戸川秋骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戸川秋骨
(Shūkotsu Togawa)
Shūkotsu Togawa.jpg
ペンネーム 戸川秋骨、長帆、かげろふ他
誕生 戸川明三
1871年2月7日
日本の旗 日本 肥後国玉名郡岩崎村(現・熊本県玉名市
死没 1939年7月9日(満68歳没)
日本の旗 日本 東京
墓地 多磨霊園
職業 英文学者評論家翻訳家
慶應義塾大学教授
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 明治学院本科
活動期間 1893年 - 1938年
ジャンル 評論、随筆、翻訳
文学活動 文学界
代表作 『エマスン論文集』
処女作 『英国騒壇の女傑、ジョージイリオット』
配偶者 (由比)友
子供 三女五男
テンプレートを表示

戸川 秋骨 (とがわ しゅうこつ、1871年2月7日明治3年12月18日) - 1939年昭和14年)7月9日)は、評論家英文学者、教育者、翻訳家、随筆家

生涯[編集]

明治3年、等照とジュンの長男として、肥後国玉名郡岩崎村(現・熊本県玉名市)に生まれた。生まれどしから、明三と名付けられた。等照は熊本藩の支藩高瀬藩の藩士だった。1877年、一族と上京し、東京師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)に入り、巴町の鞆絵小学校(現・港区立御成門小学校)に転じた。

世を捨てた父よりは、その弟に躾けられ、1883年(12歳)、大阪へ伴われて大阪中学校(旧制三高の前身)に学ぶかたわら、漢訳の聖書や英語を習った。東京へ戻り、1885年から獨逸学協会学校に学び、更に、高津柏樹の夜学に、1886年から日本英学館に、1887年から成立学舎に、通った。内外の文学に親しんだ。

1888年(明治21年)(17歳)、明治学院普通部本科2年に編入学し、島崎藤村と、のち馬場孤蝶と同級になり、1891年卒業した。既に英語は自由だった。内田周平に荘子を習った。徳富蘇峰に兄事した。日本福音教会の福音神学校を手伝って自活した。

1893年(明治26年)1月に創刊された『文学界』の同人となり、3号から寄稿した。棲月、鴎水、早川漁郎などの筆名も使った。1894年夏から、文学界同人と共に、樋口一葉と付き合った。その年末から1895年中頃まで、巌本善治明治女学校の講師を勤めた。1898年1月の終刊に至る文学界の数号を、編集した。

1895年(34歳)、東京帝国大学英文科選科に入学し、ケーベル黒川真頼らの感化を受けた。1896年から翌年まで『帝国文学』の編集委員になった。1896年の一葉の葬儀を、斎藤緑雨と取り仕切った。1898年東大選科を修了し、山口高等学校の講師(翌年教授)となった。同僚の佐々醒雪に誘われて謡曲を始め、同じく西田幾多郎と交わった。きさくな人柄から、交友が広かった。

1904年、山口高等学校の学制が変り、翌年退職し、1906年、古画商小林文七の欧米周遊の通訳として随行した。1907年明治大学の講師、真宗大学講師、1908年東京高等師範学校東京教育大学筑波大学の前身)講師となった。

1909年(明治42年)から1911年まで早稲田大学講師を勤めた。1910年慶應義塾大学講師となり、文科と予科で英文学を担当し、1911年、教授となった。同年、由比友と結婚し、のち、三女五男を得た。長女エマの名はエマーソンに、長男有悟の名はヴィクトル・ユーゴーに因んでいる。

1916年(大正5年)から1925年まで(一度中断して)明治学院に出講した。1923年から、雑誌『喜多』の編集委員になった。1925年から文化学院に出講した。

1931年(昭和6年)(62歳)、慶應義塾大学本科をやめ、以降、予科・経済学部の講師になった。1933年から、教え子たちの『秋骨会』が開かれた。『セルボーンの博物誌』の翻訳が縁で、1934年の日本野鳥の会発足の、発起人に名を連ねた。

1939年3月、慶應義塾大学と文化学院を退職した。5月以降病臥し、7月神経痛のため慶應義塾大学病院に入院し、急性腎盂炎を併発して、9日に亡くなった。『自然院釈英明秋骨居士』、墓は多磨霊園にある。

おもな文業[編集]

雑誌掲載[編集]

文学界』誌への寄稿分は、掲載稿(抄)に記載されている。

各行末のたとえば(1893.1)は、1893年1月発行の意。

  • 『女子選挙権に関する古今卓説集』(翻訳)、女学雑誌(1893.1)
  • 『近世の思潮を論ず』(評論)、帝国文学(1896.1)
  • 『希臘及希伯来の思想管見』(評論)、太陽(1896.9)
  • 『恋愛に対する日本の小説と西欧の詩歌』(評論)、文芸倶楽部(1896.11)
  • プローヴァンスの恋歌』(英文学研究)、文学界(1897.3)
  • 『英文学と伊太利文学との関係』(英文学研究)、太陽(1897.4)
  • 『文芸に於ける女性』(評論)、帝国文学(1897.8)
  • 『現代の士風及び学風』(評論)、帝国文学(1901.10)
  • 坪内博士の英文学史を読む』(英文学研究)、帝国文学(1901.12)
  • 『静平の文学と活動の文学』(評論)、新小説(1906.8)
  • 『斎藤緑雨』、文章世界(1906.8)
  • 高山樗牛』、中央公論(1907.5)
  • 『近代文学の鳥瞰図』、明星(1907.5 - 7)
  • 『綠雨君』、中央公論(1907.10)
  • 『明治学院時代』、趣味(1907.12)
  • 『英詩文評釈』(英文学研究)、文章世界(1908.4 - 12)
  • ヘンリー・フィールディング:『トム・ジョーンズ』(翻訳)、学鐙(1909.4 - 1910.1)
  • 『英文学研究』、英語世界(1910.8 - 1913.5)
  • 『上田君の訃報に接して』、英語青年(1916.8)
  • 『雪の窓にて』、三田文学(1919.3)
  • 『「桜の実の熟する時」の事』、三田文学(1919.6)
  • 『鴎外先生の追憶』、三田文学(1922.8)
  • 『ケーベル先生』、三田文学(1923.8)
  • ジョン・キーツ:『セント・アグネスの逮夜』(翻訳)、英語青年(1926.1 - 4)
  • ギルバート・ホワイト:『セルボーンの博物誌』(翻訳)、英語青年(1932.10 - 1933.8)
  • 『四十年前の文学界』、文學界(1933.11)
  • 与謝野寛氏の追憶』、行動(1935.6)
  • 『坪内先生に関する追憶』、英語青年(1935.6)
  • 内田魯庵君』、セルパン(1935.10)
  • 『半世紀に亘る交誼』(島崎藤村のこと)、文学(1936.11)

単行本[編集]

以下の各行の → の後は、最終と思われる重版改版。

  • 『西詞余情』(翻訳と随筆)、佐久良書房(1907)
  • 欧米紀遊二万三千哩』(紀行)、服部書店(1908)→ ゆまに書房明治欧米見聞録集成29(1989)ISBN 4896681894
  • 『英文学講話』(英文学研究)、東亜書院(1908)
  • 『時代私観』(評論集)、日高有倫堂(1908)
  • 『そのまゝの記』(随筆集)、籾山書店(1913)
  • 『英文学精講』(英文学研究)、東亜堂書房(1915)
  • 『文鳥』(随筆集)、圭運社(1924)
  • 『凡人崇拝』(随筆集)、アルス(1926)
  • 『英文学覚帳』(英文学随筆集)、大岡山書店(1926)
  • 『楽天地獄』、現代ユウモア全集刊行会 現代ユウモア全集3(1929)
  • 『能楽礼讃』(随筆集)、大岡山書店(1930)
  • 『自然・気まぐれ・紀行』(随筆、紀行集)、第一書房(1931)
  • 『都会情景』(随筆集)(随筆集)、第一書房(1933)
  • バトラー』(評論)、研究社(1934)→ 研究社 英米文学評伝叢書59(1980)
  • 『自画像』(随筆集)、第一書房(1935)
  • ウオルトン』(評論)、研究社(1935)→ 研究社 英米文学評伝叢書10(1980)
  • 『能楽鑑賞』(随筆集)、謡曲界出版所(1937)
  • 『朝食前のレセプション』(随筆集)、第一書房(1937)
  • 『伝記文学』(評論)、岩波書店 岩波講座世界文学 第8(1938)
没後
  • 『新日本謡曲物語』、謡曲界発行所(1940)
  • 『食後の散歩』(随筆集)、第一書房(1941)
  • 『謡曲物語』、筑摩書房 中学生全集20(1950)

訳書[編集]

  • スティブンソン:『世捨人』、英学新報社(1903)
  • ツルゲーネフ:『猟人日記』(共訳)(英訳からの重訳)、昭文社(1909)→ アルス英文叢書(1920)
  • フレデリック・ロリエ(Frederic Auguste Loliee):『比較文学史』、大日本文明協会(1910)
  • エマーソン論文集』上下、玄黄社(1911、1912)→ 『エマスン論文集』全3冊、岩波文庫(1948)
  • 『幻の人』、国民文庫刊行会(1913)
  • ヴィクトル・ユウゴオ:『哀史』(ああ無情)、国民文庫刊行会 泰西名著文庫(1915 - 1916)
  • ボッカチオ:『十日物語』、国民文庫刊行会(1916)→ 国民文庫刊行会 世界名作大観46(1927)
  • メレジュコーフスキイ:『先覚』、国民文庫刊行会 泰西名著文庫(1916)→ 改版、国民文庫刊行会 世界名作大観 各国篇 附録9(1925)
  • エマアソン全集 第1-8巻、国民文庫刊行会(1918)のうち
    • 第4巻 「社交及孤独」、第6巻 「文学及社会」、第7巻 「自然論・演説及講演」、第8巻 「人生論」 → 日本図書センター(1995)ISBN 4820594176、4820594192、4820594206、4820594214
  • トマス・カアライル:『オリヴアクロンウエル』、実業之日本社 英傑伝叢書4(1918)
  • エドガー・アラン・ポー:『鋸山奇談』、アルス英文学叢書11(1922)→ 改版、山本書店(1936)
  • エッチ・ヂー・ウェルス:『文化の聖書』(相曽博と共訳)、アルス(1923)
  • ジヨン・リチヤアド・グリイン:『大英国民史 上中下』、国民図書 泰西名著歴史叢書6、7、8(1924、1925、1927)
  • ヲッツ・ダントン(Theodore Watts-Dunton):『エイルヰン物語』改版、国民文庫刊行会 世界名作大観 英国篇 附録 第6巻(1925)
  • ジヨン・リチヤアド・グリイン:『無敵艦隊』、アルス(1925)
  • ホオル・ケエン(Hall Caine):『永遠の都』改造社 世界大衆文学全集39(1930)
  • 小泉八雲:『神国日本』(小泉八雲全集第8巻所収)、第一書房(1927)→ 改訳版(田部隆次と共訳)、第一書房(1942)
  • マコーレー論文集、春秋社 世界大思想全集72(1933)
  • 『小鳥の英文學』、山本書店 山本文庫(1936)
  • マコーレイ:『マコーレイ論文集』、春秋社 春秋文庫(1936)→ (1942)
没後

文学全集ほか[編集]

  • 『北村透谷集 : 附文学界派』、講談社 日本現代文学全集9 (1965)
    • 「変調論」「活動論」「以太利盛時の文学」「自然私観」「近来の文海に於ける暗潮」「南欧詩影」「塵窓余談」
  • 『女学雑誌・文学界集』、筑摩書房 明治文学全集32(1973)
    • 「俳人の性行を想ふ」「変調論」「活動論」「罔影録」「自然私観」「気焔何処にある」「文学復興期の事を想ふ」「近年の文海に於ける暗潮」「プローヴァンスの恋歌」「塵窓余談」
  • 川戸道昭、榊原貴教編:『明治翻訳文学全集 新聞雑誌編』、大空社
    • 29巻(1999)にゾラ:『球突』。30巻(1998)にゾラ:『大蔵大臣』。31巻(1997)に モーパッサン:『従卒』。7巻(1999)にステイヴンソン:『小船旅行』。
  • 坪内祐三編:『戸川秋骨人物肖像集』、みすず書房 大人の本棚(2004)
    • 「ケエベル先生」「知己先輩」「大藤村講演会の一幕」「三十余年前の学校生活」「(高津)柏樹先生」「至純狂熱の人北村透谷君」「ソクラテス」「山室大佐の追憶」「小泉先生の旧居にて」「斎藤緑雨君とチヤアルズ・ラム」「他界の大杉君に送る書」「団十郎の裸体姿」「北村透谷君と私」「与謝野寛氏の追憶」「坪内先生に関する憶出」「内田魯庵君」「漱石先生の憶出」「泡鳴君の墓石」「ユウモアの福沢先生」「杉森先生を憶ふ」「粟野先生の長逝」「岡倉先生の追悼」「女人交遊」「秋の夜の追憶(緑雨君の訪問)」

出典[編集]

  • 松村公子:『戸川秋骨年譜稿』、[1]
  • 昭和女子大学近代文学研究室編:『近代文学研究叢書44』、昭和女子大学近代文化研究所(1977)
  • 石丸久編:『年譜』、『筑摩書房 明治文学全集32』(1973)所載

外部リンク[編集]