マクラーレン・MP4-14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクラーレン・MP4/14
カナダGPで勝利を挙げたミカ・ハッキネンとMP4-14
カナダGPで勝利を挙げたミカ・ハッキネンとMP4-14
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー エイドリアン・ニューウェイ (テクニカルディレクター)
先代 マクラーレン・MP4-13
後継 マクラーレン・MP4-15
主要諸元
シャシー カーボンファイバー/アルミニウム ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド ロッカー.
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド ロッカー.
エンジン メルセデス FO110H 72度 V10, NA, ミッドエンジン.
トランスミッション マクラーレン製 6速, シーケンシャル, セミAT.
重量 600 kg (1,323 lb) (ドライバーを含む)
燃料 モービル 無鉛
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ウエスト マクラーレン メルセデス
ドライバー フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン
イギリスの旗 デビッド・クルサード
ドライバーズタイトル 1 ハッキネン
初戦 1999年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 7 11 9
テンプレートを表示

マクラーレンMP4-14 (McLaren MP4-14) は、マクラーレン1999年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

エイドリアン・ニューウェイがマクラーレンで初めて一から設計したマシン。ダブルタイトルを獲得したMP4-13と外見はほとんど変わらなかったが、中身を大きく変化させてきた。

開発[編集]

空力効果の向上、更なる低重心化と軽量化を極めようと試みたマシンであった。

メルセデス・ベンツエンジンは、前年より低重心・軽量・コンパクトになり、ハイパワーの出力はあるものの、ピーキーでドライバビリティが良くなかった。また、新しく投入されたサスペンションもマシン挙動を神経質かつシャープにした。

前年同様新車の発表は2月と遅く、シーズン開幕1か月前であった。ミカ・ハッキネンが新車発表直後のテストでトップタイムをたたき出したが、メカニカルトラブルも頻繁に発生していた。

シーズン[編集]

開幕戦、予選ではフロントローを確保するものの、決勝では1位・2位走行中に2台ともリタイアした。信頼性を確保するのに中盤戦まで費やし、改善後にはチームのメンテナンスミス・戦略の欠如でタイトル争いを最終戦まで持ち込むこととなった。また、MP4-14はリアの不安定さが指摘されており、その神経質な挙動をデビッド・クルサードは嫌っていた[1]ドライバーズタイトルこそ、ハッキネンが守り抜いて2連覇を達成したものの、コンストラクターズタイトルは終始信頼性が高いF399を投入し、戦略が明確であったフェラーリに、さらわれることとなった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
AUT
オーストリアの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
欧州連合の旗
MAL
マラヤ連邦の旗
JPN
日本の旗
1999 1 フィンランドの旗ミカ・ハッキネン Ret 1 Ret 3 1 1 2 Ret 3 Ret 1 2 Ret 5 3 1 124 2位
2 イギリスの旗デビッド・クルサード Ret Ret 2 Ret 2 7 Ret 1 2 5 2 1 5 Ret Ret Ret

ドライバーズランキング

  • ミカ・ハッキネン 1位 76ポイント 
  • デビッド・クルサード 4位 48ポイント

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^  「F1速報 - 開幕直前号」 ニューズ出版、2000年、8-9頁、13頁。