ダートトラックレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダートトラックレース: Dirt track racing)は、車両による競技の一形態として、未舗装の周回路(トラック)上で行われるレースである。

自動車[編集]

ダートトラックレースに使用されるオーバルトラック

自動車競技におけるダートトラックレースは、平坦な土のオーバルコースで行われる。アメリカでは第一次世界大戦以前から行われ、1920年代から1930年代にかけて広く普及した。アメリカ西部や北東部ではオープンホイール車両が主流で、南部ではストックカーが主流となっている。オープンホイール車両は競技専用として作られた車両が用いられる一方、ストックカーは専用として製作されたものの他、公道用の市販車を改造したものもあり、その改造の程度は様々である。

ダー トトラックレースはアメリカにおける自動車競技では唯一、最も普及した形式のレースである。アメリカ全土には多数の地方サーキットがあり、その数は 1500にも及ぶとも言われる。この競技はオーストラリアやカナダでも普及している。また、多くの車両はシーズン中はアスファルトの短距離サーキットでのレースも行っている。

オートバイ[編集]

スウェーデンスモーランド地方、ヴェステルヴィークでのスピードウェイレース

オートバイ競技においてはヨーロッパやアメリカの草レースから発展した競技であり、現在はコースや車両により形態の異なる数種類のレースが開催されている。それらを総称してトラックレーシングen:Track racing)と呼ぶこともあるが、個々の形態については各項目を参照のこと。

基本的には土(ダート)や灰が平坦に敷き詰められたトラックを使用しているが、競技によっては牧草地や雪上または氷上で行われるものある。

トラックは半円と直線2本で形成されるオーバルタイプで、左回り(反時計回り)に周回する。コーナーにバンク(傾斜)があるコースとないコースとがある。なおコースの距離は統一されておらずサーキット場により異なり、スピードウェイやフラットトラックは、屋内施設にコースを設置して開催することもある。

半円のコーナー区間では走行速度を保ちながら旋回するため、後輪を意図的に横滑り(ドリフト)させる走法が常用される。ライダーは鉄製のスリッパーを左足に装着して、左足を地面に擦りながら車体をコントロールする。舗装路で行われるロードレースにおいてもスライドコントロール技術が応用できるため、ダートトラックからの転向者が成功を収めており、ロードレース世界選手権 (WGP) では1980年代以降、ケニー・ロバーツらアメリカのフラットトラック出身ライダーが一時代を築いた。

競技車両はレース形態によって異なり、昔からヤワなどのメーカーが専用の車体が製作しているスピードウェイ向けのものと、もう一つはホンダ・FTホンダ・FTRなどのフラットトラック向けに開発されたものとに分かれる。さらに現在はレースによってはオフロード車を改造した車両も用いられている。なおフラットトラックにおいてはレース専用のタイヤが製品化されていて、左方向への周回に適したブロックパターンのものが使用される場合もある[1]。なお原則としてフロントブレーキを装着することが禁止されている[2]

世界選手権も各形態ごとに開催されており、スピードウェイではスピードウェイ・グランプリやワールドカップなどが、フラットトラックでは国際モーターサイクリズム連盟(FIM)や全米モーターサイクル協会(AMA)などが主催するレースが行われている。

日本での歴史[編集]

1902年明治35年)、日本に初めてアメリカからエンジン付自転車が輸入され、その後、1903年(明治36年)にもアメリカから、1907年(明治40年)にはイギリスから輸入されるようになり、欧米製のエンジン付自転車が日本でも見られるようになった。1908年(明治41年)には日本製の2ストロークエンジンが誕生し、エンジン付自転車が生まれた。1909年(明治42年)には日本製の4ストロークエンジンが製造され、自転車のフレームを強化した車体にエンジンを搭載して市販された[3]

1910年(明治43年)、東京上野公園勧業博覧会が開かれた際に、不忍池を周回するダートコース(1周500 - 800m)でオートバイによるレースが行われた。第1回マン島TTレース1907年)が行われた3年後である。上野では、1903年(明治36年)頃には既にエンジン付自転車によるダートトラックレース形態のことが行われていたようである[4]。その後も多摩川スピードウェイなどで盛んにレースが行なわれていたが、戦後は舗装路によるレースが定着していったことから次第に衰退していくことになる。

初期のオートレースではダートトラックでレースが行われることが大半であり、このため現在使用されている競走車もダートトラックレーサーの構造を受け継いでいる。しかし転倒が多く死傷事故も稀ではなかったことから、1968年昭和43年)までに全てのオートレース場が舗装路となった。

1997年に開設されたツインリンクもてぎにはダートトラック(フラットトラック)のレースコースが設置され、クラス別に分かれてレースが行われていたが、2012年5月にダートトラックの営業が終了したためレースも2011年度をもって終了となった。

2014年9月現在、走行可能なダートトラックのコースはオフロードヴィレッジ(埼玉県川越市)、群馬モーターパーク(群馬県高崎市)、オートパーククワ(長野県上伊那郡中川村。レンタルバイクは予約制)、いなべモータースポーツランド(三重県いなべ市)、テージャスランチ(広島県安芸高田市)。

全日本選手権チャンピオン[編集]

オープン 250cc
2001年 衛藤金治 衛藤金治
2002年 谷口久輝 衛藤金治
2003年 衛藤金治 ケビン・アサートン

自転車[編集]

自転車競技における類似した競技種目として、屋外の整地したダートにショートトラックを設置して行う、サイクルスピードウェイがある。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DUNLOP:RIDERS NAVI”. 住友ゴム工業株式会社. 2011年7月29日閲覧。 “左旋回の多いダートトラック競技でのスライドコントロール性を考慮した、独自の非対称パターンを採用。”
  2. ^ 2011もてぎダートトラックレース特別規則書 (pdf)”. ツインリンクもてぎ. 2011年7月29日閲覧。
  3. ^ 『百年のマン島』(p179 - p182)より
  4. ^ 『百年のマン島』(p187)より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]