ハロルド・ブルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハロルド・ブルーム(Harold Bloom 1930年7月11日‐ )は、米国の文学研究者、批評家、イェール大学名誉教授。19世紀ロマン派の詩が専門だが、『影響の不安』の理論、また『ウェスタン・キャノン』のほか、独自の文学理論と、反左翼的な姿勢、全世界の文学に通じた博識の学者として知られる。

ニューヨーク市ブロンクスに生まれ育ち、イディッシュ語を母語とした。1947年コーネル大学に入学、1952年に卒業、1955年イェール大学で博士号を取得する。以後イェール大学で教員を務めた。ノースロップ・フライを先行者と見なし、ユダヤ教的なカバラーグノーシスなどを用いる独自の批評を展開し、1973年には『影響の不安』を刊行して評判となる。また1994年には『ウェスタン・キャノン』を刊行してベストセラーとなるが、これはシェイクスピアを西洋文学の中核として、当時左翼的(フェミニズム批評、ポストモダンポスト・コロニアリズムカルチュラル・スタディーズ)批評によって否定されつつあった「キャノン」(古典)の尊重を掲げたものとして、保守的批評家と見なされたが、実際にはフェミニズム、ポスト・コロニアリズムの名作とされるものも挙げられている。

そのほか、世界文学の古典についての膨大な論文集を編纂し、そのすべてに序文を書いている。

日本では「影響の不安」という語が有名で、1980-90年代に文芸評論家によって使われたが、実際はより難解なロマン派の詩の理論であり、2004年に邦訳が出て詳細な注がつけられた。

邦訳[編集]

外部リンク[編集]