マクラーレン・MP4-18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクラーレン・MP4-18
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー エイドリアン・ニューウェイ
先代 マクラーレン・MP4-17D
後継 マクラーレン・MP4-19
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) インボード・トーションバー/ダンパー プッシュロッド ベルクランク ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) インボード・トーションバー/ダンパー プッシュロッド ベルクランク ダブルウィッシュボーン
エンジン メルセデス・ベンツ FO110M V10 (72度) NA
トランスミッション マクラーレン 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 モービル
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム ウエスト マクラーレン メルセデス
ドライバー 5. デビッド・クルサード
6. キミ・ライコネン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
0 0 0 0
テンプレートを表示

マクラーレンMP4-18 (McLaren MP4/18) はマクラーレン2003年のF1世界選手権に向けて開発したフォーミュラ1カーテクニカル・ディレクターエイドリアン・ニューウェイ、デザイナーはマイク・コフラン。実戦には1度も投入されなかった。

概要[編集]

革新的な細長いノーズをはじめ、随所に新機軸を導入したマシンである。前年にアロウズから移籍してきたコフランの思想が、色濃く反映されている。フロントサスペンションにはツインキールを採用し、その効果を最大限に得るために気流の妨げとなるノーズを極限までコンパクト化している。またメルセデス・ベンツエンジン排気は下方排気とされ、リアの低重心化に貢献した。

シーズン[編集]

当初からの開発の遅れから2003年シーズンの序盤を昨年のマシンの改良形であるMP4-17Dで戦い、MP4-18はシーズン中盤より実戦投入するものとされた。

2003年5月21日にポール・リカール・サーキットにてアレクサンダー・ヴルツによってトラブルなくシェイクダウンされた[1]。その後のテストでは不具合が多発し、FIAの義務付けるクラッシュテストも通過することが出来なかった。これらの問題はついに解決を見ず、MP4-18の投入は断念された。

しかしながらMP4-18のコンセプトは開発を続けられ、2004年のマシンであるMP4-19に受け継がれた。

スペック[編集]

マクラーレン・MP4-19。このマシンはMP4-18を元に製作された

シャーシ[編集]

  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー AP
  • ブレーキディスク・パッド カーボンインダストリー
  • ホイール エンケイ
  • タイヤ ミシュラン
  • ダンパー ペンスキー・マクラーレン

エンジン[編集]

  • エンジン名 メルセデス FO110P
  • 気筒数・角度 V型10気筒・90度
  • 排気量 3,000cc
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 モービル

脚注[編集]