集の新装版。ISBN 4-531-02111-8
  • 『精神について』 入江勇起男訳、日本教文社〈エマソン名著選〉、1996年12月、選集の新装版。ISBN 4-531-02112-6
  • 『自己信頼 新訳 世界的名著に学ぶ人生成功の極意』 伊東奈美子訳、海と月社、2009年2月。ISBN 978-4-903212-10-4
  • 『エマソンの「偉人論」 天才たちの感化力で、人生が輝く。』 伊藤淳訳、浅岡夢二監修、幸福の科学出版〈教養の大陸books〉、2009年10月。ISBN 978-4-87688-368-4

外部リンク[編集]