グンナー・ニルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グンナー・ニルソン
1976-07-10 Gunnar Nilsson im BMW CSL.jpg
グンナー・ニルソン(1976年)
基本情報
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身地 同・スコーネ県ヘルシンボリ
生年月日 1948年11月29日
没年月日 1978年10月20日(満29歳没)
F1での経歴
所属チーム ロータス
活動時期 1976 - 1977
出走回数 31
優勝回数 1
通算獲得ポイント 31
表彰台(3位以内)回数 4
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1976年南アフリカGP
初勝利 1977年ベルギーGP
最終勝利 1977年ベルギーGP
最終戦 1977年日本GP
タイトル 0
テンプレートを表示

グンナー・ニルソンGunner Nilsson, 1948年11月29日 - 1978年10月20日)はスウェーデン出身の元F1レーシングドライバー。スコーネ県ヘルシンボリ出身。

経歴[編集]

ロータス・77をドライブするニルソン

FV等に参戦し、1975年にはイギリスF3チャンピオンとなる。翌1976年の第2戦南アフリカGPより、マリオ・アンドレッティのNo2ドライバーとしてチーム・ロータスからF1デビュー。丁度チームの低迷期だったが、第4戦スペインGPにて3位に入り、初入賞で表彰台に立つ。また第11戦オーストリアGPでも3位を獲得している。しかしマシントラブルが多く、15戦9回のリタイヤを喫した。

翌1977年もロータスから参戦する。この年、チームは元祖ウイングカーとして知られるロータス・78を開発し、全コンストラクター中最多となる5勝をマーク。このうち、ゾルダー・サーキットで行われた第7戦ベルギーGPでは、雨天の中ニルソンがニキ・ラウダに競り勝ち、初にして最後の優勝を挙げている。

しかしシーズン末、ニルソンは自分の体が精巣癌に蝕まれていることを知ることになる。それでも最終戦までシーズンを戦い抜き、翌1978年に向けてアロウズと契約を結ぶ。

しかし症状は悪化し、闘病生活に入ったニルソンは参戦断念を余儀なくされた。その後、痛み止めを拒否し、自身の資金で癌撲滅基金を創設するなど、癌撲滅キャンペーンを展開。病気の体をおしてサーキットにも現れていたが、シーズン終了直後の10月20日、ロンドンの病院で29歳で死去。

死後[編集]

死後、ニルソンを偲ぶチャリティーレースやイベントが複数行われ、その収益金がニルソンが設立した基金に寄付された。レースファンだったジョージ・ハリスンは、自身のシングル「ファースター」の売り上げを基金に寄付し、イベントにも参加。

補足[編集]

最後のレースとなった1977年日本GPでは、通常のJPSブラックカラーとは異なる、インペリアルの赤いロータスのマシンをドライブした。このカラーリングは、1戦のみの出走であり、ミニカーなども多く販売されている。

F1年度別成績[編集]

(key) (斜体はファステストラップ)

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC Points
1976 John Player Team Lotus ロータス 77 コスワース V8 BRA
RSA
Ret
USW
Ret
ESP
3
BEL
Ret
MON
Ret
SWE
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
5
AUT
3
NED
Ret
ITA
13
CAN
12
USA
Ret
JPN
6
10位 11
1977 John Player Team Lotus ロータス 78 コスワース V8 ARG
DNS
BRA
5
RSA
12
USW
8
ESP
5
MON
Ret
BEL
1
SWE
19
FRA
4
GBR
3
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
USA
Ret
CAN
Ret
JPN
Ret
8位 20

関連項目[編集]

外部リンク[編集]